赤い電車は臼い線

odoriba96.exblog.jp
ブログトップ
2017年 12月 15日

マイアミの月下に煌めく十字架は

タイトルばかりが大仰なのはいつもの仕様、更新頻度の著しい低下で生存確認すらもはや危うい感があります。そんなわけで最近のあることないことです。

先ずは先日退勤時にマイアミ駅(通称:舞浜駅)方向へと走り去るベイシティバスの旧塗色(オリエンタルランド交通塗色)が続行2台!しかしこれは1001~1003号車が存在し、あまつさえ私自身2台並びを撮影していますから、決して不思議な事ではありません。しかし1台の寸法がオカシイ!もちろんそれに気付かないであろうはずもなく!
c0360684_10365653.jpg
そして後を追って達したマイアミ駅(通称:舞浜駅)に居た旧塗色はなんとナロー車(中型車)!まさかの旧塗色ナロー車の新車が入線していたのです。
c0360684_10381121.jpg
間違いなくナロー車ですね。車番は1014号車で、先の1001~1003からは飛んでいますが、1004~は標準色で納車されているからです。
c0360684_10404815.jpg
ところ変わっていつぞやの有楽町駅構内。赤レンガアーチの下にキオスク・・・なかなか良さげです。
c0360684_10420974.jpg
SuperlinerⅠの帯の印刷ズレは既報の通りで、これを総本山に持ち込んでから10日ほどで戻ってきました。年内はどうかと踏んでいましたが迅速に対応いただけたようです。
c0360684_10461611.jpg
ボディ交換で無事良品となったようです。あとはいつかどこかで走行ささせたいですが・・・年明けの運転会では建築限界を超過する恐れがあるので、外国型は持ち込みません。

さて、年内お約束の弊職場のルーティーンですが、10年前云々に比べれば穏やかそのもので、年末感は実のところろ無く、私にとっての十字架はもっと別のところにあったのかも知れません。思えば平成20年代が終わろうとしています。平成20年に実父が逝去、平成25年に友人が逝去、平成26年に実母が逝去、そしてこの間の平成23年に東日本大震災があり、私にとっては激動意外のなにものでもない平成20年代でした。

そして漸く、漸く、この歳になって、自分自身について向き合えるようになってきました。しかしその想いが強過ぎて、辛くみじめな時間を過ごしてきたのもまた事実です。病みながら泣きながら哲学者になる・・・果たしてなれたのでしょうか。しかしなり得ようとしてきた事は確かでしょう。どうか、かかる答えが未来に出せますよう。

/
/


[PR]

# by odoriba96 | 2017-12-15 11:02 | ある日の出来事 | Comments(0)
2017年 12月 05日

今年最後の総本山参詣

表題の通り、10月以来となる新宿区西落合の総本山参詣に出向いてきました。その主たる用件は先日の記事の通り、SuperlinerⅠ PhaseⅣbの帯印刷ズレについて対応してもらうためです。今年三度目にして恐らく最後となるであろう総本山参詣ですが、前回、前々回が池袋からのバス往復であったのに対し、今回は大江戸線でのアプローチとしたことです。
c0360684_20193916.jpg
何が何だって、新宿駅は私の苦手なターミナルの一つ。天井の低い地下通路、溢れる人並み、不規則な動線、判り辛い乗り換え案内等々と私的な印象で良いものはありません。そんなわけで今回も「大江戸線」の乗り換え案内に誘導されたらこんなところに出るしw 甲州街道か?
c0360684_20195050.jpg
甲州街道上にはバスが連なっています。この手のバスは第二の地元と言っても過言ではないマイアミ(Miami=通称:舞浜)界隈で連日掃いて捨てるほど目にしているので有難味も物珍しさも無いですが、そういえばこの近所にバスタ新宿なるBTがオープンしているはずです。
c0360684_20215601.jpg
手前の小諸・高峰高原行のバスには「リゾートビューふるさと」のラッピングが・・・。
c0360684_20224939.jpg
振り返ればそこがバスタ新宿でしたw 以前、私が新宿界隈から高速バスに乗車した際は、陸橋傍らの手狭なターミナルでした。それ以後の代々木側の仮設ターミナルは利用した事があったかどうか・・・覚えていません。
c0360684_20270943.jpg
それは兎も角、避けていた大江戸線アクセスとしたのは沈みきっていた気持ちが少しではありますが上向いてきたからです。そうして辿り着いた落合南長崎駅からの参道の先には・・・見えてきました、総本山ことホビーセンターカトー東京です。

メインの用件であるSuperlinerⅠ FaseⅣbの帯印刷ズレですが、数日前の電話連絡時に修理窓口で受ける旨案内されていたので2階へ・・・。初期不良なので、web通販における納品書を添えて依頼、ボディ交換のうえ後日自宅へ送ってもらう事となりました。なるべく早く(交換を)済ませると言ってくれたので、年内に戻ってくるかどうかでしょうね。
c0360684_20382500.jpg
その後はお約束の目からうろこ× 口からよだれ〇 的な販売コーナーの見学です(店内撮影OKの旨明示されています)。アメリカ型Nのコーナーですが、前回参詣時から1ヶ月程度しかスパンが無いのに、陳列がかなり入れ替わっていました。画像のPhaseⅢあたりのグループは通路を挟んだ反対側のウインドウに収まっていたはずです。
c0360684_20412714.jpg
この1ヶ月の間、そういえばミルウォーキー鉄道のオリンピアン・ハイアワッサや件のSuperlinerⅠがリリースされていますから、整理も兼ねて入れ替えられたのでしょう。
c0360684_20430976.jpg
画像最下段に並ぶキューポラカブースも、以前は通路を挟んだウインドウの上段に陳列してありましたっけ。やむを得ない事ですが、F3あたりの機関車もBユニットだけが売れ残っていたりしてどうにもならない感じです。そういう点では「ろっ◎う」のような強制セット売りは店にとっても客にとっても悪くは無いのかもです。
c0360684_20463321.jpg
前回参詣時に入手したペンセンのCoachセット、在庫ではなく陳列の現品だったので私で遂に枯渇したかと思いきや、復活しています(爆 しかし、このセットだけではやはり物足りない感じですね。
c0360684_20483122.jpg
オリンピアン・ハイアワッサのスカイトップラウンジは相当のインパクトがあり、私的にはナウシカのオームを連想w カラーリングが暖色系×暖色系なので好みじゃないな・・・とか思いつつも、現物を見ると唸るというか欲しくなります(汗



そのオリンピアン・ハイアワッサのイメージビデオ?的な画像・・・凄いのが残っていますね。私的には山岳区間の電気機関車が気になりますが、アメリカの鉄道黄金時代の雰囲気がひしひしと伝わってきます。
c0360684_21064526.jpg
店内の1階レイアウトの路面区間に、牽引機のFP7+F7B+FP7とともに編成で陳列されています。客車自体は9連でそこそこですが、1両あたりの全長があるので結構長く感じます。これでも1/160なんですよね(日本型は基本1/150)。
c0360684_21135409.jpg
あまり長々と眺めていると物欲メーターの針が振り切れそうで、危険を感じたので2階の体験運転コーナーに逃げますw というか、前回参詣時に頂戴した25分の体験運転券をここで消費するわけです。25分ですからホントあっという間ですね。先ずはACS-64でAmfieetⅠ PhaseⅣを牽引。しかしここで、同席の方からの教示でACS-64のパンタが架線柱のビーム?に接触している事が判明・・・パンタを畳んでの走行となりましたorz
c0360684_21201805.jpg
牽引機をP42に差し替えます。さすがはP42というか、単にパンタが無いだけですが問題無く走行。
c0360684_21270332.jpg
次いで編成ごと差し替えて、E8牽引のペンセンCoachにスイッチ。走行方向が逆ですが、実はこれ先程までの向きですとカーブの緩い勾配でE8のスカート下部が接触するらしく、脱線してしまうのですorz
c0360684_21294598.jpg
その左カーブの緩い勾配を行く、隧道越しのE8ですが・・・ドッグノーズの1ツ目ライトが良い雰囲気です。
c0360684_21314713.jpg
今年最後の参詣に相応しく?満喫しましたが、物欲メーターを破壊した結果のお布施は、ジャンクコーナーに転がっていたカリフォルニア・ゼファーの何かよくわからない車両!(爆 見れば「SILVER CAFE」とカーネームがあるので、今年再生産分の食堂車(Diner)のようです。税込¥1kは躊躇不要な額面ですが、食堂車は沢山抱えてもしょうがないので、吟味して1両のみ入手。
c0360684_21361681.jpg
帰宅後開封・・・屋根全長に亘るアンテナがものものしいです。カリフォルニア・ゼファーは、当時3事業者が同一仕様で揃えた車両を混結していたそうで、この「SILVER CAFE」の所有はCB&Q(シカゴ・バーリントン&クインシー鉄道)となっています。それにしても、これのどのあたりが「ジャンク」なのか・・・判りませんでした。走らせてみるとボロが出るかもしれませんがw
c0360684_21582081.jpg
ペンセンCoachとNYC(ニューヨーク・セントラル鉄道)のビジネスカーに挟み込みました。動態保存編成という設定ですが、食堂車が入った事でいよいよそれっぽくなってきました。

今年は既報の通りの「大 厄」・・・思い返せば精神的にボロボロになった年でした。しかし悪い事ばかりでもなく、生活習慣というかハード面?では相当の進歩があったと思います。これをステップにして、来年は良い年にしたいという意気があります。

因みに、厄年なんて迷信滋味ていて関係無いよという向きもあるかと思いますが、弊職場の同僚にヒアリングしたところ、約2名の大厄の年の出来事がガクブルでした。要約すると1名は駅構内で転倒し骨折?その後痛風を発症、もう1名は早朝出勤後自宅アパートが全焼・・・厄払い祈祷は決して無意味ではないのかも知れません(汗

/
/




[PR]

# by odoriba96 | 2017-12-05 22:11 | 9ミリ(外国型) | Comments(2)
2017年 12月 03日

12月3日と・・・「 大 厄 」のグランドフィナーレ!

本日は、鉄道模型趣味を通じて得た友人の命日です。
あれから4年・・・僅か4年ですか。私の中ではもっと長い年月が経過したと感じていたのです。齢を重ねると、こうなるのでしょうか。彼がもし今日存命であったとするならば、まだ三十代なんですよね。若い、若すぎる。夭折だの早逝だので片付ける事は容易いが、それだけでは割り切れないのが彼を知る者の偽らざる心境です。

だがしかし、私はこうして日常を今も生きられる、生かされている。
だから特別な「ポージング」や「お遊び」に走らず、ありのままで今日を伝えたいと思います。
c0360684_21270048.jpg
昨日の記事の通り、入線したKATOのSuperlinerⅠ(FhaseⅣb)ですが、記事up後にしげしげと眺めていましたら・・・
c0360684_21291068.jpg
Bセットに2両込まれるCoachの様子がおかしいです・・・。
c0360684_21300197.jpg
えっ、まさか!?
c0360684_21322557.jpg
画像青枠内に注意!
上:♯34079、下:♯34049
c0360684_21332245.jpg
同じくの反対側面!
上:♯34079、下:♯34049
♯34049の下端赤帯が途中で途切れとるわああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!というか、1階の客扉に赤帯が掛かっているのもオカシイ!!

何がどうしてこうなったのか?さすがは名にしおう「 大 厄 」の面目躍如!この期に及んでこんなモノを引いてしまうとは!しかし、ここでエラーか否かをアメリカ型ではトーシロの私がジャッジするのは早計にも思え、本日は出勤日であるも、弊社勤務地であるマイアミ(通称:舞浜)から自由時間に新宿区西落合の総本山社務所へと電凸したのです(爆

電凸言うても、いたって平(へい)に・・・ですよ。現物は手許に無いものの、状態等を伝えた結果、中の人が在庫の品と照合した結果「不良品の可能性あり」という見解を得、総本山において直接対応いただけるとの事なので、なんと近日中に本年3度目の総本山参詣が果たされてしまいます(爆

しかし、私の知る限りでは模型車体への印刷工程で、このようになるのは考えにくい・・・というのはトーシロなのかもですが、これが俗に言う中華産ではなく国産なのですから色んな意味で複雑です。尤も、巷間のNewsの通り、国産であるからといって絶対的な信頼を保てる時代ではなくなってしまっているのですけどね・・・。

/
/

[PR]

# by odoriba96 | 2017-12-03 21:51 | 9ミリ(外国型) | Comments(0)
2017年 12月 02日

KATO Amtrak Superliner PhaseⅣb 入線!!

c0360684_17355546.jpg
昨日受け取ったばかりのKATO Superliner PhaseⅣb、いつ堪能できるか・・・で先延ばしにしていたらキリが無いので、いまのうちに纏めておきますw 此度のSuperlinerですが、私が求めたphaseⅣbのほかに今回はPhaseⅢも同時に再生産しています。実車についての詳細は他サイトを参照いただくとして、ざっくり言うとSuperlinerには2つのグループがあります。

1つは1979年~にプルマン・スタンダード社で製造されたSuperlinerⅠグループで、台車がアルストム式のMD-76であるのが外観上のポイント。もう1つは1993年~にボンバルディア社製で増備されたSuperlinerⅡグループで、台車がイコライザ式(吊合梁式)のGSI-G70台車であるのと、ハンディキャップを有す旅客に対応した客室を新製時から有しているのがポイントです。
c0360684_17460402.jpg
先ずは単品売りのTransition Sleeperから。この車両の役目は専らクルー(列車乗務員)のための寝台車でありますが、それに加えてBaggage Car(荷物車)等の1階建て車両とのウォークスルーを可能とした風変り?な造りとなっています。
c0360684_17511101.jpg
その連結妻、片方は見ての通り2階部に貫通路が構えていますが・・・
c0360684_17522615.jpg
もう片方はノーマルな位置に構えています。このTransition Sleeperは前述の通りクルーの寝台車ですが、混雑期や重複発券時などに旅客に割り当てられるケースもあるそうです。
c0360684_19580884.jpg
2階はRoomette状の寝室17区画で占められており、このようなレイアウトは他のSuperliner客車では見られないものです。1階にはトイレと休憩室?のような区画があり、そのクルー用という特殊な使途ながらもインテリアがしっかりと再現されています。
c0360684_17551633.jpg
このTransition SleeperはSuperlinerⅡにしか存在しないため、模型でも画像の通りイコライザ式台車のGSI-G70を履いています。ではSuperlinerⅡ登場前は1階建て車とのウォークスルーをどうしていたかというと、Amtrak発足以前の事業者(ATSF等)からの引き継ぎ車で同構造の車両を充当していたのです。
c0360684_18043066.jpg
SuperlainerⅠとSuperlinerⅡの台車の違いは前述の通りですが、やはりアルストム式からイコライザ式への「退化」というか「時代の逆行」はある種奇異ですよね。しかしweb上の断片的な情報によれば、良くない線路状態(「良くない」の基準が不明ですが)にあってはイコライザ式のほうが脱線しずらい(2階建てとなれば重心が高くなるので尚の事か)、またイコライザ式のほうが部品点数が少なくメンテナンスもしやすい・・・云々とあり、それが事実であれば極めて合理的な考え方であるなと、妙なところで感心してしまったのです。
c0360684_18120003.jpg
それではセット毎に布陣をチェックします。先ずはAセットで、内容はCoach Baggage、Coach、Sleeping Car、Dining Carの計4両です。
c0360684_18162356.jpg
Coach Baggageは1階が荷物室及びトイレで2階が座席車という日本的「ハニ」相当の車両。但し荷物室のプロセスが日本的なものとは異なり、乗客の駅預かり荷物、即ち携行品を収納するのが目的となっています。1階の窓が埋められているのと、荷物室用の扉がポイント。
c0360684_18211878.jpg
模型のインテリアも忠実で、1階へ降りる階段仕切りも再現されています。1階は当然のようにフラットで何も表現がありません。なお、これらSuperliner各車の車内平面図を紹介したがサイトが存在し、イメージを膨らませたいファンには参考になるかと思います→当該サイトはこちら・・・英文です
c0360684_18264748.jpg
Coachはオーソドックスな座席車です。Superlinerが運用される大陸横断列車は片道全行程2泊3日の長丁場に及ぶものですが、部分的な区間の乗客や、リーズナブルに乗車したいニーズもあるのでしょう。1階にはトイレの他に僅かばかりですが座席も備わっています。
c0360684_18300325.jpg
その僅かばかりの1階座席も再現される芸の細かさw 車種ごとにシートパーツを起こして共用しないコダワリが素敵ですが、その分価格にも反映されていると捉えて良いでしょう。
c0360684_18315555.jpg
パッと見Coachと大差無いですが、こちらはSleeping Car、そのまんまの意味の寝台車です。2泊3日の長丁場を全区間乗車するなら、大抵の観光客はSleeping Carを所望するかと思います。寝台料金はなんと食堂車での食事代込み(アルコールは除く)というものらしいですが、それゆえに割高(どれぐらい割高なのかはイマイチ判りませんがw)なのだとか。まあ食いっぱぐれるよりは・・・でしょうね。
c0360684_18362497.jpg
このSleeping Car、装備する客室は選べる?4つのタイプで、2階にはRoomette(大人1~2名用)10室、Bedroom(大人1~2名用、トイレ/シャワー付)5室、1階にはRoomette4室、Familybedroom(大人2名/子供2名用)1室、Accesiblebedroom(ハンディキャップを有す乗客対応、トイレ付)1室、そして共用のトイレ及びシャワールームを備えています。
c0360684_18440466.jpg
画像の1階左に見えるのがAccesiblebedroomで、これはSuperlinerⅡでは新製時から備わっているそうですが、このSuperlinerⅠに後天的に追設されたかどうかは確認できていません。しかし製品としての仕様がこうなのですから、恐らく存在する・・・という事なのでしょうか。
c0360684_18473265.jpg
Dining Car、食堂車です。2階の中央部の窓が無いので外観上判別しやすいですね。2階がテーブル席、1階がキッチンというのは日本でいうE26系や100系新幹線と同じですが、こちらはそれらと違い1階に通り抜け通路が無いのでフルでキッチンスペースが確保でき、調理人にとっては極めて理想的な環境となっています。
c0360684_18545878.jpg
2階中央部には1階キッチンとを結ぶリフトを含む簡単な作業場、その左右に計18テーブル(72席)のダイニングスペースが展開しています。
c0360684_18565759.jpg
続いてBセットです。Coach、Coach、Sleeping Car、Lounge Car、の計4両です。CoachとSleeping Carは先に触れたものと同じなので割愛します。
c0360684_18595379.jpg
屋根肩に居並ぶ天窓が目を惹くLouge Car。大陸横断列車の沿線に展開する雄大な景を満喫するのにうってつけの車両と言えましょう。
c0360684_19020569.jpg
2階には様々な角度が楽しめるチェアが並んでいますが、先程の平面図サイトでは半室がテーブル席となっています。要は2タイプ存在するのだそうです。1階には軽食や飲料類を販売するSnack Barことカフェコーナーとテーブル席、そしてお約束のトイレが備わります。
c0360684_19121837.jpg
最後に紹介するのは、今回再生産品でもなくSuperlinerグループでもないですが、大陸横断列車にチェックインした乗客の駅預かり荷物を収納するBaggage Car(荷物車)です。2015年頃まではHeritage Fleetと称される、Amtrak発足以前の各事業者から継承した旧形荷物車が運用されていたそうで、画像の車両がまさにそのグループなのですが、後継のViewlinerⅡグループの新製荷物車投入により、現在は一掃されてしまったようです。よって模型で再現できるのはその頃までの編成という事になります。



最後はお約束の動画リンクで・・・。先ずはタイトルから察するに「サウスウェスト・チーフ」(シカゴ~ロスアンゼルス)のカホン峠越えでしょうか。Superlinerは台車形状でⅠとⅡが混結されているのが判ります。



アイオワ州のOttumwa Stationにて、東行き(シカゴ行)と西行き(エメリービル行)の「カリフォルニア・ゼファー」がスライドするシーン・・・でしょうか。全区間の片道所要時間約50時間、タイミングによっては東行き/西行き計6本の「カリフォルニア・ゼファー」が本線上で走行している事になります。



これも撮影場所は同じくのOttumwa Stationですが、何があれかってP42のダブルヘッダーに続くACS-64電気機関車!!これはカリフォルニア州のサクラメントにシーメンス(Siemens)の工場があるため、新製されたACS-64はこのように「カリフォルニア・ゼファー」に連結され真反対の東海岸側に向けて回送されたのだそうです。模型的な再現の可能性は、P42はトラクションタイヤ無し(ゴム無し)に対しACS-64はトラクションタイヤ装備なので、両数次第では何とかなるかもといったところでしょう。



「模型のような」とはまさにこの事、コロラド州デンバーの西にあるという「Big Ten Curve」なる狩勝峠旧線も真っ青?な鉄道名所で、ここを通過する際に後部のほうが前方の機関車を入れて景色を堪能できるという事で、わざわざSleeping Carを他の大陸横断列車と異なる編成後部への連結に組み替えたほどです。該当は同じくの「カリフォルニア・ゼファー」。



鉄道模型のジオラマは、およそ「造り込み」が重要視される風潮があります。それは自然な事とは思いますが、他方、何もない真っ平原の線路を列車が駆け抜けてもいいじゃないか・・・そんなアンチテーゼ滋味た現実世界がユタ州にはあります。何でもかんでも昔と比較するのはジジ臭くて好かないのですが、本当にかくも手軽に、これまで知り得なかったような海の向こうの鉄道世界の動画を得る事ができる時代となった事は、空前の想いに尽きます。

これで憧れの大陸横断列車が・・・かと思いきや、P42のダブルヘッダーの相方がまだ居らず、年明けの1月にリリースされる新ロードナンバーまでの待ちです。私事ながら文字通りの「 大 厄 」で散々であった今年もあと僅か、来年は色んな意味で必ずや素晴らしい年にしたいという希望をもってして、2018年を迎えたいと思っています。

/
/

[PR]

# by odoriba96 | 2017-12-02 21:08 | 9ミリ(外国型) | Comments(0)
2017年 12月 01日

取り急ぎ・・・

c0360684_22244406.jpg
趣味検索より、予約していました品が着荷しました。これにて漸く大陸横断列車に馳せる想いが具現化されます。しかし悲しいかな、それを堪能できる暇(いとま)があるか否か?
c0360684_22265530.jpg
国産品(メイド・イン・サイタマ)であるにも関わらず、日本語表記の一切無いパッケージが輸出モデルである事をいやがうえにも顕わし、シビれますw

/
/

[PR]

# by odoriba96 | 2017-12-01 22:29 | 9ミリ(外国型) | Comments(0)
2017年 11月 24日

最近のあることないこと~毎年厄年でバルサンまみれ

前回記事から2週間以上、これほどまで更新スパンが開いた事は有史来ありません。前代未聞です。ではこの間に何も無かったのかといえばそんな事はなく、結局のところ何かしらの理由をつけて記事化しなかったのです。危険な兆候です。いや、もう事は無自覚なだけで相当深刻なのかも知れません。無駄に時間だけが過ぎて行き、開けない未来にどうして嘱望できましょう。
c0360684_18214746.jpg
愚痴も度を超えると呪詛でしかなくなりますので、程々にしておきます。最近の手許のアメリカ型事情、車両の増備は小出しに行われていますが、大きなものはありません。純然たるアメリカ型機関車は現在、画像左からGG-1、ACS-64、E8A、P42と計4両ですが、これに11月再生産予定のSuperlinerⅠ PhaseⅣb(趣味検索予約済)牽引用として、来年1月発売予定のP42 phaseVb ♯160(丼門で予約済)が加わる予定です(手持ちのP42とは単なるロードナンバー違い)。

更には客車ですが、来年2月再生産予定のAmfleetⅡ Coach phaseⅢもAセット×3、Bセット×1の計8両を趣味検索で予約済です。国内型よりは高くつきますが(有井は除く)、そのぶん嗜好対象の数をうんと絞っていますので・・・。こちらの牽引機は同時再生産のF40PH phaseⅢにも心揺れつつ、P42のファーストカラーであるphaseⅢ仕様も捨てがたく、牽引機の選定は後回しにしました。
c0360684_18383134.jpg
去り行く205系・・・言わずもがなの武蔵野線へのE231系入線です。この路線に純然たる新製車が納まったのは、俗にメルヘン顔と言われるかの205系グループのみであり、それ以前の101系、103系、201系、以後の205系(量産先行車etc)、209系500番台、そして此度のE231系とも全て他線区からのコンバートです。

E231系は武蔵野線初の自動放送車というのがソフト面での特徴ですが、ハード面ですとフロントマスクが209系500番台とは異なり銀色にコーティングされているのがポイント。他に細かいようですが乗務員室小扉(側面扉)にもラインカラーのテーピングが施されています(209系500番台には無い)。既に数度目撃していますが、記録出来ていません。尤も、いま記録すべきは205系なのかもですけど。
c0360684_18463388.jpg
私がこの地に勤めるようになってから、既に103系、201系、E331系が湾岸を去りました。205系も遂に終局へのカウントダウンを刻み始めたわけですが、その舞台たる湾岸こと京葉線における単独駅としては最大の乗降客数を誇る(2015年調べ)マイアミ・ステーション=Miami station(通称:舞浜駅)南口改札外のベデストリアンデッキ一帯が、改修工事で大変な事になっています。
c0360684_18520780.png
工期はお約束の年度内で・・・ですが、それより何よりマイアミ・ステーションの恒常的な利用客なら0.2秒で勘付くであろう重大な事実、そう、これより年末年始にかけての瘴気に満ちた時期にこそ、マイアミの地に展開する巨大テーマパーク(通称:某園)が最大限の活況を呈するのです。駅頭に溢れ返る某園目当ての旅客で阿鼻叫喚待った無しですが、しかしそこは御安心?ウワサではその時期だけは工事も何とかするそうです(謎
c0360684_18573042.jpg
先の10月のダイヤ修正で、これまでデータイムにしかなされていなかった常磐線中電の品川乗り入れが、朝夕ラッシュ時にまで拡大されたのは周知の通りです。メガロポリス沿線民からすれば殆ど影響が無いものですが、その中にあって地味に画像の通り、ちょっと驚かされる行先の列車が設定されました。上野東京ライン(東海道線)大船行です。

これを知ったのは出勤時の新橋停車中に耳に入ってきた反対側番線の自動アナウンスで、大船行なぞ聞き間違いであろうと耳を疑ったのですが、やってきたのは間違いなく大船行でした。これがSS(湘南新宿ライン)やスカ線であれば珍しくも何ともありませんが、病的な鉄ヲタなら周知の通り、東海道線の大船駅ホームでの折り返しが配線上不能である事を考えれば、何とも珍奇な行先設定です。

ではこの大船行は戸塚駅の3番線から先、どのようなコース取りとなるか?そのまま東海道線を走行、大船駅3/4番線に到着。旅客降車後、平塚ないし国府津まで回送となるのでしょうか。そうであればフツーに終着点まで客扱いすれば良いだけにも思えますが、かつて京急に99年頃まで存在した横浜行普通車は、その先の新町まで回送走行したという例があります(これは後続の快特が迫っているためのやむなき措置でしたが・・・)。

もう一つ、これが現実的かとは思いますが、戸塚駅の3番線発車後神戸方のクロスを亘り、スカ線へと転線する事ですね。これであれば何事もなかったかのように?大船で車両センターに入庫するか、或いはSSとして折り返すといった選択肢を得る事が出来ます。果たして事実は?その気になれば平日の公休日に確認できなくはないですが・・・。
c0360684_19133439.jpg
或る晴れた日の空、中空高く彼方の送電線に黒い物体が(画像赤枠)・・・。

c0360684_19142139.jpg
ヒトですね・・・。
c0360684_19144025.jpg
この手の傍目にリスキーなオペレーション、よく言われるのは「最後は慣れ」というものでしょう。しかし命綱のようなものに結ばれているとはいえ、どんな気持ちで作業に当たっているのでしょう。
c0360684_19122088.jpg
少し前、本当に少し前まで暑さが残っていたはずですが・・・今年もこの季節がやってきました。東の空に輝く陽光に照らされ、浮かび上がる丹沢の山並みと冠雪の富嶽、この景をもってして私は年の瀬をこの上なく実感します。昨年の今頃に「現況」を全く予測できなかったのと同じように、来年の今頃、私自身がどうなっているかは神でさえ知る由も無いでしょう。それほど、今年はメンタリティな部分での大激動があったのです。

/
/


[PR]

# by odoriba96 | 2017-11-24 19:21 | ある日の出来事 | Comments(0)
2017年 11月 07日

KATO Penn Central 4-Car Passenger Set

c0360684_09494930.jpg
先日の総本山参詣時のお布施についてです。
要はこのアイテム、ペン・セントラル鉄道の旅客輸送がアムトラック化された直後の、ニューヨーク~フィラデルフィア~ハリスバーグ~シカゴ間の長距離列車をイメージしたもの・・・のようです(KATO USAの製品紹介ページはこちら)。現在、同経路においてはアムトラックが途中のピッツバーグまでを結ぶ「Pennsylvanian」を運行しています(但し昼行列車)。
c0360684_09501323.jpg
しかしこのセット、4両の内訳は座席車1両と寝台車3両であり、これのみでは完結せず、品番106-3522の4両セット(荷物車、食堂車、寝台車×2)と混ぜ合わせて組むのが正しいとか。とは言うものの、どちらもリリースが2011年頃と結構以前であり、品番106-3522の入手に希望が持てません(今回の106-3521もよく残っていたとは思いますが)。よって今回の4両は「団体列車」ないし「動態保存列車」という位置付けにしたいと思います。
c0360684_09581282.jpg
この4両、見た目が全て違うのは兎も角として、幌枠なんかも造り分けていて細かいです。連結妻の尾灯のポジションが、国内型のような幕板部ではないのがお国柄というか「そういうもの」なのでしょう。
c0360684_10010197.jpg
では順を追って1両ずつ見てみましょう。なお、ペン・セントラル以前の出自等についてはweb上の「ジョー◎ン」や「さか◎う」のページを参照しています。まずは「Coach(コーチ)」の♯3001で、元・スムースサイド客車とのことですが出自は判然としません。
c0360684_10045982.jpg
以下、合法的な分解(違 で個性に迫ってみましょう。Coachの名の通り、普遍的な座席車です。車内はロマンスシート(死語)が2-2の4列で並んでいます。
c0360684_10064086.jpg
お次は「12Duplex 4Double Bedroom Sleeper」の♯4366で、出自は見ての通りのタスカンレッドでPRR(ペンシルバニア鉄道)のブロードウェイ特急で用いられていたようです。カーネームは「CONNOQENESSING CREEK」で、由来はペンシルバニア州の河川のようです。
c0360684_10150501.jpg
側窓の見付けが両側面で全く異なるのは片側通路式ゆえですが、それ以上に際立つのが先の画像の小窓ですね。国内にも似たようなものが・・・そう、ブルトレのソロあたりにイメージが重なります。「12Duplex」はこの小窓の数と一致しますので、恐らく12室の重層型個室という事になりましょうか。
c0360684_10190414.jpg
そして両車端に位置するのが「4Double 」で4室のダブルベッドルームという事でしょう。国内型に例えれば「ロイヤル/ソロ」といったところか。お約束のインテリアもそれっぽく再現。重層型個室はちゃんと上層部のベッド?のモールドが底上げされています。
c0360684_10224123.jpg
お次は「Ex-21-Roomette Coach」の♯1521で、これもブロードウェイ特急からの引き継ぎ車とか。見た目は銀色ですが、これがもともとステンレス車体であるかどうかは不明です。
c0360684_10255105.jpg
そのインテリア、「21-Roomette」の通り中央通路式の両側に、手前10室、奥11室の計21室のルーメット式個室が並んでいます。国内型でも客車ヲタなら説明不要でしょう。20系固定編成客車におけるオール個室の最上級車両ナロネ20にも備わっていた、あの「ルーメット」です。
c0360684_10290018.jpg
最後の1両です。「4-4-2 Sleeper」の♯4388でカーネームは「IMPERIAL TREES」です。どこかにお高い樹木があるのでしょうw これもブロードウェイ特急出自との事ですが、「4-4-2」という謎かけのような数列が気になります。
c0360684_10314797.jpg
先の♯4366と同じくの片側通路式です。さて、気になる「4-4-2」ですが、これについてはwikiのブロードウェイ特急の項において「4ダブルベッドルーム・4コンパートメント・2デュリューイングルーム」という記述があり、恐らくこれの事を指すものと思われます。
c0360684_10350833.jpg
注目?のインテリアですが、車体中央に構える大き目の2室で、チェアが2脚モールドされているのが「2デュリューイングルーム」と思われます。しかし恥ずかしながら「デュリューイングルーム」の意味が解りませんでした(ご教示いただけると有り難いです)。残るはその両側に4室ずつ備わる「ダブルベッドルーム」と「コンパートメント」ですが、インテリアモールドでは具体的な差が見出せません(爆 恐らく前者はそのまんまの意、後者は2段ベッドあたりになっているのでしょう。

国内型モデルに夢が無いとは申しませんが、やはり他国の鉄道は中毒になると一筋縄には逝きませんw 今後の段階で予約済みなのは、以前にも触れましたカトーのスーパーライナー客車で、俗にいう大陸横断列車です。あとはP42ももう1両揃えないとですが、その沢山のバリエーションからセレクトするのは至極難儀・・・。




そんなモデルも待ち遠しいこの頃、ユタ州の遠大且つ壮大な景観を行くシカゴ発エメリービル(サンフランシスコ対岸)行、3900キロの旅路を紡ぐ「カリフォルニア・ゼファー」の動画で想いを馳せたいと思います。

/
/

[PR]

# by odoriba96 | 2017-11-07 10:59 | 9ミリ(外国型) | Comments(2)
2017年 11月 04日

大 統 領

c0360684_20375210.jpg
タイトルと中身は必ずしも一致するものではないので、ご容赦を(何
先日の出勤時に乗車したいつものハコが、トップナンバーでした。まだまだ新しいと思っていたトカホセのE233も、10年落ちのポンコツです(爆
c0360684_20414765.jpg
トップナンバーを含むE-01と、続くE-02は、何たって3号車に予備パンタが無く7号車搭載なのが大特徴です(伝わらない
c0360684_20433834.jpg
でもって本題の「大統領」ネタ・・・そんな屋号の呑み屋があった筈ですがw
画像は先日私が総本山参詣した帰途の、JR池袋駅ホームからの視点。ここで注目すべきは奥の5000系レッドアローのニセモノではなく、右方に見える淡路交通のような配色の車両です。そう、この時10月31日と前日の10月30日は、「とある国の大統領」が来日していたのです。この日の池袋駅構内や、前日の東京駅構内で纏まった数の警邏要員を目にしたのはこれが理由だったのですね。
c0360684_08444769.png
続いて11月2日の東京駅7・8番ホームの飲料自販機併設のダストBOXは・・・見ての通りです。ここから京葉線ホームまでの視界に入る自販機に於いては、例外なく同様の措置がとられていました。前述の10月30日と31日の「とある国の大統領」来日に際しては、ここまでされていません。どうやら今度の「とある国の大統領」は、別格なようです。
c0360684_20520518.jpg
画像はありませんが、東京駅丸の内側の京葉線への改札内連絡通路の中途にも、私服の警邏要員を配するほどの念の入れようです。浮世は秋らしい陽気の三連休、しかしそんな事はどこ吹く風、大統領が何人来ようが、変わる事の無いマイアミのルーティーンの真っただ中に私は居るのです。

/
/

[PR]

# by odoriba96 | 2017-11-04 20:55 | ある日の出来事 | Comments(0)
2017年 11月 01日

この先生きのこるには

c0360684_22165074.jpg
最近のお出かけ先・・・
確かにマイアミの某園に逝ったりはしていますが、それ以外は専ら近所の歯医者ぐらいですw
何せ遠出しなくなりましたよね。
この場所面白そうだとか、興味を抱いてもweb上に連ねられた情報を目にしているうちに「別にいっか」と。


鉄道趣味に関して言えば、実車への興味が皆無となったわけではなく、ニュースサイトなんかはチェックします。
しかし、それ以上の事は無いんです。見てみようとか、撮りに逝こうとか。


模型もそう。
毎月毎月溢れんばかりにリリースされる国内型モデル、その「買わされている感」がハンパ無いというか、
兎に角「増える一方」の現状に気付き、シラけてしまった事は否めません。今更ですがw
なので国内型モデルでも手を付けていないものや、組む可能性が皆無のキット、鉄コレ等を売却処分。
幾何かのスリム化を図って、その分を身なりとかケアとかへのウェイトにスイッチしたのは・・・ここだけのハナシです。


しかし結果としてどうなったか。
色恋沙汰があったとして、それが発展したかと言えばそんな事はなく、無かったとしたら無かったわけで(何
鉄道の実車も模型も前述のザマですから、外国型(というかアメリカ型)模型がギリってトコ。
やっぱ未知の世界って憧れるんですかね。国内型はもう知り尽くしてしまって、正直シビれません。


色々書きましたが、要は 「いろんなものを喪った」 という事。
覆水盆に返らずとはよく言ったものですが、他方、私が気付いていないだけで得たものもある・・・

のだとしたら良いのですが(爆


夏が終わり、秋が訪れ、冬を迎えれば1年が終わります。
年の瀬に向かい慌ただしさが増してこようかという頃合いですが、今は何も考えられません。

この先生きのこるには。
自己総括のリフレインで1年が終わろうとしています。


/
/

[PR]

# by odoriba96 | 2017-11-01 22:19 | 未分類 | Comments(2)
2017年 10月 31日

KATO P42(♯99 Amtak phaseVb)

c0360684_21272738.jpg
先日ですが、退勤後に芋に寄り道し(3ヶ月ぶり!)入手・・・カトーのP42(♯99 フェーズVb)です。カトーではフェーズVbのロードナンバー違いや、フェーズⅢ、フェーズⅣ、フェーズV、アムトラック40周年リバイバル塗色(フェーズⅠ~Ⅳ)等、数多くのバリエーションを世に出しています。更にはフェーズVbの新ロードナンバーのリリースもアナウンスされていますから・・・コレクターは大変ですw 

国内型モデルですとナンバーをインレタにすればよさそうなものとも考えがちですが、このあたりの事情は気になります。カトーではアメリカ型機関車モデルでの同一ナンバーの再生産は原則無いと明言していますから、生産のたびにナンバーを変えればそこそこ売れるという目論みもあるのでしょうか。
c0360684_21280867.jpg
試走はお店でも済ませていますが、やはり持ち帰ってからもチェックしたくなりますw 上からナンバーボード(パーツ未装着)、ヘッドライト、ディッチライトが点灯・・・ディッチライトは無論明滅しません(爆 ユーザー付けパーツを含む附属品は、ナンバーボード、ヘッドライトカバー、MUホース、トリップピン、ロングシャンクナックルカプラーです。製品化当初はエアホーンもユーザー付けだったようですが、現在は出荷状態で装着済みです。
c0360684_21331438.jpg
それにしても解せないのは、連結面側のヘッドライトも点灯する事! マイク口エース並みの無駄なギミックです(爆 というかコッチを先頭にして本線走行する事は非常時以外あり得ないでしょうし、そもそも連結面側に運転台はありません(P42のプロトタイプ的存在のP40には簡易運転台があったそうですが現在は撤去済みとか)。これ、背中合わせで重連組ませたら点灯しちゃうって事ですよね・・・w
c0360684_21380297.jpg
でもって本日ですね・・・
c0360684_21382463.jpg
参詣してきましたよ、総本山w 
7月以来ですから3ヶ月少々ぶりです。
c0360684_21424348.jpg
平日の真昼間ですからガラガラなのは当然としても、まあラインナップアイテムが増えましたよね・・・今更ですがw そりゃあ毎月毎月出していれば当然でしょう。
c0360684_21434913.jpg
でもってショーケース内のP42、こちらは16番ですが額面に注目。
c0360684_21443179.jpg
そしてこちらがNゲージのP42・・・判り切ってはいますが、外国型に限って言えばNゲージのほうが割高なんです。(アメリカ現地における)需給の違いとでも申しましょうか。ここでは先のP42の重連相手をどれにするか散々悩んだのですが、どのカラーにするか決まらず結局買い求めませんでしたw

/
/

[PR]

# by odoriba96 | 2017-10-31 21:53 | 9ミリ(外国型) | Comments(0)