赤い電車は臼い線

odoriba96.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:バス(BUS)( 11 )


2017年 05月 27日

川崎市営埠頭のアフターは(市バス塩浜営業所編)

先日のデハ236里帰り輸送滞泊ですが、その気になる滞泊先はweb上の他の記事にもあるように川崎市営埠頭でした(川崎市営埠頭と言えば1996(平8)年夏にアルゼンチン行きの丸ノ内線車両を追った記事はこちら!現在撮影エリアは保税区域内につき関係者以外立入禁止です)。その川崎市営埠頭でデハ236との対面を済ませた後は、まだ日も高く普段訪れない界隈ということで少々見てみる事にしました。
c0360684_7102263.jpg

東扇島への海底トンネル入口手前の交差点まで戻りますと、門型鉄塔が目に入ります。この直下にはかつて神奈川臨海鉄道の線路があったようですが、現在は撤去され終端部がかなり川崎貨物駅側にオフセットされています。跨ぐ線路はなくなってもケーブルを保持する役割が見た目強そうなので、まだまだ残りそうな気がします。
c0360684_7352713.jpg

とりあえず川崎駅方向のバスに乗車したものの、トイレが近くなったので四谷下町で下車しコンビニのを借りますw 目の前にリンガー◎ットがあるのでここで早めの昼食とも考えたのですが、ハラが重くなるといかんせん行動力が鈍くなる傾向が(少なくともウチは)あるので見送り、市営埠頭側に戻った箇所にある市バスの塩浜営業所を覗いてみることにします。ここの立地は独特で、大通りから脇に入った更にその先の路地の先に所在します。画像の通り、路地の先に市バスが見えますねw
c0360684_743375.jpg

その路地先に出ればパッと視界が開け、市バス塩浜営業所が展開!余談ながら近所には臨港バスの塩浜営業所もあるので区別が必要ですw 見ての通り、カメラを構えている公道と営業所敷地が一体化したような開放的な雰囲気があります。ここからカメラを時計回りに振りますと・・・
c0360684_7453636.jpg

やっぱり地続きですw
さらに振りますと・・・
c0360684_746099.png

二枚の画像を繋ぎ合わせているので少々おかしな事になっていますが、これが今入ってきた路地を振り返った角度です。何とも、実に営業所敷地内を公道が通っているようなシチュエーションです。
c0360684_7482835.jpg

そんな立地ですから出入庫のコースどりも独特で、赤線が入庫ルート(赤丸は「塩浜営業所行」の降車専用ポール、位置はだいたい)、青線が出庫ルート(青丸は「川崎駅方面行」の乗車ポールで、塩浜方向からの系統の乗車/降車も兼用)です。狭隘な路地で出入庫のバス同士がガチンコしないように振り分けられていますが、この辺鄙な営業所の立地には色んな歴史や理由がありあそうです。
c0360684_7574350.jpg

営業所敷地はT字状の公道を挟んで2箇所に分かれていて、そのうち面積の小さいほうも地続きですからこんな感じに・・・朝の出庫時間帯はガス臭そうだな~w 赤線のペイント矢印が入庫ルートですので、夜間帯は通行量も増える事でしょう。そのトバッチリがダイレクトそうな3棟の狭小住宅、築年数は浅そうですからこの条件で決断したわけで・・・地価もそれなりでしょうか。
c0360684_803621.jpg

いかにも営業所敷地内で許可を得て撮影なこのアングルも、公道上からのものです。誰か運チャンがいればまあ一言・・・ともなりますが、昼下がりの営業所敷地内に清掃員の方以外人影は見えません。
c0360684_815693.jpg

そして・・・おっとぉ!時代がプレイバック!
ウチは見ての通り以前にも市バス塩浜営業所を訪れています。愛すべきキュービック、エアロスターK、7E、いまはぜーんぶ市バスからはなくなっちゃいました(※新7Eならまだ居る?)。そりゃ当然ですけど・・・画像から時代を読み取って下さい。PASMO?んなもんねーyo!バス共通カードの時代じゃぁ!それにしても我ながら素晴らしい定点撮影です(何
c0360684_872440.jpg

そして現代に戻りますが、回送車のLED表示器に妙なキャラクターがw 市バスは1日家族乗車券のポスター等でこの猫様をキャラクターとしているのでその絡みでしょう。

/
/
[PR]

by odoriba96 | 2017-05-27 08:16 | バス(BUS) | Comments(0)
2017年 04月 14日

続・東京ベイシティバスの「復刻カラー」・・・

土砂降りの前回からまさかの続きです(爆
本日は好天に恵まれ、とか言いつつもそんな事に関係無くいつも同様マイアミ駅前(通称:舞浜駅前)に降り立てば・・・駅前ロリータ×ロータリー〇 にゴキゲンな復刻カラーの姿が!!社番は不明ながらもイソイソと激写すべく向かうと、別角度の交差点で・・・
c0360684_23363636.jpg

1002号車キタワァ・・・


c0360684_23381295.jpg

そしてまた、並ぶ


う~ん、これって偶然なんでしょうけど、そもそもベイシティの運用エリアってマイアミか新浦安ないし浦安界隈なので、言うほど広範囲ではなく、交番の噛み合わせによってはこの様に同一ロリータ×ロータリー〇 で居合わせる可能性も無くは無いのでしょうね。

以下、とりあえずおさらいです(何
c0360684_2345112.png

1001号車(習志野230う10-01)
c0360684_23453353.jpg

1002号車(習志野230い10-02)
c0360684_23485100.jpg

1003号車(習志野230い10-03)

全部おなじです(爆


しかし仔細に見ると、陸運ナンバーの平仮名が1001号車が「う」で、1002・1003号車が「い」なんですよね。このあたり、希望ナンバーの取得争奪戦の一端が垣間見えると捉えて良いのでしょうか・・・。※追記・・・1001号車にはフロント窓下の「ISUZU」のオーナメントがありません。シャーシがまさかISUZUではない?陸運ナンバーが1001号車のみ「う」である事と関連があるようにも思えてならないのですが・・・。
c0360684_2358236.jpg

そんな一日?の〆は秋葉養老で・・・
c0360684_23585844.jpg

会長様がコレを引き取っていただけるとのことでした。
そもそも会長様との一席がレアなのですが、にも関わらず数多のエラそうな講釈や迷言?はご容赦つかあさい・・・

/
/
[PR]

by odoriba96 | 2017-04-14 23:53 | バス(BUS) | Comments(4)
2017年 04月 11日

東京ベイシテバス「復刻カラー」のその後・・・

過日に触れた、東京ベイシティバスの復刻カラーことオリエンタルランド交通塗色リバイバルうんぬんかんぬんですが、既に実車が3台も3月27日から運用開始しているにも関わらず、漸くウチは本日退勤後にマトモに遭遇することが出来ました!それも糞みたいな悪天候の中で!!(爆
c0360684_20505478.jpg

イターッ!!


見ての通りの糞みたいなお湿り陽気、こんな時に限って来るのですから運が良いとは言えません。寧ろ悪いですw 社番は1001号車で、陸運ナンバーは「習志野230う10-01」。社番と陸運ナンバーの数列が同一なのは偶然ではありません。最近のベイシティの新車ではデフォです。もっというと、地元横浜の相鉄バスがオレンジとブルーの新塗装になってから導入した新車も、やはり社番と陸運ナンバーを同一に揃えています。とか言っていたら・・・
c0360684_20543648.jpg

2台目きたああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!


脂肪×死亡〇 フラグかってハナシですが、3台揃う事はさすがに無かったのです(そりゃそうだ)。して、1001号車のケツについたのは1003号車(習志野230い10-03)ですから、これはもう復刻カラー3台中の残りの1台は1002号車と見て相違なさげかと思います。
c0360684_20571472.jpg

懐かしいと言えば懐かしいかもですが、やっぱ3ドアだと思うの。ウチはマイアミ勤め十数年になりますから、キュービックや7Eの3ドアはそれなりに記録しましたが、あの頃にこの復刻カラーやらかしていたらなぁ・・・というのは叶わぬ希美×望み〇 です。
c0360684_20592791.jpg

そのうち、1001号車のケツにつけた1003号車がバックして乗場に横付けされるも、1001号車も追って横付けされて先に発車!!超悪天候下で露出条件が最悪なのでダメダメです。
c0360684_2105773.jpg

続いて1003号車も発車!!こっちはまあ何とか・・・会心のフレーミングには程遠いですが。1003号車の左で見切れているのは1001号車で、此処マイアミ駅前でまさかの復刻カラーが並んだわけですが、この1003号車の直前には近接して先行バスが塞いでいるので綺麗な並びは見られなかったのです。でも、安心してください、これで諦めません。

この復刻カラーが維持され続ける限り激写します!!(嘘?



/
/
[PR]

by odoriba96 | 2017-04-11 21:08 | バス(BUS) | Comments(2)
2017年 03月 25日

東京ベイシティ交通40周年

c0360684_22384315.jpg

本日退勤後、マイアミ駅前(通称:舞浜駅前)で目にしたベイシティのナンバー上に貼付物が見えました。
c0360684_22385214.jpg

なるほど・・・40周年ですか。
wikiナントカによれば、会社設立は1976年であるもバス運行開始が1977年4月1日なのだそうです。何にせよ昭和50年代がスタートですから、規制緩和以前のバス事業者としての歴史は決して長くないです。しかし、京葉線はおろかマイアミ駅前の某園すら無かった運行開始当初からすれば、40周年を経た周辺環境は激変し、且つそれはバス事業者として発展した礎となったはずです。

車体の塗色はウチの記憶の限りでは変わっていません。1983(昭58)年のマイアミ駅前の某園へ家族で訪れた際には、大手町から超満員の東西線で浦安に出、そこからバスに乗車したはずです。近年までは7Eやキュービックの3扉が目を楽しませてくれましたが、それ以前は川崎製モノコックボディの3扉も居ましたね。それより何より、その旧社名が「オリエンタルランド交通」であったことは極めて印象深く、反面、少しずつ忘れられつつある現実もあるのです。

/
/
[PR]

by odoriba96 | 2017-03-25 22:38 | バス(BUS) | Comments(0)
2017年 02月 04日

立春

表題の通りです(何
なので春らしい画像でも・・・
c0360684_1912090.jpg

撮影時期が判然としませんが、恐らく90年代末から00年代アタマかと。場所は保土ヶ谷駅西口~桜ヶ丘~明神台~洪福寺~横浜駅西口を結ぶ市バス25系統(他に循環系統もあり)の沿線、その名も桜ヶ丘地区です。市内でも屈指の桜並木を誇ったこの界隈ですが、現在は伐採されてほぼ残っていないと聞きます。

理由は色々あろうかと思いますが、この画像でも見ての通り、歩道のど真ん中や路肩に根付いた巨木は、自動車交通の往来の阻害のみならず、それによって歩行者の安全すら危うくしかねないものがあります。これらの巨木が幼かった頃は自動車の往来なんて殆ど無かったのでしょうが、「時代」が変わったのです。
c0360684_19181563.jpg

桜並木を喪った界隈はさぞや様相が変わったと思いますが、そこを駆け抜けていた保土ヶ谷営業所所属の市バス車両たちも・・・ですね。画像の方向幕周りが車体色の仕様であるHTは、1988年式までであった筈です。

/
/
[PR]

by odoriba96 | 2017-02-04 19:24 | バス(BUS) | Comments(0)
2016年 12月 14日

Resort Cruiser partⅡ

c0360684_23121214.jpg

これの続きみたいなもんです(何

まぁるいボディのResort Cruiser、しかし前回の車両とは顔つきが異なるのが判りましょうか。
撮影箇所は同じですから、折角?なので並べてみましょう。
c0360684_23145717.jpg

c0360684_23151662.jpg

フロントガラス、マーカーランプ、前面行先表示器両脇の飾り帯、ウインカーのレンズ・・・が相違点でしょうか。
しかし、こうして並べてみると車体の寸法というか体型も何だか変化している気がする。「変化している」というのも妙な言い回しかもですが、この車両、実はここ1年~1年半の間に出現したタイプなのです、ウチはこう見えても京葉線に青22号の103系が居た頃からマイアミに痛勤しているので、その認識にまず相違は無いと確信します(何

ここ1年~1年半の間という事は、新製車ではないということです。その折りには、既にバリアフリータイプの車両どころか、フロントスタイルがまんま「エルガ」な車両までResort Cruiserとして台頭していたからです。あくまでもウチの根拠無き推測ですが、この「変化している」車両は初代Resort Cruiserの修繕車というか更新車ではないかと思うのです。しかし、そうならなかった車両も多いと思います。何せこのタイプ自体の残存が少数ですので。

ウチは京成トラ◎ジットの中の人ではないので、確定的な情報は知り得ませんし、仮に知っていてもここには書けないでしょう。あくまでも道路傍からの客観的な現認情報しか羅列できません。これまではこの初代Resort Cruiserを目にする機会が多々あったので特別に感じませんでしたが、今となっては・・・ですね。画像の2枚はいずれも緑ナンバーですが、かつては白ナンバー(運賃無収受)も居ました。あと、屋上の突起(エバポレータ?)の無い純粋な初代モデルも・・・これらについてはコメントで(何
/
/
[PR]

by odoriba96 | 2016-12-14 23:30 | バス(BUS) | Comments(0)
2016年 12月 11日

Resort Cruiser

c0360684_20422112.jpg

このタイプもすっかり数が少なくなりました・・・。
それも無理からぬことで、これより後に2世代でモデルチェンジしています(マイアミ比)。
c0360684_20433866.jpg

※「バスラマインターナショナル」2001年10月25日発行(№68)より転載

Resort Cruiserのデビューは2001(平13)年7月、あれから15年しか経っていないはずだが・・・。
時代が変わったのだろう、遊び心ありきのデザインは通用しなくなっています。
/
/
[PR]

by odoriba96 | 2016-12-11 20:48 | バス(BUS) | Comments(3)
2016年 06月 12日

或るマイアミのバス

近隣近傍から郊外のターミナル駅や羽田空港はもとより、近年ではスカーツリータウンへの路線も開設され、更には界隈のホテルへのシャトル便、遠くは四国松山からの夜行高速便も姿を見せるなど、一日を通じてバスの往来が止まないマイアミ駅(通称:舞浜駅)前。都心部の新宿や東京駅八重洲にバスが溢れているのは当たり前で、何が凄いかと言えばマイアミは腐っても千葉県・・・そう、駅前某園ありきでこれだけのバスが蝟集し往来する「天国っぷり」は知る人ぞ知るものなのです。
c0360684_1084236.jpg

そんなマイアミ界隈で、数日前から見慣れない顔ぶれが加わりました。パッと見は昨今の最新モデルであろう呉羽系というか新呉羽系というか三菱系というかMBM系というか・・・要はケチ菱系(爆

素直に種明かしすると、このクルマは先日オープンしたばかりの「セレブレーションホテル」(かつての「パーム&ファウンテンテラスホテル」の改装)~某園間のシャトルバス専用車であり、界隈で既に活躍中のリゾートクルーザーやステンレスバス風味のそれと比べると、随分と落ち着いた「某園の世界観滋味たもの」を感じさせない外装となっています。

ボディデザインに流行り廃りが反映されるのはいつの世も同じで、このクルマにしても前照灯周りに電脳ヌメヌメ系のそれを感じとる事が出来ます。しかし基本となる部分というかボディの大部分の造形はニューエアロスターそのものから脱却しておらず、いわばニューエアロのそれは(使い勝手含めて)デザインとして完成されているという事なのでしょうか。
c0360684_10181562.jpg

そうは言うても、ウチの中でのケチ菱系といえばこれを置いて他にはない(運チャンがいい表情だね)。
「安定のエアロスターK」、それもN尺と来れば失禁待ったなし!!
字幕の行先表示、丸目の灯具も神奈中においてはもはや過去のものです。
/
/
[PR]

by odoriba96 | 2016-06-12 10:25 | バス(BUS) | Comments(0)
2016年 02月 26日

地元では珍しくも何ともなかった3E・・・日常とはそういうものだ

c0360684_20153522.jpg

このところ、江ノ電(電鉄)絡みが続いていたので、緩衝剤?として自動車部の画像置いておきますね。

ウチが生まれ育った(戸塚区→)栄区、その桂町交差点で本郷台駅方向から鎌倉街道へ合流しようとしている鎌倉営業所所属の226号車(横浜22か42-95)。1981~82年式あたりの三菱シャーシの3Eで、鎌倉所属車がそれであったのに対し、藤沢所属の3EはUDシャーシでした。後ろの209号車ともども、貸切運用を終えて平島の鎌倉営業所へ帰投する途上と思われます。
[PR]

by odoriba96 | 2016-02-26 20:17 | バス(BUS) | Comments(0)
2015年 11月 14日

埼玉県民の日記念支援~国際興業バスCLM470/CJM470退役イベントから20年

昨日の茨城県民の日記念支援記事の続き物?です。蛇足ながら本日のマイアミ駅頭は、土曜日であることを差し引いてもぜんっぜん阿鼻叫喚ではなかったです(爆 まあ、さいたま県は隣接していますので、敢えてこの日に某園に逝こうとする向きも限られるのでしょうかね・・・。

そんな本日のネタですが、ハズヲタ歴数十年のウチならではの本領発揮ともいうべき糞記録の御開帳で、今を遡る事20年前の1995(平7)年9月23日に国際興業バス戸田営業所で催された、いすゞCLM470/CJM470の退役イベントの記録です。「退役」といっても、CLM470は残り11台であったものの翌年春が置き替え期限であり、CJM470に至っては77台全車健在!でしたから、退役イベントというよりは国際興業バスからモノコックバスが消えますよ~的な、アナウンスイベントの性格が強かったです。
c0360684_21544126.jpg

・6001号車 大宮22か26-64 K-CJM470 昭和58年式
c0360684_21555695.jpg

(左)・6001号車 大宮22か26-64 K-CJM470 昭和58年式
(右)・5292号車 大宮22か10-86 K-CLM470 昭和57年式
c0360684_21573530.jpg

(左)・5292号車 大宮22か10-86 K-CLM470 昭和57年式 ※リヤ
(右)・6001号車 大宮22か26-64 K-CJM470 昭和58年式 ※リヤ


さて、ここでカンの良い向きは気付くでしょう、キャプションがスッキリしすぎている事に・・・。
それは以下の資料に全てを委ねたい?からです。
c0360684_2211114.jpg

これ。
当日のイベント会場で「ご自由にお持ちください」状態で配られていたワープロ打ちの両形式の概要のパンフレットです。一つ折りの簡素なものですが、その文面は20年を経た今日にあっては得難い貴重なものであり、同時に両形式の退役へのはなむけとして丁寧に纏められたものである事も、目を通せば如実に感じ取る事が出来ます。

このパンフは無断転載に関する禁則が設けられておらず、且つ既に世に出てから20年が経ち、現存例も如何ほどかという事で、今回もまた全部出し(というか全部スキャン)でお届けします。国際興業ヲタ、CLM/CJMヲタはこれに目を通すことを以てして瞑すべきでしょう。大仰に思うやも知れませんが、これを20年間ファイリングし続けてきたヲタも相当限定的だと思いますよw
c0360684_228134.jpg

c0360684_229383.jpg

c0360684_2210175.jpg

c0360684_22101920.jpg

c0360684_2212555.jpg

c0360684_22123861.jpg

c0360684_22124882.jpg

c0360684_2213796.jpg

役に立つとも思えませんが、入用でしたら画像含めて転用OKです(本記事に限らずですが)。
ちなみにパンフにある「2DAYS TICKET」ですが、地元の友人とこれを求めて、わざわざ2日間別個に横浜から都内やさいたまに出て国際興業バスに乗りまわしましたw 当時は池袋営にもCJMが居ましたから、西落合の総本山に寄り道し、その日没後の帰途にCJMに揺られて池袋駅西口へ帰着とか・・・夢のような現実を確かに体験してきたのです。
[PR]

by odoriba96 | 2015-11-14 21:45 | バス(BUS) | Comments(0)