2017年 03月 22日

最近のあることないこと(おもにGM東武6050/2個パン)

c0360684_2052511.jpg

先日ですが、富のコキ106グレーを2両入手。
c0360684_2055555.jpg

富のコキ編成は22両と中途半端だったので、ケースの穴埋めをした次第。コンテナ自体もあぶれていたので・・・。
c0360684_2072266.jpg

先日の日曜だったか。発車番線がミソね。大井町での人身により、客線上り(UT東行)が戸塚~品川間を須線経由としたのです。途中停車駅は横浜・武蔵小杉でSSの高崎系統と同じ。
c0360684_20101281.jpg

過日に入手した「いまさらGMキット」の東武6050。歴代の9ミリにおける東武6050系モデルで最も「似ていない」とされる逸品× 一品〇です。8年前の2009年に同じキットで野岩60100登場時タイプを仕立てていますが、もう組み立てのポイントとかレシピなんかとっくに忘れました(爆

今回は4両ともトレーラーとし、うち1組は2個パンとします。動力車は野岩60100タイプを充てますが、となると前頭部のカプラーを6両とも揃えねばならないわけで・・・。実車が密自連から電磁密連にチェンジしたのが1996~97年の間、そして2個パンの誕生が2001年頃。となると連結器は富でいうJC25あたりに揃えねばならず、野岩60100の「登場時」というアイデンティティは崩れる事になります。尤も、連結器が何であれ野岩60100登場時と2個パンが連結する時点で(ry
c0360684_2019196.jpg

取りあえず御託もそこそこに、ペアハンの2個パン用の洋白製配管パーツをペッタンコします。部分的にゴム系を点付けし、位置決めのうえ瞬着を並列配管の内側や、外側から目立たない範囲に流し込みます。増設パンタはパンタ中心とランボード中心が揃わないのがミソです。
c0360684_2026122.jpg

増設パンタ側屋上の主電動機冷却風取入口は、配管パーツと位置が揃わないので孔埋めのうえ再開孔しています(画像赤枠内)。
c0360684_20304744.jpg

床下機器はキット附属のものはデタラメですが、並べ変えてもデタラメです(爆
とりあえず、キット附属の床下機器パーツは1個も使わなかったというのがミソです(何


/
/
[PR]

by odoriba96 | 2017-03-22 20:32 | 9ミリ(民鉄その他) | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 鉄道車両の安全はどのようにして...      北総(住都公団)9000形が遂に! >>