赤い電車は臼い線

odoriba96.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ある日の出来事( 58 )


2017年 12月 15日

マイアミの月下に煌めく十字架は

タイトルばかりが大仰なのはいつもの仕様、更新頻度の著しい低下で生存確認すらもはや危うい感があります。そんなわけで最近のあることないことです。

先ずは先日退勤時にマイアミ駅(通称:舞浜駅)方向へと走り去るベイシティバスの旧塗色(オリエンタルランド交通塗色)が続行2台!しかしこれは1001~1003号車が存在し、あまつさえ私自身2台並びを撮影していますから、決して不思議な事ではありません。しかし1台の寸法がオカシイ!もちろんそれに気付かないであろうはずもなく!
c0360684_10365653.jpg
そして後を追って達したマイアミ駅(通称:舞浜駅)に居た旧塗色はなんとナロー車(中型車)!まさかの旧塗色ナロー車の新車が入線していたのです。
c0360684_10381121.jpg
間違いなくナロー車ですね。車番は1014号車で、先の1001~1003からは飛んでいますが、1004~は標準色で納車されているからです。
c0360684_10404815.jpg
ところ変わっていつぞやの有楽町駅構内。赤レンガアーチの下にキオスク・・・なかなか良さげです。
c0360684_10420974.jpg
SuperlinerⅠの帯の印刷ズレは既報の通りで、これを総本山に持ち込んでから10日ほどで戻ってきました。年内はどうかと踏んでいましたが迅速に対応いただけたようです。
c0360684_10461611.jpg
ボディ交換で無事良品となったようです。あとはいつかどこかで走行ささせたいですが・・・年明けの運転会では建築限界を超過する恐れがあるので、外国型は持ち込みません。

さて、年内お約束の弊職場のルーティーンですが、10年前云々に比べれば穏やかそのもので、年末感は実のところろ無く、私にとっての十字架はもっと別のところにあったのかも知れません。思えば平成20年代が終わろうとしています。平成20年に実父が逝去、平成25年に友人が逝去、平成26年に実母が逝去、そしてこの間の平成23年に東日本大震災があり、私にとっては激動意外のなにものでもない平成20年代でした。

そして漸く、漸く、この歳になって、自分自身について向き合えるようになってきました。しかしその想いが強過ぎて、辛くみじめな時間を過ごしてきたのもまた事実です。病みながら泣きながら哲学者になる・・・果たしてなれたのでしょうか。しかしなり得ようとしてきた事は確かでしょう。どうか、かかる答えが未来に出せますよう。

/
/


[PR]

by odoriba96 | 2017-12-15 11:02 | ある日の出来事 | Comments(0)
2017年 11月 24日

最近のあることないこと~毎年厄年でバルサンまみれ

前回記事から2週間以上、これほどまで更新スパンが開いた事は有史来ありません。前代未聞です。ではこの間に何も無かったのかといえばそんな事はなく、結局のところ何かしらの理由をつけて記事化しなかったのです。危険な兆候です。いや、もう事は無自覚なだけで相当深刻なのかも知れません。無駄に時間だけが過ぎて行き、開けない未来にどうして嘱望できましょう。
c0360684_18214746.jpg
愚痴も度を超えると呪詛でしかなくなりますので、程々にしておきます。最近の手許のアメリカ型事情、車両の増備は小出しに行われていますが、大きなものはありません。純然たるアメリカ型機関車は現在、画像左からGG-1、ACS-64、E8A、P42と計4両ですが、これに11月再生産予定のSuperlinerⅠ PhaseⅣb(趣味検索予約済)牽引用として、来年1月発売予定のP42 phaseVb ♯160(丼門で予約済)が加わる予定です(手持ちのP42とは単なるロードナンバー違い)。

更には客車ですが、来年2月再生産予定のAmfleetⅡ Coach phaseⅢもAセット×3、Bセット×1の計8両を趣味検索で予約済です。国内型よりは高くつきますが(有井は除く)、そのぶん嗜好対象の数をうんと絞っていますので・・・。こちらの牽引機は同時再生産のF40PH phaseⅢにも心揺れつつ、P42のファーストカラーであるphaseⅢ仕様も捨てがたく、牽引機の選定は後回しにしました。
c0360684_18383134.jpg
去り行く205系・・・言わずもがなの武蔵野線へのE231系入線です。この路線に純然たる新製車が納まったのは、俗にメルヘン顔と言われるかの205系グループのみであり、それ以前の101系、103系、201系、以後の205系(量産先行車etc)、209系500番台、そして此度のE231系とも全て他線区からのコンバートです。

E231系は武蔵野線初の自動放送車というのがソフト面での特徴ですが、ハード面ですとフロントマスクが209系500番台とは異なり銀色にコーティングされているのがポイント。他に細かいようですが乗務員室小扉(側面扉)にもラインカラーのテーピングが施されています(209系500番台には無い)。既に数度目撃していますが、記録出来ていません。尤も、いま記録すべきは205系なのかもですけど。
c0360684_18463388.jpg
私がこの地に勤めるようになってから、既に103系、201系、E331系が湾岸を去りました。205系も遂に終局へのカウントダウンを刻み始めたわけですが、その舞台たる湾岸こと京葉線における単独駅としては最大の乗降客数を誇る(2015年調べ)マイアミ・ステーション=Miami station(通称:舞浜駅)南口改札外のベデストリアンデッキ一帯が、改修工事で大変な事になっています。
c0360684_18520780.png
工期はお約束の年度内で・・・ですが、それより何よりマイアミ・ステーションの恒常的な利用客なら0.2秒で勘付くであろう重大な事実、そう、これより年末年始にかけての瘴気に満ちた時期にこそ、マイアミの地に展開する巨大テーマパーク(通称:某園)が最大限の活況を呈するのです。駅頭に溢れ返る某園目当ての旅客で阿鼻叫喚待った無しですが、しかしそこは御安心?ウワサではその時期だけは工事も何とかするそうです(謎
c0360684_18573042.jpg
先の10月のダイヤ修正で、これまでデータイムにしかなされていなかった常磐線中電の品川乗り入れが、朝夕ラッシュ時にまで拡大されたのは周知の通りです。メガロポリス沿線民からすれば殆ど影響が無いものですが、その中にあって地味に画像の通り、ちょっと驚かされる行先の列車が設定されました。上野東京ライン(東海道線)大船行です。

これを知ったのは出勤時の新橋停車中に耳に入ってきた反対側番線の自動アナウンスで、大船行なぞ聞き間違いであろうと耳を疑ったのですが、やってきたのは間違いなく大船行でした。これがSS(湘南新宿ライン)やスカ線であれば珍しくも何ともありませんが、病的な鉄ヲタなら周知の通り、東海道線の大船駅ホームでの折り返しが配線上不能である事を考えれば、何とも珍奇な行先設定です。

ではこの大船行は戸塚駅の3番線から先、どのようなコース取りとなるか?そのまま東海道線を走行、大船駅3/4番線に到着。旅客降車後、平塚ないし国府津まで回送となるのでしょうか。そうであればフツーに終着点まで客扱いすれば良いだけにも思えますが、かつて京急に99年頃まで存在した横浜行普通車は、その先の新町まで回送走行したという例があります(これは後続の快特が迫っているためのやむなき措置でしたが・・・)。

もう一つ、これが現実的かとは思いますが、戸塚駅の3番線発車後神戸方のクロスを亘り、スカ線へと転線する事ですね。これであれば何事もなかったかのように?大船で車両センターに入庫するか、或いはSSとして折り返すといった選択肢を得る事が出来ます。果たして事実は?その気になれば平日の公休日に確認できなくはないですが・・・。
c0360684_19133439.jpg
或る晴れた日の空、中空高く彼方の送電線に黒い物体が(画像赤枠)・・・。

c0360684_19142139.jpg
ヒトですね・・・。
c0360684_19144025.jpg
この手の傍目にリスキーなオペレーション、よく言われるのは「最後は慣れ」というものでしょう。しかし命綱のようなものに結ばれているとはいえ、どんな気持ちで作業に当たっているのでしょう。
c0360684_19122088.jpg
少し前、本当に少し前まで暑さが残っていたはずですが・・・今年もこの季節がやってきました。東の空に輝く陽光に照らされ、浮かび上がる丹沢の山並みと冠雪の富嶽、この景をもってして私は年の瀬をこの上なく実感します。昨年の今頃に「現況」を全く予測できなかったのと同じように、来年の今頃、私自身がどうなっているかは神でさえ知る由も無いでしょう。それほど、今年はメンタリティな部分での大激動があったのです。

/
/


[PR]

by odoriba96 | 2017-11-24 19:21 | ある日の出来事 | Comments(0)
2017年 11月 04日

大 統 領

c0360684_20375210.jpg
タイトルと中身は必ずしも一致するものではないので、ご容赦を(何
先日の出勤時に乗車したいつものハコが、トップナンバーでした。まだまだ新しいと思っていたトカホセのE233も、10年落ちのポンコツです(爆
c0360684_20414765.jpg
トップナンバーを含むE-01と、続くE-02は、何たって3号車に予備パンタが無く7号車搭載なのが大特徴です(伝わらない
c0360684_20433834.jpg
でもって本題の「大統領」ネタ・・・そんな屋号の呑み屋があった筈ですがw
画像は先日私が総本山参詣した帰途の、JR池袋駅ホームからの視点。ここで注目すべきは奥の5000系レッドアローのニセモノではなく、右方に見える淡路交通のような配色の車両です。そう、この時10月31日と前日の10月30日は、「とある国の大統領」が来日していたのです。この日の池袋駅構内や、前日の東京駅構内で纏まった数の警邏要員を目にしたのはこれが理由だったのですね。
c0360684_08444769.png
続いて11月2日の東京駅7・8番ホームの飲料自販機併設のダストBOXは・・・見ての通りです。ここから京葉線ホームまでの視界に入る自販機に於いては、例外なく同様の措置がとられていました。前述の10月30日と31日の「とある国の大統領」来日に際しては、ここまでされていません。どうやら今度の「とある国の大統領」は、別格なようです。
c0360684_20520518.jpg
画像はありませんが、東京駅丸の内側の京葉線への改札内連絡通路の中途にも、私服の警邏要員を配するほどの念の入れようです。浮世は秋らしい陽気の三連休、しかしそんな事はどこ吹く風、大統領が何人来ようが、変わる事の無いマイアミのルーティーンの真っただ中に私は居るのです。

/
/

[PR]

by odoriba96 | 2017-11-04 20:55 | ある日の出来事 | Comments(0)
2017年 10月 21日

有権者として

本日は退勤後に地元の役所(戸塚区役所)へと19時過ぎに寄り、期日前投票を目論みましたが・・・
c0360684_22171200.jpg

マイアミ某園のアトラクに伍する大行列!!!

行列最後尾では「40分程度」と案内されており、それを聞いて諦める向きも居ましたが、私を含めて「それでも」と列に加わる意思の顕れは、明日が荒天である事を差し引いても、「有権者」としてのそれであり、その気概をずっと喪わずにいて欲しいと思わずにはいられないのです。
c0360684_22195005.jpg
果たせるかなの投票待ちは約50分、マイアミ某園のアトラク待ちでは「短い方」かもですが、これが有権者年齢の引き下げによるものか、或いは荒天投票日を避けてのものなのか、むしろその両方なのかは断定しかねますが、私の人生の中でも最もインパクトのある期日前投票となったのです。

蛇足ながら昨日は公休で、歯科受診・散髪・期日前投票の三拍子となる予定のところ、期日前投票が行列沙汰であるのを目にし本日退勤後に後回しにしたわけでしたが・・・失敗でした。この時の行列はUターンが一切無かったのですから(汗

/
/
[PR]

by odoriba96 | 2017-10-21 22:26 | ある日の出来事 | Comments(4)
2017年 09月 29日

来し方

9月ももう間もなく終わり、2017年も残すところ3ヶ月となります。
物事には始まりがあり終わりがあるわけで・・・私がこの半年に亘って夢中になっていた「 或る事 」も、終わったというか終わりにせざるを得ませんでした。

その夢中の対価というか、喪ったものもありました。
それが何なのかは解っています。
しかし、それを無理に取り戻す必要はないと思います。
何故ならば、それは遅かれ早かれ喪われるものであったのですから。

他方、得たものもあります。
それは「 恋のチカラ 」です。
あまりにも、あまりにも強大で、それこそ「国をも滅ぼしかねない」勢いと意思が、この半年の私にはありました。

一度覚えた「 恋のチカラ 」に、有効期限はありません。
それは一生モノのスキルなのですから。

/
/

[PR]

by odoriba96 | 2017-09-29 19:39 | ある日の出来事 | Comments(2)
2017年 09月 11日

歯周病治療

・・・がスタートしました。もちろんウチのですがw
巷間では成人の8割が歯周病ないし歯周病予備軍というデータがあるようですが、ぶっちゃけピンときません。周辺の人々に手当たり次第「あなた歯周病?」なんて尋ねるわけにもゆきませんから。

しかしこの8割というのが事実であれば相当なもので、歯科医も相当繁盛してるのではと訝りたくもなりますが、他方、ウチみたいに不精をかこって治療に踏み切らない向きも相当居るという事なのでしょうか。
c0360684_13155782.png
そんな不精をかこっていた(過去形)のウチが、いよいよ覚悟を決めたのには大きな大きな原動力がありました。それがいずれ明らかになるのか、明らかにできるのかはわかりません(意味深 手渡された歯周診断書に見える「恐るべき出血スポット」の量と程度を悔いても未来は拓きません。治療あるのみです。

/
/


[PR]

by odoriba96 | 2017-09-11 13:20 | ある日の出来事 | Comments(0)
2017年 08月 31日

変わりゆく日々~8月も遂に終局

c0360684_22581843.jpg
前回記事で触れましたマイアミ駅(通称:舞浜駅)ホーム東京方のキオスク、本日8月31日朝時点でとうとう板囲いも外され完全に姿を消しました。青22号の103系が居た頃から幻の連接車E331系などを見続けてきたマイアミ通勤のプロ(?)のウチでさえも、初めて捉える景が眼前にあるのです。

/
/

[PR]

by odoriba96 | 2017-08-31 22:59 | ある日の出来事 | Comments(0)
2017年 08月 28日

変わりゆく日々~2017年8月の場合(消えた汲沢飯店)

c0360684_13353918.jpg
最近の「消えたもの」。
先ずはマイアミ駅(通称:舞浜駅)ホーム上のキオスクです。去る8月18日をもってクローズし、26日頃から板囲いが施され、27日頃より解体が始まっています。同駅構内にはコンビニスタイルのNEWDAYSが改札内外に1店舗ずつありますから不便はありませんし、そのNEWDAYSが出来た時点でホーム上のキオスクの運命は決まっていたようなものでしょう。
c0360684_13355372.jpg
改札内のNEWDAYSが無かった頃はウチもキオスクを重宝していて、退勤後の「ちょっと一杯」でよく寄ったものです。しかしNEWDAYS(当初は売店スタイルだった)が出来て以後は営業時間が16:00迄に短縮されたりしてしまい、スッカリ遠い存在となってしまったのです。上っ面だけの「マタオコシクダサイマセ」的なレジでの遣り取りよりも、キオスクのそれは売り子との距離も近く人間味のあるものだったと思いますが・・・全ては過去のものです。
c0360684_13423699.jpg

2014年9月改築直後の「ぐみはん」記事はこちら
「ぐみはん」旧店舗時代の永遠の記録画像記事はこちら
次いでは「ぐみはん」こと汲沢飯店が7月末でクローズし、その果てに別店舗となって再始動した・・・という、米欄を通じてのご教示を確認すべく、現地へ出向いてきました。但し営業時間外なので外観のみです。
c0360684_14032455.jpg
「汲沢飯店」の文字も眩しかったオレンジ色の行燈看板には、所々に気泡が入りシワも見える急ごしらえのステッカーが上貼りされていました。その名も「福富楼」。これについて検索してみたところ。具体的な情報としては匿名某掲示板における「中華資本の居抜き」というレスのみです。てか福富って・・・80年代のリアル「当たり屋」のイメージしかありません(爆

c0360684_18020395.jpg
聞けば中の人もメニューも総変わりのようで、既に改築した時点で消えてはいましたが「昔ながらの中華料理店・汲沢飯店」の面影は微塵もありません。最後に食事したのは今年の新年会の帰路?だったか。もとより訪れる機会が限定的なところに、経営者や屋号も変わってしまっては・・・ですね。
c0360684_14040227.jpg
そのうち、「路面のナゾの「ぐみはん」ってナニ?」みたいな記事が「はま◎ぽ」あたりで採り上げられてしまう時代が来るかもしれません(真顔

/
/

[PR]

by odoriba96 | 2017-08-28 14:06 | ある日の出来事 | Comments(4)
2017年 08月 08日

夏が終わった

タイトルに深い意味は・・・あります。
まあ正確には 「終わらせた」 というか・・・一部の方は事情を知っているのでそのうち明らかにする機会があると思います。

そんなわけ?で、個別に記事化するまでもない小ネタでも・・・。
c0360684_13155029.jpg

・最近のアメリカ型

結論から言うと増備は先月で一旦ストップしていますが、E851ベースの「モドキ」を除いて現在16両が揃っています(内訳:GG-1×1、ACS-64×1、アムフリートphⅠ×6、アムフリートphⅣb×4、ヘリテージバゲッジガーphⅠ×2、ヘリテージバゲッジカーphⅣb×1、ビジネスカーphⅠ×1)。しかし、弊糞ブログにおけるアメリカ型の需要は極めて限定的と思われるので、個別記事をほぼ展開していません。わかりきった事とはいえ、走行機会が無いのも困りものですが・・・。
c0360684_13235897.jpg

・駅弁

先日、ある筋からの調査以来を兼ねて東京駅構内の駅弁屋を偵察してみたところ・・・ありました。「利休」監修の牛たん弁当とのことですが、額面が¥2kオーバーで値ごろ感が怪しいです。(値上げ前)の崎陽軒の横浜炒飯が¥500台であった事を別としても、¥2k台というのは駅弁としては決して安い部類ではなく、どちらかというと高いほうに当たると思います。
c0360684_1326287.jpg

それもそのはずというかこの駅弁、容器自体が使い捨てのものではなく、俗にいうランチボックスであり中身がカラになっても平時のお弁当箱として使えるものなのです。要は、額面の半分近くが容器代なんじゃないかって事w パパが中身を食べて容器は子供さんに・・・という図式を想定しているのか?謎が深まるも第二弾は「あさま」との事であり、中身が「おぎのや」監修というのも珍しいですがウチは求めるつもりはありません(汗
c0360684_13302872.jpg

・西工縦列

富士重工のバス製造中止により、それまでの富士ボディ架装車が西工ボディ架装にスライドするも、その西工もバス製造を止めてしまい減る一方の西工ボディ、地元神奈中の 「と」 記号である戸塚営業所にも2008年式のノンステ大型車(10台)とワンステ中型車が活躍中ですが、これが先日戸塚駅のホームからたまたま「縦列」になったので記録した次第。手前のノンステ大型が「と10」で後ろのワンステ中型が「と52」です。

平時のマイアミ往還でももとより神奈中バスを目にする機会は限定的(踊場駅前での一瞬か、今回の如き戸塚駅のホーム上から)ですから、ただでさえ多数派ではない西工ボディを目にする事は殆どありません。その彼らの年式は前述の通り2008年式ですから、来年に10年目を迎えるあたりから去就が注目されて行くのでしょうか。
c0360684_1337215.jpg

・靴の孔

平時の通勤時に用いている靴、恐らく合皮かと思うのですが、これが先日シワの部分に孔が開いてしまい、事実上使用中止とせざるをえませんでした。この靴、ケチのつけどころは他にもあって、先端をひっかけたウチに過失はあるものの、その部分からのソールの剥がれが酷くなり(接着痕があった記憶が無いですが・・・)、ミスター◎ニットあたりに持ち込んでの修繕代もバカにならないので、ウチ自身でゴム系接着剤を用い修繕し何とか供用に耐えさせていた次第。しかし、さすがに孔はどうしようもないです。

デジカメのメモリーをヒントにこの靴の購入時期を追跡したところ、案の定 「今年」 の3月9日・・・半年ともちませんでした(爆 それもA◎Cで¥6kぐらいしましたが、やはり4ケタですと安物なんですかね。なのでこれの代替靴は、開き直って何と密林で送料・代引き手数料込で¥2.5kというものを求めました(無論プライスダウン品ですが)。果たして安物は真に銭を喪うだけなのか?どれぐらいの期間もつのか、興味津々です。

/
/
[PR]

by odoriba96 | 2017-08-08 13:46 | ある日の出来事 | Comments(2)
2017年 07月 12日

そんな日もあったねと~7月12日の場合

c0360684_20164795.jpg

やや判り辛いですが、本日朝の戸塚駅地下みどりの窓口前・・・行列が出来ています。指定席券の事前受付目当てでしょうが、日付を1ヶ月進めてみれば・・・そう、8月12日!盆休みの入りの頃合いでしょうか。こういうのを見ると夏期を強く実感します。
c0360684_20184096.jpg

この列車、いまだに10B(10両)なんです。あまつさえ、これの直前に「サンライズ」が割り込むため、先発列車との時隔が開いていて大仰に言えば阿鼻叫喚かとw しかしこれも10月のダイヤ改正で15両化!です。
c0360684_20222655.jpg

そして場所は飛んでマイアミ・ステーション(通称:舞浜駅)!!
画像は改札を外から見たものですが、右端がシャッターで遮蔽されているのに注意!もちろんこれは仕様ではなくイレギュラーであり、シャッターの向こうでは自動改札機が赤ランプを灯して警報をピーピー鳴らし続けていて、ただならぬ雰囲気でした。
c0360684_20243518.jpg

結論から言ってしまうと、これはシャッターの誤作動です。
何とか開いている改札の右端では、折り畳み式のハシゴを噛ませてシャッターの下降を食い止めています(爆 これですと判り辛いですが・・・
c0360684_20254350.jpg

左端のこっちは一目瞭然wどうしてこうなったしw
c0360684_2027246.jpg

そして夕方・・・
c0360684_20271419.jpg

シャッターは収納されてはいるものの、見た目に怪しいゼブラテープと当て木のようなものが・・・
c0360684_20283787.jpg

何とシャッターの下降を許さないストッパー状態とされています。てか、まだ誤作動を起こす可能性があるのでしょうか(爆 「ぜんぶ暑さのせいだ」などと面白みのない解釈はしたくないですが、京葉線の「屋台骨」のような駅ですから、どうかしっかりしていただきたいものです。

/
/
[PR]

by odoriba96 | 2017-07-12 20:31 | ある日の出来事 | Comments(2)