カテゴリ:9ミリ(客車/貨車)( 46 )


2017年 03月 18日

「さようならSL」室蘭本線225レの製作(その6)プラス最近のある事ない事

「さようならSL」室蘭本線225レの製作(その1)
「さようならSL」室蘭本線225レの製作(その2)
「さようならSL」室蘭本線225レの製作(その3)
「さようならSL」室蘭本線225レの製作(その4)
「さようならSL」室蘭本線225レの製作(その5)

表題がこれで良いのかどうか悩みましたが、かといって内容如何で記事を細分化するのも面倒なのでこのままにします(何 さて、表題のシリーズは久し振りとなりますが、その前回更新日がなんと昨2016年7月25日!以後、パッタリと途絶えていました。そして今回も予めのお断りではないですが、作業的には全く進捗していません。では、何がこの表題たらしめたのでしょうか?
c0360684_1012154.jpg

表題の225レ編成8両のうち、既にスハ32(×2)、オハ35、オハフ33は仕上がっていて、残すはオハ62とオハフ62が各2両ずつの計4両です。これを仕立てるべく、画像の如くトミックスのオハ61とオハフ61を某模型店から通販で入手してあるのですが、これも昨2016年の7月25日のこと。そう、つまり前回更新時の段階で既に8両編成が組める状態になっていたわけですが、直後に「異変」は起きます。それは・・・

関西国電事情2016夏!!
そう、2016年8月頭の関西行で実車の魅力と言うか国電の姿に感動し、旧客模型への興味がフェードアウトしてしまったのです。でもまあそれは一時的であったとも言えますから、まだ製作再開の機を見出す事は出来た筈です。しかし、そこに思わぬ発表があり・・・

カトーからオハ61系製品化!!
何がなんだって、富のオハ61系は側扉の奥行が浅く、それを承知で入手してはいたものの、明らかに後発のカトー製のほうが表現的に優位というか、側扉の奥行が浅い表現となる要素が見当たらないので、単純に言えばとても悔しい思いをしたわけですw このアナウンスが2016年11月の事ですから、そろそろ国電熱も冷めようかという頃合いでのまさかのトドメ?だったのです。

まあそうは言うても、いまさら富製を売り払ってカトー製を入手したとしても、編成を組んで走行させてしまえば客扉の浅さも「言われなければ」程度となるのでは・・・という、いつもながらのテキトウな理由付けで一応納得はしたのですが、どちらにせよ製作再開熱はとっくに冷めています。そしてそんな事もすっかり忘却の彼方へと消え去った、年も明けた2017年の3月頭にまさかの・・・

富からオハ62系製品化!!←NEW
まさかの正調オハ62系製品化アナウンスでうっわあああああああああああああああああああああああああああ!!でも富製なので客扉表現は浅いままでしょう。それでもオハ61系の車番を変えるだけよりは全然格好がつく事は間違いありません。もちろん、225レのオハ62系は9月発売予定の本品にスイッチします(爆 そして手許のオハ61系は内地向けに転用ですね。なので表題のシリーズは最短でも本年9月まで更新がありません(爆
c0360684_10471684.jpg

今月末にかけて、9ミリ(Nゲージ)モデルは鉄コレも含め、暴力的な再生産&新製品ラッシュであり、節操の無いユーザーはサラ金待った無しでしょう(違 ウチはというと気になるアイテムがあったとしても、大抵は「まあいいか」となって入手に至りませんw では、かといってサイフに優しいかと思いきや、全く別の所で中古品を漁っていたりしますから結局同じです(何 そんなわけで、ウチは殆ど「予約」というものをしないんです。最新での予約実績というと、鉄コレの京阪80形冷改、カトーの中央東線客車列車セットぐらいです。

そんなウチがめズラしくお店で予約をしてきました。モノはラウンコハウスのEF10 24 関門タイプです。予約の「する」「しない」の尺度というものがあるならば、それは必ず入手したいか否かという事ではないでしょうか。そうでないアイテムは「運が良ければ買えるだけ」程度で考えています。

さて、そのEF10 24の関門タイプ、要は無塗装ステンレスボディのEF10ですが、これの実車記録が少ないんですね。web上ではほぼ皆無かと・・・。なので画像の「鉄道ファン」誌通巻391号(1993年11月号)を引っ張り出してきました。
c0360684_1122494.jpg

※「鉄道ファン」誌通巻391号より転載

キャプションでは、門司機関区のEF10のうち6両がステンレス製とありますが、他方巷間では5両説もあります。どちらが事実かはウチは知り得ません1960(昭35)年に門司で撮影されたとされるこの記録ですが、現在構内の殆どが交流化されている門司構内に、直流機のEF10が何故入線できるのか?とも思われるでしょう。この当時九州島内での交流電化はなされておらず、1961(昭36)年6月の門司港~久留米間がその嚆矢であり、この時にEF10から交直流機のEF30へとバトンタッチしています。ですから撮影当時の門司構内は関門トンネルの直流電化区間の延長上であり、EF10が入線できたわけです。

このEF10 24、9ミリでは有井(マイクロエース)が以前に出していました。2003年7月の発売ですからもう14年も前になりますか。ただこの当時ウチはEF10 24の無塗装に今一つ魅力を感じず、後で欲しくなった時にはもう中古店でプレミア化していたというオチw 今回のラウンコハウス製はお約束の「タイプ」ですから、尾灯形状の違い、台車砂箱の数が半分しか無い等々、実車との相違点が多々あります。有井製のEF10 24は、砂箱の数に関しては「実車通り」なので、ラウンコハウス製が世に出てもまだアドバンテージはあるかも知れません。
c0360684_1121474.jpg

数日前に撮影したロクヨン1000の上り貨物です。弊糞ブログにおいて以前触れたのはこの時で、やはり機次位にはランテックのコンテナが載っています。コンテナにも運用があるという事でしょう。

それより何より、この撮影が数日前ですから、ダイ改後・・・そう、改正後もこの運用は残ったのです!通過時刻も変わっていないようなので、今後も出勤時に東海道線東京口での貴重な愛知機関区のロクヨン1000の姿に接する機会がありそうです。しかし画像の1004号機、更新されているとはいえ車齢37年目に突入ですね。国鉄時代は赤字だろうが何だろうが税金で機関車をバカスカ新製してポイポイ捨てていましたが、いまはそんな事が出来る時代ではありません。ポストロクヨン1000がどうなるのか、いささか気になります。

/
/
[PR]

by odoriba96 | 2017-03-18 11:34 | 9ミリ(客車/貨車) | Comments(0)
2016年 07月 25日

「さようならSL」室蘭本線225レの製作(その5)

「さようならSL」室蘭本線225レの製作(その1)
「さようならSL」室蘭本線225レの製作(その2)
「さようならSL」室蘭本線225レの製作(その3)
「さようならSL」室蘭本線225レの製作(その4)
c0360684_15103324.jpg

35系客車2両(オハ35 714、オハフ33 1031)の再塗装と車番転写を終えました。オハ35は青20号を吹き付けましたが、いつも通り違和感はありません(そう思っているだけw)。前回から見るとずいぶん端折っていますが、実際に作業している最中は夢中になっているというか集中していますから、場面場面で画像を撮る事なぞ出来ませんので寧ろ自然な事です(何
c0360684_1513299.jpg

オハ35改め、オハフ33 1031の追設尾灯を見ます。これとて編成中間に組み込んでしまいますから、鉄道模型のディテーリング全てが自己満足そのものである事を端的に示す一例と言えます。
c0360684_15141360.jpg

既にロールアウトしているスハ32と合わせて、今回の35系客車2両で室蘭本線225レの編成半分をクリア、折り返し点となりしました。残りの4両は全て61系ですが、これに手を付けるのは関西大阪行きの後となりますので、暫しのインターバルが設けられます。

その6へ)
/
/
[PR]

by odoriba96 | 2016-07-25 15:16 | 9ミリ(客車/貨車) | Comments(0)
2016年 07月 19日

「さようならSL」室蘭本線225レの製作(その4)

「さようならSL」室蘭本線225レの製作(その1)
「さようならSL」室蘭本線225レの製作(その2)
「さようならSL」室蘭本線225レの製作(その3)

c0360684_1831179.jpg

35系の2両は、オハフ33 1031への尾灯追設を除けば無改造。蓄電池箱も小型のままとします。しかし屋根、車体、床板、台車とも塗装します。
c0360684_18325872.jpg

屋根と足回りは共にツヤ消し黒です。
c0360684_18332699.jpg

足まわりを組み上げて保管します。戦前型と戦後型とでは台車が違う(軸箱の形状)ので、付け間違わないようにw
c0360684_18344821.jpg

オハ35改めオハフ33 1031は、尾灯ケースの接着を済ませました。
c0360684_18352197.jpg

車体塗装は次回です。
c0360684_18343618.jpg

戦後型のオハ35 714の車体塗装も次回に纏めて行います。
c0360684_18361915.jpg

一方、再塗装後の車番転写でストップしていた2両のスハ32、漸く半ツヤクリアーを吹き付けました(車体のみ)。窓セルも所定の幅を改めて切り出して貼付し、撤去していた幌の復元等を進めます。
c0360684_18372431.jpg

予め組み上げておいた下回りとドッキングさせ、2両のスハ32は完成です。

その5へ)
/
/
[PR]

by odoriba96 | 2016-07-19 18:39 | 9ミリ(客車/貨車) | Comments(0)
2016年 07月 15日

「さようならSL」室蘭本線225レの製作(その3)

c0360684_20505244.jpg

「さようならSL」室蘭本線225レの製作(その1)
「さようならSL」室蘭本線225レの製作(その2)

片側妻面の尾灯孔修正、画像の通りです。
よく見ると左右で高さが違うような、左右間の割り付けも均等でないようにも感じますが、これ以上やっても悪くなるだけなので多分気のせいでしょう(何

あとは銀河パーツの装着・・・となるべきですが、微細なパーツの接着に供する瞬着が硬化して使用不可になっていました(汗 長いことというか、間を開けてしまうと瞬着ってダメなんですよね(モノにもよるが)。なのでそれを求めて来ないと、先のスハ32のクリア吹き付けよろしく此処でストップです。
c0360684_20541250.jpg

web上にあったオハフ33 1031の画像によると、客扉の中桟が無い変わったタイプとのことですから、それに倣って中桟をカットしました。
c0360684_20551379.jpg

一方のオハ35 714、ベースはカトーの戦後型折妻のブルーです。ベース言うても、特段の改造はありません。客扉も現車がHゴム窓であったのか不明ですが、屋根/車体の再塗装と車番の転写のみで進める予定です。

その4へ)
/
/
[PR]

by odoriba96 | 2016-07-15 20:57 | 9ミリ(客車/貨車) | Comments(0)
2016年 07月 15日

「さようならSL」室蘭本線225レの製作(その2)

c0360684_12354930.jpg

「さようならSL」室蘭本線225レの製作(その1)

前回からの流れ的にはスハ32のインレタ保護というのが自然ですが、外は充実湿度なのでそれは先送りします。カブり承知でクリア吹くほどウチはドMではありませんので(爆 なので今回はスハ32ではなく、225レ編成中に2両組まれる35系客車に手をつけます。

青色のオハ35 714と茶色のオハフ33 1031とで、色も形式も仲良く?振り分けられていますが、オハ35は戦後型の折妻、オハフ33は戦前型の丸屋根と形態でも差を見せています。もっというとオハフ33は、オハ35を緩急車化改造したもので、故の1000番台となっています。

オハ→オハフへの改造メニューとして先ず思い浮かぶのは尾灯の追設ぐらいですが、これに加えて車掌室窓がどうなっているかもポイントです。この改造オハフ33の車掌室窓ですが、客窓1000mm幅のままのモノと、700mm幅にご丁寧に詰めたモノとの両方が存在します。それも、改造の施工工場や施工年度による明確な分類が無いというのだからややこしい!!(ピク誌35系特集による)

結局は現車確認以外の術が無いのですが、当該の-1031は幸いにもweb上で画像が公開されており、それによれば車掌室窓は客窓1000mm幅のままですから、ノータッチで済みますw しかし尾灯については編成間に挟むとはいえ、やはり追設せねばなりません。
c0360684_12455621.jpg

ベースは実車同様、戦前型丸屋根のオハ35です。見ての通り、妻面に尾灯は見えません。
c0360684_12464650.jpg

形状が正確かは兎も角、銀河のパーツを充当します。
c0360684_12471126.jpg

開孔します。
こっちはまあ何とか・・・。
c0360684_12473718.jpg

反対側は少し高過ぎました。
前後の妻面を同時に見ることは鏡でも用いなければ不可能なので、気にせず済む事も出来るでしょう。恐らくこの穴埋めによる修正で銘板モールドは喪われますが、ウチにとっては銘板モールドよりも、やはり前後の妻面で尾灯の高さが揃っている事のほうが大事なのです。
c0360684_12504174.jpg

本題とは関係ないオマケですが、不要になったポーチの中身を漁っていたら懐かしい名刺ケースが出てきました。
c0360684_12512672.png

そこはまさにタイムカプセル。
色んな出会いがあったのだなと、改めて身につまされる思いです。

その3へ
/
/
[PR]

by odoriba96 | 2016-07-15 12:52 | 9ミリ(客車/貨車) | Comments(0)
2016年 07月 12日

「さようならSL」室蘭本線225レの製作(その1)

倶楽部における年2回程度のオフ会は、言わずもがな模型が中心であり、且つ開催地が僻地だったりするので、実車成分は得てして少なめです。しかし先日の合宿(土曜日編日曜日編)は見ての通り、宿の眼前が江ノ電の線路という極悪なシチュにつき、模型には殆ど触れず、且つアルユールも大して摂取せず(夜も撮影していたから)、更には日曜日早朝からの活動に備えて早めに就寝という、前例が無いと申しても過言ではない健康的?なものだったのです。

まあ、逆に言えばこういった内容での開催が初めてに等しかったですから、あくまでもテストケースとして・・・とも捉えられましょう。次回は秋期の日帰りオフが考えられているとのウワサもありますが、その実、適当な貸レの分布エリアが限定されるのが悩ましいです。

オフ会の意義というものは色々ありましょうが、かつてのような模型に関する談義や情報交換なんてものは殆ど無くなりましたね・・・慣れましたがw 工作するメンバーが殆どいなくなったというのもありましょう。しかしオフ会には生存確認という側面もあります。

思い返すのも辛いのですが、どんなに健康でどんなに若くとも、ポックリ逝くときは逝きます。ですからウチを含めて次回のオフ会で再会できる保障はありませんし、尚且つ今回のオフ会で会えなかったメンバーとは、もう二度と会う事が叶わない可能性も無いとは言えないのです。そう考えると、オフ会の存在意義が変わってくる向きもある、或いはあった事でしょう。少なくともウチはその一人です。
c0360684_2118433.jpg

そんなわけ?で、先の合宿で模型に関する刺激というかインスパイアは皆無であったものの、ウチはウチで造るべきモノは決まっていますから、それに取り掛かります。表題の通りで、過日入線・整備したトミックス(TOMIX)のC57 135の続きモノです。

列車としては余りにも有名なもので、1975年12月14日の225レ(室蘭→岩見沢)を以て、国内の現役蒸機牽引の旅客列車は永遠のものとなりました。この225レは所定であればD51牽引であったところ、TV番組における山口百恵との共演で知名度を得たC57 135がその任にあたり、現在は交通博物館を経て鉄道博物館収蔵とされているのは既知の通りです。その225レの編成は以下の通りです。

 ↑ 岩見沢
 C57 135
 オハフ62 10
 オハ62 119
 オハ62 105
 オハフ33 1031
 オハ35 714
 スハ32 836
 スハ32 847
 オハフ62 13
 
客車の所属はすべて室蘭客貨車区で、オハ35 714が青15号であるほかは、ぶどう色2号の外部塗色となっています。今回はこの編成を仕立てるわけですが、色々考えた末、全車完成品ベースで進める事としました。まずはスハ32から手を付けます。

スハ32の完成品となるとモデモ、トミックス、カトーの3社競作ですが(有井はスハフ32のみ)、カトーはセットオンリー(保有していますが)、トミックスは客扉が浅すぎる等々あり、結局手許で複数両保有していて、且つ車番も入れていない未整備状態のモデモ製を充当する事としました。
c0360684_2118328.jpg

今回は全車完成品ベースという事で手持無沙汰なので、意味もなく?塗り直しますw モデモの旧客はナカセイの焼き直し、要は板キットを1両ずつ組んだものなので、分解というより解体・・・。画像の通り接着してあった窓セルや幌枠、見えないところでは出入台仕切を撤去し、先ずは屋根色のツヤ消し黒を吹き付けます。
c0360684_20581266.jpg

次いで屋根をマスキングし、ぶどう色2号(通称:ウンコ色)を吹き付けます。
c0360684_213656.jpg

まあまあ雰囲気出ました。
車番は一応特定で転写しましたが。半ツヤクリアーを切らしていたのに気付かず、ここでストップです(爆
c0360684_214572.jpg

道内在籍車だからといって、必ずしも蓄電池箱が大型であったとは限りません。しかし大型のほうが雰囲気は出そうです。なので今回の225レでは小型と大型それぞれの搭載車を適宜混ぜます。スハ32は2両とも大型としました。GMの別売りガラベンに含まれるパーツです。
c0360684_216615.jpg

台車枠を含めて床下も再塗装です。
こんな感じで残りの6両も進めて行きます。

その2へ
/
/
[PR]

by odoriba96 | 2016-07-12 21:08 | 9ミリ(客車/貨車) | Comments(0)
2016年 05月 27日

最近の汚買物~JRコンテナなんか大嫌い

c0360684_19481173.jpg

TOMIX
2778  コキ104形コンテナなし  ×6
3130  20C形コンテナ  ×2
3136  19D形コンテナ  ×8
3153  19D-42000形コンテナ  ×5
c0360684_19482636.jpg

KATO
23-501  20B形コンテナ  ×1

TOMIX
3116  私有UR18A形冷蔵コンテナ  ×1
3119  私有UR18A-1000冷蔵コンテナ  ×1
3126  19F形コンテナ  ×1
3142  V19C形通風コンテナ  ×1
3154  V19C形コンテナ新塗装  ×1
c0360684_19484384.jpg

KATO
3024-1  EF64 1000JR貨物新更新色  ×1

TOMIX
2163  EF66(後期型ひさし付)  ×1
3132  T10形タンクコンテナ  ×1


1枚目と2枚目は新品、3枚目は中古です。
しかし買い方を間違えたというか、コキ車本体がどう見ても足りません(何
コンテナとコキをバラバラに揃えるとこうなるからJRコンテナは嫌いなんです(違
/
/
[PR]

by odoriba96 | 2016-05-27 20:12 | 9ミリ(客車/貨車) | Comments(0)
2016年 05月 23日

あれっ、貨車本体は(ry

c0360684_20414697.jpg

先日の事ですが、画像のケースを求めました。
c0360684_20431270.jpg

そこで登場するのが、1月の新年会の帰路にリサイクルショップで入手したコンテナ詰め合わせです。あれから4ヶ月が経ちました(何
c0360684_20444745.jpg

2梱包のうちの1つを開封してみます。水色の18Dはカトー製で、他の赤紫色がトミックス製。しかもその3個は全て形式が違いました。左からV19C、19G、19Dとなっています。19DV19Cはそれぞれリンクの通り単品販売が確認されたのですが、19Gはというとトミックス製はトミックス製でも16番(要は大きい方)しか引っかかりません。

そんなはずはないと深追いした結果・・・ありました。コキ107(コンテナ付)にセットされていたのです。要は単品販売していないんです。パッと見(貨車素人のウチからすれば)同じに見えてしまう赤紫色の一群でも、単品販売無しなんていう気の毒?な形式があるんですね~。これで出自が判明してスッキリですが、19Gというのは割と目にする形式らしく、単品販売されていても不思議ではないのですが、これはメーカーなりの考えもあるのでしょうね。
/
/
[PR]

by odoriba96 | 2016-05-23 21:02 | 9ミリ(客車/貨車) | Comments(2)
2016年 04月 30日

約8年振りのマニ44(その2・了)

c0360684_1243139.jpg

約8年振りのマニ44(その1)

いろいろスッ飛ばして完成です。
素組ですからこんなものでしょう。特別な施しが一切ありませんから・・・。

c0360684_1246068.jpg

今回は旧作と異なり車体色を青20号としています。実車に倣った指定色は本来なら青15号ですが、これまで折に触れての通り、GMの青15号はくすんでいてミスボラシイので敢えてそうした次第です。もっというとマスプロ品でもカトーのスユ15とトミックスのマニ37、どちらも青15号であるはずですが各々で色味が全然違うという体ですから、とどのつまり自身が「これだ」と感じたら何だっていいと思うのです。
/
/
[PR]

by odoriba96 | 2016-04-30 12:49 | 9ミリ(客車/貨車) | Comments(2)
2016年 04月 21日

約8年振りのマニ44(その1)

c0360684_21431237.jpg

表題の通りですが、手持ちの在庫から組み始めました。
画像のセットのうち、マニ36とマニ60は既に切り刻まれて、オニ70になっています。そして残るのがオユ10冷房と今回のマニ44です。GMのマニ44、実は約8年前の2008年秋にもやはり2両仕立てています。

8年前の(その1)はこちら
8年前の(その2)はこちら
8年前の(その3)はこちら
8年前の竣工はこちら
c0360684_21455131.jpg

組みの工程は8年前の何ら変わりません。
c0360684_21462451.jpg

もちろん進歩もありません。
お気楽以上のものを求めていないので当然ですがw
c0360684_2146443.jpg

あとは塗装です。
/
/
(その2)
/
[PR]

by odoriba96 | 2016-04-21 21:51 | 9ミリ(客車/貨車) | Comments(0)