赤い電車は臼い線

odoriba96.exblog.jp
ブログトップ
2017年 08月 08日

夏が終わった

タイトルに深い意味は・・・あります。
まあ正確には 「終わらせた」 というか・・・一部の方は事情を知っているのでそのうち明らかにする機会があると思います。

そんなわけ?で、個別に記事化するまでもない小ネタでも・・・。
c0360684_13155029.jpg

・最近のアメリカ型

結論から言うと増備は先月で一旦ストップしていますが、E851ベースの「モドキ」を除いて現在16両が揃っています(内訳:GG-1×1、ACS-64×1、アムフリートphⅠ×6、アムフリートphⅣb×4、ヘリテージバゲッジガーphⅠ×2、ヘリテージバゲッジカーphⅣb×1、ビジネスカーphⅠ×1)。しかし、弊糞ブログにおけるアメリカ型の需要は極めて限定的と思われるので、個別記事をほぼ展開していません。わかりきった事とはいえ、走行機会が無いのも困りものですが・・・。
c0360684_13235897.jpg

・駅弁

先日、ある筋からの調査以来を兼ねて東京駅構内の駅弁屋を偵察してみたところ・・・ありました。「利休」監修の牛たん弁当とのことですが、額面が¥2kオーバーで値ごろ感が怪しいです。(値上げ前)の崎陽軒の横浜炒飯が¥500台であった事を別としても、¥2k台というのは駅弁としては決して安い部類ではなく、どちらかというと高いほうに当たると思います。
c0360684_1326287.jpg

それもそのはずというかこの駅弁、容器自体が使い捨てのものではなく、俗にいうランチボックスであり中身がカラになっても平時のお弁当箱として使えるものなのです。要は、額面の半分近くが容器代なんじゃないかって事w パパが中身を食べて容器は子供さんに・・・という図式を想定しているのか?謎が深まるも第二弾は「あさま」との事であり、中身が「おぎのや」監修というのも珍しいですがウチは求めるつもりはありません(汗
c0360684_13302872.jpg

・西工縦列

富士重工のバス製造中止により、それまでの富士ボディ架装車が西工ボディ架装にスライドするも、その西工もバス製造を止めてしまい減る一方の西工ボディ、地元神奈中の 「と」 記号である戸塚営業所にも2008年式のノンステ大型車(10台)とワンステ中型車が活躍中ですが、これが先日戸塚駅のホームからたまたま「縦列」になったので記録した次第。手前のノンステ大型が「と10」で後ろのワンステ中型が「と52」です。

平時のマイアミ往還でももとより神奈中バスを目にする機会は限定的(踊場駅前での一瞬か、今回の如き戸塚駅のホーム上から)ですから、ただでさえ多数派ではない西工ボディを目にする事は殆どありません。その彼らの年式は前述の通り2008年式ですから、来年に10年目を迎えるあたりから去就が注目されて行くのでしょうか。
c0360684_1337215.jpg

・靴の孔

平時の通勤時に用いている靴、恐らく合皮かと思うのですが、これが先日シワの部分に孔が開いてしまい、事実上使用中止とせざるをえませんでした。この靴、ケチのつけどころは他にもあって、先端をひっかけたウチに過失はあるものの、その部分からのソールの剥がれが酷くなり(接着痕があった記憶が無いですが・・・)、ミスター◎ニットあたりに持ち込んでの修繕代もバカにならないので、ウチ自身でゴム系接着剤を用い修繕し何とか供用に耐えさせていた次第。しかし、さすがに孔はどうしようもないです。

デジカメのメモリーをヒントにこの靴の購入時期を追跡したところ、案の定 「今年」 の3月9日・・・半年ともちませんでした(爆 それもA◎Cで¥6kぐらいしましたが、やはり4ケタですと安物なんですかね。なのでこれの代替靴は、開き直って何と密林で送料・代引き手数料込で¥2.5kというものを求めました(無論プライスダウン品ですが)。果たして安物は真に銭を喪うだけなのか?どれぐらいの期間もつのか、興味津々です。

/
/
[PR]

by odoriba96 | 2017-08-08 13:46 | ある日の出来事 | Comments(2)
Commented by まさ at 2017-08-10 01:04 x
>10年目を迎えるあたりから去就が注目されて行くのでしょうか。

こちらでは、化粧直しをした元神奈中バスが元気に走っておりまする。
前面左の「後払い」字幕は、中古市場を経ても健在です。
昨年はFHIボディでしたがあと少しすると、西工ボディが来るのかな?
Commented by odoriba96 at 2017-08-10 22:10
>まささん
神奈中の中古は数十年前から全国的に重宝されてきましたが、近年ではかつてなかった筈の四国エリア(コトデンバス)等への譲渡例もあり、その勢力はますます拡大しているように思えます。今やニューエアロスターも・・・ですから、西工ボディもおっしゃるように放出される機会が来るかも知れません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< たのしいお盆休みの幕開けは!!      青22号の103系、阪和線より... >>