赤い電車は臼い線

odoriba96.exblog.jp
ブログトップ
2015年 04月 25日

嗚呼、「夢空間」(フラグ)

c0360684_2240465.jpg

・1991(平3)年4月21日 鶯谷にて

申し訳ないが・・・つい昨日の事のように思い出します、この頃を・・・。
やっぱ90年代がベルエポックだったんだね・・・ウチの実車趣味の。
そして0年代になってそれまで冷やかし程度であった鉄道模型に傾注するようになった、と。

画像はEF81 89牽引の「北斗星82号」9010レ。
「夢空間」連結ながら「夢空間北斗星」や「北斗星トマムスキー」の類ではなく、単純に「北斗星」の臨時扱いの列車名であるのに注意。ヘッドマークもシンプルな「北斗星」のままです。先頭に立つ89号機は1999(平11)年より「カシオペア」の専用塗色機となりましたが、2008(平20)年に故障で再起不能となり廃車となっています。
c0360684_22463040.jpg

・1991(平3)年2月頃? 大船~戸塚間にて

PF牽引の「夢空間」with24系は「北斗星トマムスキー」の回送でしょうか。撮影場所は画像の通りバックに東海道貨物線~根岸線を結ぶ高架短絡線からして、大船を北上して根岸線と東海道線がY字に分岐するポイント。もっと言うと飯島跨線橋の傍ですが、当時ウチは本郷台の在でしたから界隈は自転車での行動範囲であり、幾度通ったか想像も尽きません。ウチが30年前に205系量産先行車の甲種輸送と試運転を目撃したという述懐の舞台はまさにこの界隈です。

画像手前には農耕地が拡がっていますが、現在此処は宅地開発がなされてしまい昔日の面影は微塵も無くなり、撮影には全く適合し得なくなりました。撮影の対象となり得るアイテムも20数年前のこの当時からすれば激減どころか死滅に等しいものですが、シンクロするように撮影場所の制約が伴うのも皮肉な限りです。
[PR]

by odoriba96 | 2015-04-25 22:58 | 記憶のレール(国鉄・JR) | Comments(3)
Commented by chikatetu-kanji at 2015-04-25 23:33
My糞エースの夢空間を購入するんですね。
わかります。
Commented by クロ at 2015-04-26 18:47 x
金属キットを組むのですか?wktk
Commented by odoriba96 at 2015-04-26 21:34
>八王子さま、YMSさま
どちらもハズレです ブッブー

蕨製は3回生産されていますが、蕨製なので色々アレです(何
金属キットって、サードパーティで出していたのでしょうか。いずれにしても2015年の今日では入手が難しい気もします。

蕨製の発売初回は2003年4月、当時は富製なぞ想像だに出来ませんでしたからセンセーショナルとなり即枯渇。ゆえに翌年2004年4月に再生産されますが、その後は2007年4月まで再生産時期が開きます。富製がその年の12月に新発売となっていますから、発売予告に慌てふためいたのかリークがあったのか、定かではありませんがそんな事になっています(何

結果として富製が2007年12月の世に出るも、蕨製が行き渡っていたせいか、はたまた翌年2008年に実車が引退してしまったせいか大したセールスとならなかったのか、田無で夢空間車だけの切り売りとか、大分叩き売られていた印象があります。それ故にか再生産が今日まで無く、今更ながら入手し難くなっているのは本当に皮肉です。

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 鉄道模型で楽しむ寝台列車のお葬...      鉄道模型で楽しむ寝台列車のお葬... >>