赤い電車は臼い線

odoriba96.exblog.jp
ブログトップ
2016年 08月 04日

関西国電事情2016夏(1日目その4・夕暮れ、阪和線)

c0360684_1444596.jpg

関西国電事情2016夏(決断編)
関西国電事情2016夏(予告編)
関西国電事情2016夏(1日目その1・ようこそ、炎暑の大阪へ)
関西国電事情2016夏(1日目その2・ノープランであるということ、その結末は)
関西国電事情2016夏(1日目その3・おおさか東線でMT55に呼ばれて)

おおさか東線における103系乗車を満喫し、天王寺方向へと戻ります。
既にチェックイン時間(16:00~)を迎えたので、チェックインのうえ入浴と着替えを成すべく新今宮の宿泊先に一旦帰投。サッパリして小休止ののち再び天王寺へ。何かアテがあったわけでもないのですが、果たしてホームに降りると・・・



c0360684_14442290.jpg

何かイル━━━!!


c0360684_1447301.jpg

そう、これが「大阪パワーループ」いう103系のフルラッピング編成です(妻面は除く)。車体のみならず窓にもベタベタなので相当なインパクトがあります。そして字幕を見て気が付いた「区間快速 大阪環状線」!!これは奈良発の快速447Y列車で、近モリ103系/201系による遠征運用なのです。今日がコイツという事は、明日はオレンジが来るか?と内心安堵しました。明日は大和路線沿線でこの運用を撮る予定なのですが、出来ればオレンジ単色のほうが良かったのです。
c0360684_14571582.jpg

この遠征運用は朝に天王寺→大阪(内)→天王寺→奈良、夕刻に奈良→天王寺→大阪(外)→天王寺、天王寺→大阪(内)→天王寺→加茂、加茂→天王寺→大阪→京橋 というコース取りで、web上でも簡単に時刻が出てくると思います。
c0360684_14595070.jpg

「大阪パワーループ」に乗車して追っかける手もありますが、一度撮ってしまえばこの手の車両は満足なので深追いする気にもならず、本能的?に阪和線ホームへと上がります。とりあえず直ぐに発車する205系に乗車し、隣の美章園で下車、天王寺方のカーブが雰囲気がよさそうです。
c0360684_1571922.jpg

しかし良さげなポイントには穴があるもので、此処は此処で足場が狭い!ホーム端面はフェンスでガードされ、デジイチならば長玉で黄色い線の外側ギリギリか、和歌山方にバックして構えないとダメそうです。でもウチには問題とはなりませんでした。なぜ?それはウチの糞コンデジはレンズがちっこいので、フェンスの穴をクリアできるわけ!なので黄色い線にも干渉せずホーム端面のフェンス越しで「ご安全」に撮影できたのです。
c0360684_1573530.jpg

天王寺行の205系0番台(クハ-38ほか)が姿を見せましたが、前面のカラー帯と乗務員室小扉下部に注意、オレンジの二条の帯が巻かれています。何かの識別用と見ましたが、恐らく6両であることの意でしょうか(実際の理由は不明です)。
c0360684_1595172.jpg

撮影順序が前後しますが、こちらは223系の手羽先付きで、関空/紀州路快速の大阪環状線行です。前照灯が丸目玉で、丸味を帯びた前面と相まってややグロい感じがあります。
c0360684_15114480.jpg

これも同じ形です。
後部4両は225系5000番台?線内快速日根野行です。
c0360684_15143138.jpg

麗しい青22号の103系も姿を見せました。
クハ-800ほか6両の熊取行で、これに乗車して更に南下します。
c0360684_15153723.jpg

40N施工車は扇風機が固定化改造されていて首を振りません。
事実上?のファンデリア状態です。
c0360684_1517320.jpg

鶴ヶ丘で下車します。下りの関空/紀州路快速、関空/和歌山行の223系を迎撃。こちらは前照灯が四角い4灯のようで、外見的な安定感があります。
c0360684_1519453.jpg

乗車してきた熊取行の天王寺方はクハ-261で低運転台でした。翌日というか翌々日も実感したのですが、確実に103系、それも低運を目にする機会は2年前のそれより減ったと思います。撮影者も当然それに比例して増えています。その記録に勤しむに早すぎる事は決して無いでしょう。
c0360684_15233176.jpg

反対側のホームには、天王寺方クハ-837、和歌山方クハ-846の6両が通過列車を待避し、ホームを離れて行きます。
c0360684_15262646.jpg

鉄道車両のデザインは時代時代の流行廃りが反映されている面があり、画像のオーシャンもそんな一つかと思います。好き嫌いは兎も角、遊びゴコロがありますよね。くろしお系統の最新型はそんな遊びゴコロも無くなった、実に「余裕の無い」ものだと思う・・・時代ですね。
c0360684_15284071.jpg

鶴ヶ丘の駅はスタジアムが近いのか、駅構内がこんな事になっています。
c0360684_15295262.jpg

もちろん下車しますw
c0360684_15305795.jpg

線内快速の天王寺行が、最新鋭の225系5100番台先頭で姿を見せました!
227系譲りのフェイスは同じ225系ながら5000番台とは一転してスマートな感じを醸します。トミックスでは225系5000番台も製品化していますし、227系も製品化していますので、何となくこの225系5100番台もゆくゆくは製品化されそうですが・・・根拠はありません。むしろ単なる希望ですw
c0360684_15325273.jpg

そろそろ引き上げようかという頃合いに、折良く225系5100番台の各駅停車がやってきました。
c0360684_1551563.jpg

オール転換クロスの各駅停車というのも首都圏の日常からはかけ離れていますが、そもそもの輸送量も違うのでしょう。しかし関西の電車のそれは、例えばJR神戸線やJR京都線の321系あたりのロングシート車でも、シートの柔らかさとかサイズ感が別物なんですよね。3日目の帰路に横浜から戸塚まで乗車したE231の貧相なセミクロスシートで一気に現実に引き戻され、ハンパ無くガッカリした事をウチは絶対に忘れませんw

2日目その1に続く)
/
/
[PR]

by odoriba96 | 2016-08-04 15:56 | お出かけとかオフ会とか | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 関西国電事情2016夏(2日目...      関西国電事情2016夏(1日目... >>