カテゴリ:9ミリ(電気機関車)( 17 )


2016年 05月 31日

EF66 23号機

c0360684_15304349.jpg

1mmドリル刃の補充で作業(いうても軽加工ですが)可能となったので、当該のロクロクに手を付けます。
c0360684_15305914.jpg

そして軽加工終了。
別付パーツはナンバー/メーカースプレート、信号炎管、AW-2ホイッスル、無線アンテナ(選択)、前面誘導掛用手摺、そしてオプションの運転室クーラーです。ホイッスルはいつもの金管仕様とし、無線アンテナも着色しました。そして今回は珍しく、金属製パンタへの着色を試みています。しかし画像の通り言われても判らないレベルです。
c0360684_15335886.jpg

金属製パンタへの着色は「どうせハゲるだろう」という懐疑からこれまで試みた記憶が無いので、作数を以前より絞った(というか意欲が無いだけ)事による余裕の顕れなのかなとも思いましたが、今回は既保有のEF66全てのパンタも塗装する事としました。なおPS22のプラパンタは既に塗装済です。
c0360684_15364959.jpg

運転室クーラー付はこれで3機目です。
ヒサシ無しのオリジナル姿には美しさがありますが、このコテコテな現役感溢れる後天的なバリエーションも好きです。
c0360684_15384221.jpg

手許のEF66はこれで8両、全てトミックス製ですが、民営化後に生まれたカラー(20号機試験塗装、100番台、前期更新色、後期更新色)とオリジナルカラーが4両ずつという絶妙な比率で纏まりました。オリジナルカラーは手前奥から11号機国鉄時代(PS17B)、9号機JR時代(PS22、無線アンテナ)、今回の23号機(PS17B、無線アンテナ、クーラー)、36号機(PS22、無線アンテナ、クーラー、GPSアンテナ)と、時代時代でマイナーチェンジした姿を愉しめたと思います。今後は再三触れていますが・・・被牽引車の充実ですね。最近になって漸くJRコンテナ車入線が果たされましたが先行き不安要素もあり、どうなることやらです(他人事
/
/
/
[PR]

by odoriba96 | 2016-05-31 15:49 | 9ミリ(電気機関車) | Comments(0)
2016年 05月 28日

カトーEF64 1000新更新色の整備とロクロクの蛇足

c0360684_21502795.jpg

過日の3連荘汚買物における最終カットに写る2台のカマ、うち1台のEF64 1000新更新色については別付けパーツを装着し整備しました。それは割とどうでもイイのですが、問題はもう1台のカマであるEF66後期型ヒサシ付で・・・
c0360684_21501833.jpg

ストックパーツのこれを装着したかったのですが、少し以前の某工作中に不手際で1.0mmのドリル刃を折損させてしまい、故、本パーツ装着に必要な1.0mmの開孔が貴重な糞休日に果たせなかったのです。ウチの不手際とは言え、なんともやるせない感慨だけが残りました。
c0360684_2153075.jpg

そんなわけで本日退勤後にこの「刃1本」だけのために寄り道しました。これで次の糞休日に漸く果たせます。手許のロクロクの冷房装置付はこれまでに36号機、および後期更新の34号機をモデリング(んな大袈裟な)していますが、36号機については最終的にPS22Bパンタ・GPSアンテナ装備仕様に落ち着かせているので、手許のロクロクモデルからPS17Bwith冷房装置付Ver.が消滅しています(蛇足ながら逆説的にEF66イコールPS22Bという概念粉砕の記事はこちら)。

なので今回入線の後期型ヒサシ付は付属ナンバーにもある23号機とし、PS17Bwith冷房装置付Ver.をカムバックさせるべく準備と下ごしらえを進めています。ロクロクはヒサシ無しの初期形にも美しさがありますが、後天的な改造でコテコテになった仕様もウチは好きです。要はゼロロクなら何でも・・・ですね。
/
/
[PR]

by odoriba96 | 2016-05-28 22:39 | 9ミリ(電気機関車) | Comments(0)
2016年 05月 06日

たのしいゴールデンウィーク~タキ1000増備とEF58大窓入線

ゴールデンウィークといえば「遠出」と「無駄遣い」!!

ウチはその両方を満たす事は無理なので、無駄遣いだけ実践しました(爆
c0360684_9522052.jpg

いつもの中古品、タキ1000ENEOS8両Bセットとゴハチ大窓の入線です♪

タキスパイラルは1月末に一旦終息していますが、その後の余興でジャンクワゴンから6両の入手を経て此度の8両入線ですので、一旦終息後からでも既にブックケース1個分増車していることになります(汗
c0360684_9574050.jpg

タキ1000の車番違い8両セットは、その「B」たるサフィックスから察せられる通り「A」も存在し、そちらは品番10-825。この10-1167は丼門に在庫がある程度の市場在庫ですし、中古価格も定価から3割引き程度と微妙なところではありましたが、結局モノを言うのはタイミングなのです(何
c0360684_10115539.jpg

なぜ今頃ゴハチ?とも思うでしょう。これもタイミングです(何
ウチが既保有するゴハチは2台ありますがいずれも上越形であり、このところマニ36 59タイプスユ168年ぶりのマニ44というように地味に郵便荷物客車が増え続けている反面、地元としてはやはりメガロポリスに相応しい牽引機はと在庫を顧みればロクニの一次車しか有していないという現実があり、そんな折タイミング良く定価の4割引き程度でブルーのゴハチ大窓と遭遇し、お迎えに至ったのです。
c0360684_10154055.jpg

この品番3020-1、実は6月に「音戸」とリンクして再生産予定となっています。ですが何度でも言うようですがタイミングありきです。付属ナンバーは61、31、53、66、69の5種ですが、61号機は論外としても、他のナンバーですら形態的に該当するのは53号機のみのようです。カトーのナンバーはいつも謎チョイスの印象が強いです。
c0360684_1021119.jpg

前述の通り既保有の上越形2台、そして此度の大窓と手許のゴハチは3台のみですが全てブルーです。これは完全に嗜好ですね・・・何でもかんでもウンコ色にすりゃあいいってもんじゃないです。保存機は特にその傾向が強いですね。画像左から86号機(高二)、35号機(長岡)、53号機(宮原)です。
c0360684_10253482.jpg

・大宮

ゴハチはやっぱブルーだと思います。
民営化以後は東海が保有する122号機と157号機のコンビがそれでしたが、122号機は後に茶色くなってしまい、157号機が孤高の青ゴハチとなったのです。ウチがその157号機を撮れた機会は3度ありました。まずは大宮で「いこい」を従えて上京し、水上まで足を延ばしてしまった折のシーン・・・1992(平4)年10月25日のことでした。国境を越えずとも、水上に姿を現した青ゴハチは往年の「北のゴハチ」を彷彿とさせんものだったことでしょう。
c0360684_10282613.jpg

・国府津

こちらは「丹那隧道60周年記念号」として、14系ハザ4両を122号機とプッシュプルした折のシーン。撮影年月日は失念していたのですが、ググった結果1994(平6)年12月4日とのこと。
c0360684_1033245.jpg

・東神奈川~横浜

withユーロで上京、しかも復路はオリジナルカン付という激しい運用!!これも年月日を失念していたのですが、2001(平13)年2月25日とのこと・・・同じ場所で撮影された画像が出てきましたw この時の前年(2000年)の全検で画像の通り黒ゴム化されているのが判りましょうか。白ゴムよりはこのほうが落ち着いて見えますね。果たして157号機は2007(平19)年にひっそりと現役を退き、原型小窓・茶色化のうえリニア・鉄道館へと収蔵されました。

青ゴハチといえば、オープンしたての京都版てっぱくに収蔵されている150号機、あれがブルーなのは嬉しいですね。束のパックも引退後大宮保管時にブルーに復したものの、結局ミュージアム入りに際してお約束の「原型至上主義」でウンコ色になっちゃうんだもんなあ・・・。酉がクハ103-1を中途半端に弄らなかった事然り、150号機を敢えてブルーとしたのは英断だと思います。
/
/
[PR]

by odoriba96 | 2016-05-06 10:51 | 9ミリ(電気機関車) | Comments(4)
2016年 02月 13日

カトー・EH500(3次形)とEF64 1000(クーラー搭載車)の整備

先日着荷した汚荷物アイテムの整備です。

c0360684_1125740.jpg

先ずはカトーのEH500(3次形)品番3037-1、お約束の中古品です。
実車との縁は無いようで無い?というか、実はスカ線で新川崎通過時にほぼ目にしていたりもします。モデルは最多のグループでの3次形で、トミックスと此度のカトーが共に製品化しています。


早乙女先生:「目玉焼きとはっ、固焼きですかっ、それとも半熟ですかっ」

中沢くん:「どっちでもいいんじゃないかと・・・」

早乙女先生:「その通り、どっちでも宜しい!」


上記の例に漏れずというか、EF210のようにセレクトを決定付けるポイントが無かったため、両メーカーのどちらにしようか少々迷いました。それでもカトー製を選択したのは、EH級電機の元祖であるEH10(カトー製)を既保有している事、そしてトミックス製は別付けパーツが多いのではないかという懸念からです。
c0360684_11395924.jpg

だがしかし、カトー製も別付けパーツが多かった!(驚
これだったらトミックス製でも良かったですね・・・今更ですが。別付パーツは信号煙管、無線アンテナ、碍子、前面手摺、解放テコ、GPSアンテナ、ナンバープレートです。
c0360684_1141382.jpg

うち、GPSアンテナとナンバープレートはスペアがありませんから、ピンセットで文字通り「ピーン」などと弾き飛ばさないよう、割り箸の先に両面テープを貼った治具等を用いて安全・確実に装着したいものです。
c0360684_11431223.jpg

機番は18号機としました。
別付けパーツも確かに有るのと無いのとではパッと見の印象が違ってきますね。しかし老眼入りかけ(かもしれない)のクチからすれば、やっぱ別付けパーツが多いのは正直シンドイです。今回はお陰さまで一点の破損・紛失も無く装着できましたが、ただの偶然でしょう(何
c0360684_11493429.jpg

続いては同じくカトーのEF64 1000番台(クーラー搭載車)品番3024、お約束の中古品です。
これはトミックスから製品化されていないので選択の余地はありませんでした。最新のロットについては手摺が別体化されていますが、此度入線したのは手摺が一体成型のロット。別付けパーツは信号炎管、無線アンテナ、避雷器、ジャンパ栓、ナンバープレートとEH500と比べれば大人し目?です。
c0360684_11553569.jpg

機番は1041号機としました。
そして既保有の一般色1000番台(1997年製品化初回ロット)とのツーショットですが、敢えて手摺一体成型のロットとしたのはこれと揃えるためなのです。
c0360684_11574779.jpg

EH10とEH500のツーショットも。
国鉄時代に一度潰えたEH級電機の系譜が再び甦ろうとは、民営化ゆえの背景というか時代なのか、何が起こるかわからないものです。

以上、此度の2台の入線は、この頃のタキスパイラルによる相次ぐタキの入線に伴う牽引機増強の一環であり、今後の牽引機会が待たれるところです。
[PR]

by odoriba96 | 2016-02-13 12:01 | 9ミリ(電気機関車) | Comments(2)
2015年 11月 27日

武骨なアメリカン・ボーイ~鉄コレED14の整備

昨日の購入に続く顛末です。

c0360684_11403031.jpg

鉄コレの電関シリーズ(第一弾の名鉄デキは除く)も、東武ED5060、三岐、東武ED5080、岳南と続いてきましたが、それまでは共用動力であったのに対し、此度の国鉄/近江ED14では新規の動力が当然のように用意されました。車輪径が大きいのが何だかユニークです。
c0360684_11421612.jpg

車輪径の大きい事は外からでも目立つ事を意味し、ディスプレイ仕様ではスポークのモールドが良く見えて雰囲気がありますが、動力化するとこれがまるまる無くなってしまうので、その点は正直残念です。止むを得ない部分ではありますが・・・。
c0360684_11433629.jpg

ナンバーは意外にも嵌め込み式でした。ただ取り付け孔が相当キツい(塗膜によるもの?)ので、嵌め方を誤ると破損一直線です。車体側面/フロントデッキ手摺ともども、ナンバープレートを下に置いて上からギュッと押し込むのが確実でしょう。その際には上下を間違えないようにw
c0360684_11454737.jpg

国鉄仕様の1号機にはスノープロウが1両分(2個)付属します。近江の3号機ともども片エンドをダミーにすれば1号機のプロウを3号機にも分けてあげられます。但しこのプロウ、組説にもあるように曲線通過の制約を生じさせます。組説ではフロントデッキステップの最下段をカットするよう指示していますが、プロウの幅を詰める選択肢もありましょう。試走の結果C280はクリアしましたが、それより径の小さい曲線はアウトっぽいので、前述の対策が求められると思います。
c0360684_1150162.jpg

ED14は小柄な車体にPS14のデカパンがカッコイイのです。今回の入手ではいつものように趣味検索でさっさと予約・・・とならなかったのですが、これは最後の最後まで?近江と国鉄の入手数量を迷っていたからです。結果的には見ての通り最低ラインの1両ずつというオチだったのですが、これでもパンタ込みで某丼店で諭吉さん一人相当ですから、ホイホイとは逝けないのです(何
c0360684_1153157.jpg

ED14は1926(大15)年に米国ゼネラル・エレクトリック社より4両が輸入された舶来機関車で、新製直後は東海道線で貨物列車牽引の任にあたり、国鉄在籍時末期は仙山隧道を擁す仙山線の作並~山寺間(当時は直流電化)で余生を過ごしました。

手許の資料の限りでは、1961(昭36)年4月1日現在で仙山線管理所に1号機と4号機が在籍しています。他方、1年ズレますが1960(昭35)年4月1日現在で仙台客貨車区に暖房車マヌ34が4両配置されており、故、まずこの両車は冬季の仙山線で手を繋いでいたものと推察します。これによりカトーのマヌ34のカップリングの幅は私の中で拡がり、是非組ませたいと考えています(無論マヌセットは予約済ですw)。
c0360684_1243432.jpg

国鉄を追われたED14は4両とも近江鉄道へと譲渡され、1988(昭63)年3月の貨物列車全廃まで活躍し、現役62年間の使命を全うしたのです。そのED14ですが退役後の今日もなお4両全てが現存し、且つ一部の何両かは車籍も有しているそうです。実際に本線を走行することは叶わないでしょうが、ともすれば同一形態の保存機関車を4両も残すと言うのは滅多にあるものではなく、その壮観な布陣が何時までも残って欲しいと思います。
c0360684_12103822.jpg

それではお待ちかね?の実車の紹介です。以下、画像は特記以外2010年10月9日の撮影で、且つ彦根駅構内における「近江鉄道ミュージアム」での記録です。この頃は豊郷小学校通いで近江行は頻繁なものでした。時すでに220形が消えてしまったのは寂しいですが・・・。閑話休題、先ずはED14が3両並ぶ壮観な画をご覧ください。左端の4号機は国鉄時代をイメージさせる「ぶどう色2号」の装いですが、これは確か1996~97年頃にイベント性をもってして塗り替えられたと記憶しています。

そしてこの3両、仔細に見ますと塗色以外の部分で個体差を有しています。パッと見で左端の4号機の乗務員室扉窓がHゴム支持、真ん中の2号機の乗務員室扉窓は一枚窓なうえナンバーがフロントデッキ手摺のセンターに位置し、右端の1号機は乗務員室扉窓が二段窓にしてスノープロウ装備等々、何とも言えないコアさがあります。あと尾灯の数も違うようですが、これは取り外し可能っぽいのであまり考えなくてもよさそうです(何
c0360684_12175063.jpg

そして残る3号機の形態もまた違うのがED14が恐ろしい子たる所以!!乗務員室扉窓は2号機と同じく一枚窓ですがナンバーが標準的?な運転席側オフセットとなっているわけで、プロウの有無を別としても4両ぜ~んぶに形態差があるのです。
c0360684_12211128.jpg

※2010年7月2日撮影

近江仕様で製品化された3号機は、パッケージにもあるように機械室の窓形状に特徴があり、画像の海側が「田 口」となっているのに対し山側は「日(を90°傾けたもの) 田」となっており、小柄な車体に突っ込みどころタップリのファニーな存在なのです。
c0360684_12262645.jpg

1号機です。
プロウが厳めしさを後押ししていますが、何故かフロントデッキステップの断面下側までオレンジ色がまわっていません。これだけでも印象が違うと言うか些かヌケた感じがします。プロウ両端のオレンジ色はその代替なのでしょうか。
c0360684_1228141.jpg

2号機です。
フロントデッキステップの断面のオレンジがちゃんとまわっているので、こちらのほうが締りがあります。ナンバーが前述の通り手摺のセンターにあるのが異色ですが、その理由は知る由もありませんw 先の1号機ともども側面の機械室窓を比べてみていただければと思いますが、全部違うんですよね・・・凄い個体差です。でも本当に凄いのは、このED14という機関車が4両全数現存する事なのです。
c0360684_12305624.jpg

※2010年7月2日撮影

3号機は先の側面画像で勘弁していただいて(何 4号機です。
近江色からぶどう色2号への大変身ですが、確かこのいでたちでの本線走行はあったかどうか・・・。どのみち今後自走する可能性は薄いでしょう。前照灯のフードもぶどう色2号への復原時に併せて取り付けられたもので、人間もまた然りですが装飾品云々如何で印象は変わってくるものです。目を凝らしてみると車輪がスポークではなくプレートらしきであるのにも注意。来年の公開日にでも再訪したくなってきます。
c0360684_12364387.jpg

手許の舶来機関車も充実してきました。
鉄コレにおける「旧い」路面電車シリーズは沈滞してしまっていますが、この電関シリーズはコンスタントに続けて行って欲しいものです。
[PR]

by odoriba96 | 2015-11-27 12:41 | 9ミリ(電気機関車) | Comments(0)
2015年 11月 26日

鉄コレED14

本日2件目です。

昨日のピク誌最新刊において、もう一つ大事な事・・・
c0360684_2346375.jpg

マジかよ・・・

これまでピク誌は「東武鉄道特集」においても8000系に触れていますが、ここに来て何を血迷ったのかとも思います。それは、これまでの記事類のそれを凌駕する事が出来るのかという懸念・・・ピク誌に限らず、「とれいん」誌やワム刊「ディテールアップガイド」で詳述されている8000系というコンテンツにどこまで踏み込めるかという事です。尤も、こんな一民鉄のニッチな形式を特集せねばらないのも時代なのかも知れませんが・・・。

確かに実車はかつて712両という大所帯を誇るも、近年廃車の大進捗により都心部の支線と北部ローカル、そして変貌著しい野田線での活躍に縮小しています。野田線での稼働が終焉すれば、動態保存の8111Fは別として6Rが消滅するわけで、ここが大きなターニングポイントととなるでしょう。
c0360684_23534827.jpg

そして本日は疲労困憊な躯を引き摺りながら、退勤後に某浜丼店へ・・・。
c0360684_23542969.jpg

鉄コレもとうとう嵌め込み式ナンバープレートの時代です。
詳細は後日にでも。
[PR]

by odoriba96 | 2015-11-26 23:54 | 9ミリ(電気機関車) | Comments(4)
2015年 11月 20日

最近の工口ゲージライフ!!

ウチんとこにトミックスのEF30が入線して、もう1年半が経っていました

実はこの時の入線以降、数か月後にやはり同じくトミックスのEF30を中古で入線させています。ところがこの個体、どうも入線直後から癖があるというか・・・ノッキングとかではないんですが、走りが重いと言うかなんというか・・・。

そんな事も忘却の彼方に消えていたかどうかは別として、先日思い立ってこの2両のEF30を試走させました。会場?は無論ウチの工作机の端っこのストレートコースです。して、後に増備した方を走行させたところ動きがシブい?なので先に増備したほうと動力台車をトレードし、とっかえひっかえで走行させてところどんどん具合が悪くなり、ノッキング気味とな???

でもって、ふと台車裏面を見やれば・・・
c0360684_2157319.jpg

ぎゃあああああああああああああああああああああ!!!!


トラクションタイヤが溶けてまんがな~!!
これ、間違いなく後に増備したほうの台車で、画像のタイヤは原型がまだありますが、もう片方の軸のタイヤは原型を留めないほどデロンデロンに溶けていました。

おかげで線路には黒色の溶けたゴムが点々と付着し、付随する台車も当然のように溶けたゴムで真っ黒け!!滝のような涙を流しながら台車を分解しクリーニングに勤しんだ事は言うまでもありません(涙
c0360684_2204154.jpg

果たしてクリーニングを終え、新しくカトーのトラクションタイヤを装填した後の増備車は走りも完調!!となり、先に増備したほうともども万全の整備を施しました。画像はモリヤのカシマークを装着したEF30ですが、「海峡の機関車」としての夢ですね。E26系とはカラーもマッチしていますし・・・。無論、実車のEF30の交流区間における設計最高速度が35km/hとか無粋なツッコミですw 模型は全ての不可能を可能にする、その嗜みを満喫するのがホビー・・・のはずです(何
[PR]

by odoriba96 | 2015-11-20 22:06 | 9ミリ(電気機関車) | Comments(0)
2015年 11月 08日

Bトレインショーティー「上信電鉄デキ/500形」入線!!

c0360684_16511215.jpg

本日、趣味検索から荷物が届きました。
c0360684_16513551.jpg

開封してみると・・・!!
c0360684_16515118.jpg

Bトレインショーティーの上信電鉄デキ/500形です。パッケージはハーフ&ハーフで、1箱にデキ1両と500形1両がセットされています。なので500形を2両編成とするには2箱所望せねばなりません。とは言ってもウチは500形が欲しかったわけではなく、単にデキが2両欲しかっただけです(爆
c0360684_16535461.jpg

パーツいろいろ。
c0360684_1654513.jpg

Bトレの上信デキは初回品が人気沸騰で市場から枯渇してしまったそうなので、今回が事実上の再生産となります。前回品ではマットだった塗色はツヤ有となり、裾の銀色のラインも追加されています。蛇足ながら前回品で抱き合せられていた500形は緑色パターンです。
c0360684_165614100.jpg

ボンネット部パーツも前回品では登場時仕様?などがセットされていたそうですが、今回品はヘッドマークステーの有無2種のみのセットです。
c0360684_1657314.jpg

そして温めていた動力ユニットがここで登場w
しかしこの動力、そもそもBトレ用であり言うほどのパワーが無く、付属のウェイトで補重して牽引力を稼いでねな体なのですが、上信デキは見ての通り凸型でウェイトを積載するスペースは無きに等しいです。他方、web上では補重も度が過ぎるとモーターがヘタるという穏やかでない記述も見られました。
c0360684_16594012.jpg

そこでウチがとった策は・・・赤枠内を見ての通り、トラクションタイヤの装填です。これにより牽引力が如何ほどデフォと比して向上したのかは未確認ですが、少なくとも空転はしなくなりました。これを試すのは恐らく来週の運転会となるでしょう。
c0360684_171256.jpg

500形はN化する予定が全く無いのでさっさとハコにしちゃいます。しかしBトレ購入なんていつ以来だ・・・ああ、京急1000形のギャラリー号かな?もちろんそれらは一切組み立てられていません。ウチの「積みBトレ」も相当なものです(爆
c0360684_172542.jpg

そんなこんなでパチ組で上信デキがカタチになりました。
パンタはPS13でもグレー系のほうが実車通りのようですが、黒色でも似合っているので現状ではそのままにしています。
c0360684_1743097.jpg

左右側面で機器室の点検ハッチ有無が対照的です。
Bトレは俗に言うショーティーモデルなのですが、この上信デキに限ってはほぼスケール通り(というか寧ろ長い?)という、Bトレなのに全然ショーティーでないというヘンテコなモデル。それ故、皮肉にもに前述の通り前回品は人気が出て枯渇してしまい、今回品まで入手が難しかったものです。
c0360684_1765186.jpg

台車のレリーフは無加工で動力台車に嵌めますと、車体内側に潜り込むぐらいの上方位置にオフセットされてしまい、トミックスのスーパーミニカーブレール(C103)ですと台車レリーフと車体裾が接触し脱線します。そんな急カーブで走行させなければ良いだけですが、台車レリーフと車輪の位置相関のバランスが見た目におかしいというのもあるので、思い切ってレリーフの取付ツメをカットし、ゴム系で適切な高さに接着しました。
c0360684_1712378.jpg

銚子のデキは1922(大11)年生まれ、上信のデキは1924(大13)年生まれ・・・いずれもドイツ生まれの舶来機関車にして、今日も共に動態という素晴らしいもの。実車では一度も顔を合わせたことがないであろう両車を対面させられるのは、模型ならではの愉しみです。



おまけ:
c0360684_1741126.jpg


Bトレと一緒にこんなチラシが同梱されてきましたwwwwwwオイwwwwwww偶然にしてはできすぎやwwwwwww

趣味検索がチラシの類を同梱してくるのは珍しくないんですが、それほどこの大栄車両タイプは「推し」なんでしょうか?
c0360684_1743410.jpg

そのキット内容の予定。
web上の他の媒体の限りでは、中間車化用と思しき運転台撤去延長パーツや、6種の前面なども予定されているそうで、再現の幅は想像以上に広そう?

なので・・・









4セット予約しちゃいましたああああああああああああああ!!キットコレクターばんざあああああああああああああああああああああああああああああいいいいいいいいいいいいいいいい!!


[PR]

by odoriba96 | 2015-11-08 17:19 | 9ミリ(電気機関車) | Comments(2)
2015年 09月 28日

ワールド工芸の銚子デキ3(プラ製)

これの続きです。

c0360684_2028888.jpg

早速組み上げましたが・・・

ボンネット、ズレてるね~(爆


仮組みしておいて、どうしてこうなったし・・・それは腕が糞だからですw
c0360684_2030049.jpg

でもデキ3自体があまりにも小さいので接写しない限りは大して目立たないうえ、両端ともズレている(爆 ので妥協の余地も!まあ造り直すレベルであれば妥協云々よりもそう割り切る外ないだけなんですがね・・・。デキだけに出来もさることながら、肝要なのはその「走り」。着荷直後に試走させたところ二軸とはいえ酷いもので、さらにウェイトを積載すると激しいノッキングを伴うという意味不明のシロモノでした(汗



果たして最終的には「走り込み」もありましょうが、注油を含めた調整やら何やらで人目に耐える?走りに落ち着かせられました。
c0360684_20445319.jpg

順番が逆のような気もしますが、製作過程をザックリ・・・といっても組説以外の事はしていません。同梱ランナーは同じモノが2枚セットされています。なのでパーツによってはスペアが発生しますが、側板や妻板などは当然ながらスペアはありません。集電装置はホイールポール/ビューゲルの選択式ですから、3基の集電装置が余るので他に転用できましょう。
c0360684_20475475.jpg

こちらは組説・・・組みの順序は示されていません。昔のGMキットもそうでしたので違和感はありませんが。窓セルは付属せず、組説によればt0.1のフイルム云々とありましたので、ウチは鉄コレのパッケージ内側の透明ブリスターをカットして窓セルにしました。GMのですと厚すぎて多分ボディがウェイトと干渉します。
c0360684_20504355.jpg

これが塗装前の図です。成型色のままでもよさげですが、落ち着かせる意味で全体にツヤ消しブラックを吹いています。

集電装置はウチの好みでポールを選びましたが、このタイプは1966(昭41)年以前の現役時代のポールとは異なる、2012年に復原された仕様となっています。現役時代のポールは屋根との間に簡単な台座を介すのみですが、復原仕様では完成画の通りヤグラを介しているのです。なので厳密なモデルタイプを追求する向きはご注意を。蛇足ながら、塗色と集電装置の相関を簡単に記しておきます。

・1966(昭41)年  ポールからビューゲルに換装
・1973(昭48)年頃 塗色を黒からベージュ/ローズに変更
・1982(昭57)年  塗色をベージュ/ローズから黒に変更
・2009(平21)年  塗色を黒からベージュ/ローズに変更
・2012(平24)年  ビューゲルからポールに換装
・2013(平25)年  塗色をベージュ/ローズから黒に変更
c0360684_20572830.jpg

実車も「日本一小さい電気機関車」(除バテロコ等)と言われるぐらいですが、ワールドのそれも本当に小さい!タミヤエナメルの小瓶がこんなにも巨大です。老眼入りかけの疑いがあるウチには少々しんどかったです。あ、それがボンネットのズレの言い訳になるかぁ!(爆
c0360684_2059424.jpg

すったもんだでカタチになったデキ3と、デキだけに出来あい(←しつこい)の鉄コレ銚子ファミリーを並べてみます。ウチは銚子結構好きなので画像の陣容です。デハ301のベージュ/ローズのパンタ仕様って違和感ありますが、実車では数ヶ月間?見られたようです。しかしこうして並べてみると、デキ3はスケールでもまだ大きいんですよね・・・実車のデキは他の電車よりも一回り以上小さいのですから。
c0360684_2123769.jpg

それにしても小さな車体がポールをかざしてジジジ・・・と走る様は絵になりますね。癒される思いです。動画の如く直線を往復させるだけでは面白くない、もっとこうレディ・トゥ・ランで日々の中で手軽に周回走行を楽しめまいか・・・気が付けば、ホコリを被ったかつてのモジュオフ製作資材の中から、余分に切り出してあった30センチ四方のMDF材を手にするウチが居ました。

デキ専用と割り切れば、トミックスのC103で十分でしょう。さすれば直径は約210mm・・・若干の端数直線なら組み込めるか。シーナリィは?施工時間の確保は?難題が無くもがなですが、要はヤル気でしょう。
[PR]

by odoriba96 | 2015-09-28 21:09 | 9ミリ(電気機関車) | Comments(4)
2015年 07月 25日

続、鉄コレ・岳南電車ED402

昨日記事の続きです。

前照灯のライトレンズを紛失してしまった件ですが、心当たりはきちんと?あります。

あれや・・・

フロントガラスを外す際に屋根板も外したわけで(結果的には屋根板を外す必要は無かったと言う(糞 )、それを嵌め戻す際、屋根板のツメが結構デカいので「バチーン☆」と車体に嵌め込んだのね。それプラス前面窓を外す&嵌め込む際のグリグリで・・・心当たりばかりで失語症待った無しです(何

なもんでフロントガラスをチョメチョメした2エンド側の前照灯レンズが行方不明となったのは当然の帰結。
して、このまま放置も無様ですので無いアタマを捻った結果・・・
c0360684_217574.jpg

手許にあった銀河の国電101系/キハ35系用の前照灯パーツの樹脂レンズを嵌めてみたところ、ピッタリだったのでこれを充てて凌ぐ事としました。但し寸法的にピッタリなだけですので、ゴム系等で接着する必要があります。
c0360684_2194336.jpg

というわけで、先ずは紛失の張本人である2エンド側に充当。
して、前後でライトレンズの形状が違うのもアレと考え、前後で揃える事としました。しかし失意でパコーンと外れてくれた?ライトレンズ、故意では簡単に外れてくれません(涙 まあ、そんなもんですよね・・・。

なのでライトレンズ表面から細いドリル刃で開孔し、最終的に抉るようにして外しました。そしてとばっちり?を受けた1エンド側も・・・
c0360684_21122829.jpg

2エンド側同様、銀河の樹脂レンズでお揃となりました。
c0360684_21132036.jpg

デフォルトのライトレンズはキラキラしていて存在感はありますが、実際にはライトケースから僅かに突出(要は車外にハミ出している)しているので、却ってこのように銀河の樹脂レンズに代替したほうが実は実感的であったりもします。「怪我の功名」と言えば聞こえは良いですが、そもそも車体分解さえなければ発生しなかった作業であり手放しでは喜べない面もあります。

まあ、そうは言っても前照灯レンズが無いのはサマにならないので、取り敢えずウチの不注意とはいえ何とか収まってヨカッタです。件の銀河パーツの不足分はそのうち買い足しておきます。それ以前に着工の目途がまるで無いんですが(汗
[PR]

by odoriba96 | 2015-07-25 21:21 | 9ミリ(電気機関車) | Comments(4)