赤い電車は臼い線

odoriba96.exblog.jp
ブログトップ
2015年 08月 28日

としのさデュエット~GM・211系5000番台入線!

c0360684_1710287.jpg

表題の通り、画像のブツを仕入れました。
GMのお高い完成品シリーズの一つ、211系5000番台(菱形パンタ・東海道本線)3両増結です。カトーのような自社工場を有さないGMですから、ある程度値が張るのは止むを得ないと感じなくもありません。しかしこの品番4481、トレーラーの3両セットでありながら定価¥12700(外税)とは付けも付けたり!前尾照灯点灯とはいえ、インフレまっしぐらの鉄コレがまだ可愛く思えますw
c0360684_17142963.jpg

額面上のみならず、感覚的に「高い」とさせる理由もあります。それは画像の通り・・・なんと床下機器がエコノミーキットのまんまなんですね。挙句にゴム系で軽く留めてあるだけですから捻れば簡単に外れますw 床下機器取付部の凹みが完成品床板は浅いので、台座の厚いエコノミーキットの床下機器を無加工でそこにあてがうと、台座の厚み分がチラ見し下方向に間延びしてしまい、不恰好さ迫力満点!こんなんでも¥12700(外税)なんです(驚愕

そんなわけでウチは313系に相伴させる211系5000番台が欲しくともナカナカ手を出せず・・・。なので釣り糸を垂らして値ごろ感のある中古の出物を待っていたわけです。今回のブツがそれですが、まあ値ごろ言うても¥8kしましたから安いのかどうか微妙なところです(汗
c0360684_17204659.jpg

前述の通り床下機器はエコノミーキットの流用品ですから、機器配置も漏れなく3両全車デタラメです(大爆 特にクモハは抵抗器ズラーですから、211系はいつから抵抗制御になったのかと困惑必至!そんなわけ?で早速床下機器を手許のストックから切り刻み、それっぽく再配置します。但し厳密性はありませんが、床下機器の台座は厚みを半分にカットして見栄えを向上させます。その作業は機器ほぼ全てに及びますから、見た目以上に相当手間のかかるメニューです。
c0360684_17234464.jpg

無論、台車枠も床下機器に合わせて塗装します。途中経過画像は夢中になっていたので一切無し。スッ飛ばして塗装作業中の画です。色は迷いましたが軍艦色①に落ち着きました。明るすぎず暗すぎず程良かったと感じます。
c0360684_1725416.jpg

併せて、カトー313系と連結させるべく簡単な作業を行います。画像のカプラーアダプターはGM単品パーツでも流通していますが、要はTNマウントのポケットにカトカプ密連を仕込むというもの。
c0360684_17262653.jpg

その推奨カプラーはクモハ383のものですが、これは最近リリースされた313系1700番台のASSYとして久々に市場に流通し始めました。巷間のweb上ではクモハ383のカプラーを用いずともカプラーアダプター活用できる例もあるようで、ウチ的にはそれを考えていたところ、211系5000番台入手とクモハ383カプラーの在庫復活がシンクロしてしまっただけなのですw
c0360684_17291094.jpg

作業言うほどでもありませんが、画はカプラーアダプターにクモハ383用カプラーを装着したもの。黒色のポケットを前後させる事によりカプラーを固定/解放させるギミックも生きています。蛇足ながらこのカプラーアダプターのスカート部は流し込みで接着してあるだけなので、これをカットすればTN台座wituカトカプ密連として他形式にも応用できると思います。
c0360684_17313796.jpg

床下機器の配置は前述の通り厳密ではありません。しかし製品状態のままよりは幾らかマシになったと感じます(当社比)。
c0360684_173383.jpg

ステッカーはクモハに「熱海」、クハに「浜松」を貼付。ウチが18きっぷで日本中を駆け回っていた頃のメガロポリスの印象が蘇ります。側面は海側は「浜松」、山側は「熱海」としました。それにしても前面幕の凹みが極端に浅いお陰でステッカーを貼付すると(ry まあここは目を瞑るしかありません。
c0360684_17342194.jpg

床下機器再配置後の印象・・・クモハです。抵抗器ズラーから一転し、ブレーキ抵抗器が申し訳程度に吊るされた雰囲気になりました。(減流抵抗器は本体抵抗器とのサイズが合わず割愛)。
c0360684_17364644.jpg

サハとクハ・・・まあこんな感じかなという程度です。モハも製品状態ではMGが吊るしてあったりと目茶目茶でしたw
c0360684_17403849.jpg

一通り作業完了したので、早速313系2500番台と連結・・・よさげです!313系2500番台のトラクションタイヤ装備はこのためでした(→しかし結果的にゴムを外す事に復原するというオチ)。
c0360684_17423210.jpg

313系2500番台は3両セットながら6両ブックケース入りという有難い?仕様なので、遠慮なく残り3両の枠を活かして211系5000番台をブチ込みますw
c0360684_17432764.jpg

うーん、ナカナカ・・・。
これで熱海~浜松間の18キッパーロングシート地獄が再現できます(爆
[PR]

by odoriba96 | 2015-08-28 17:48 | 9ミリ(国鉄・JR) | Comments(2)
Commented by クロ at 2015-08-29 09:01 x
これは素晴らしいキッパー泣かせ。
それにしてもGM完成品の211系の床下がここまでスカタンな仕様だとは思いませんでした。
Commented by odoriba96 at 2015-08-29 15:00
>やましんさま
GMの2111系5000番台は以前に黄色い箱のクロポブランドで塗装済キットをリリースした事がありました。そのほうがよほど親切とウチ的には感じますが、とりあえず完成品でないと売れないんでしょうね。

>キッパー
本当の地獄は313系投入前のオール211系編成トイレ無しですw


名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< よみがえるモトトレイン~ほか      ゆめみるコンサート >>