赤い電車は臼い線

odoriba96.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧


2015年 05月 31日

続・カトー115系300番台

先日の表題アイテム入線の後刻談的なものです。併せて、旧ブログにおける115系組成例記事も参照下さい。
c0360684_2219246.jpg

先ずは前面貫通扉の向こうに・・・運行灯っ!?
パーツの構成上の都合かかなり奥まっている上に、上部から見下ろす機会の多い9ミリにあっては悲しいかなぶっちゃけ意識しなければ目立ちません。とはいえどもメーカ側の拘りというか必死さの顕れの一つとも捉えられますが、800番台非冷房では再現されていなかった部分なので、それ以後のモデルからなのでしょうか。
c0360684_22221173.jpg

添付ステッカーにも運行灯の列番が収録されています。ということは800番台のそれとは完全な別物というわけですが、ここで各々のステッカー収録の行先を列挙してみましょう。


800番台・・・新宿、立川、高尾、塩山、甲府、韮崎、小淵沢、上諏訪、松本、長野、普通、普通(紺地に白抜き)

300番台・・・新宿、立川、高尾、河口湖、塩山、甲府、韮崎、小淵沢、松本、長野


以上の通りですが、ステッカーにおける体裁として単に収録内容が異なるのみならず、800番台にあってはクモニ83用の前面幕を収録、300番台にあっては前述の運行灯列番を収録していますから、とりあえず最大公約数的な内容プラスアルファで丸く?収めたといったところでしょうか。無論、両方とも揃えたウチに隙はありませんが(何
c0360684_2231279.jpg

時代設定(国鉄時代)によるものでしょうか、側面字幕が何とも懐かしい準備工事施行状態です。ウチが糞餓鬼の頃は東海道線の113系2000番台でもこんなのが居た記憶がありますが・・・。
c0360684_22333754.jpg

クハ(画像左)/クモハ(画像右)の各々の車端部における吹き寄せですが、分電盤の有無?でちゃんと幅を違えてあるのが流石「痒いところに手が届く過度」の面目役如でしょううか。

巷間では「腹話術、中目シールドビーム、帆立タイフォン」だのと散々な酷評もあったりで好き嫌いが分れているようですが、パッと見は中庸を行くアッサリした仕上がりかと私的には思います。何が何だって、一昔前の113系2000/1500番台のような「テーパー付き中目シールドビーム」と比して何と進歩したか・・・とさえ思えてしまうのです。
[PR]

by odoriba96 | 2015-05-31 22:38 | 9ミリ(国鉄・JR) | Comments(0)
2015年 05月 30日

カトー115系300番台/クモニ83800/クモユニ82800入線!

そんなわけで本日退勤後、懲りずに某浜淀に寄り道しますた。
c0360684_2233852.jpg

そこでの買い物はこちら・・・昨日あたりに某丼店などでは入荷したであろうカトーの115系300番台(増結)/クモニ83800(T)再生産品/クモユニ82800(T)です。
c0360684_2244637.jpg

しかし値付けを見ての通り、再生産品のクモニ83800(T)が2割引きなのは兎も角として、新製品のクモユニ82800(T)は0.5割引き、同じく新製品の115系300番台(増結)は2割引きとかその基準がよく判りません。入荷量とかなのでしょうか?言わずもがな、入荷日は同じはずですが・・・ま、何にせよ定価よりも廉価なので割とどうでもイイんですがw
c0360684_2274114.jpg

気になるシールドビームのそれですが、テストショットよりはライト周りがスッキリしていて、言うほど腹話術を感じさせません。やはり「写真うつり」というのは大事なようで(何 まあ尾灯と径が大差無いのはいつもどおりですがw
c0360684_2291337.jpg

手持ちの800番台非冷房車と並べてみます。
こうして見ると、ちゃんとシールドビームしているなって思えます。あと、ジャンパ栓の受けが増えてますね。電纜もどきのカプラー本体は突っ込んじゃダメよ(大爆
c0360684_2228484.jpg

それより何より、ウチは中間モハを眺めて感動した!
これこそユニットサッシやと・・・しかし何故クハ/クモハ/サハを見て感動しなかったのかは謎です(謎
c0360684_2214833.jpg

早速繋げてみますた。
c0360684_22143463.jpg

画像奥のシク方から、McMT(非冷房)-McMTTc(非冷房)+McMTc(300番台)という実際にあった変則10連もこれで再現できます。今回は予算の都合で115系300番台は増結のみの入手でしたが・・・。
c0360684_22195592.jpg

クモニ/クモユニと非冷房車を繋げたり・・・
c0360684_22202465.jpg

ハアハアしすぎて萎みそうです(爆


クモニ83800のウチのオデコみたいな禿げ上がり屋根がたまんねえっすw
クモユニ82800ともども品番のサフィックスが-1なので、今後湘南色の展開もあるんですかねぇ?大いに気になります。末筆ながら禿げ上がり屋根(正しくは張り上げ屋根・・・真面目な鉄ヲタはゴメンねw)風味のクモニ83800は大井工場謹製の83800~83805の6両が該当。115系に雨樋高さを合わせるという職人魂が炸裂した「シンデレラ」的存在・・・涙モノです。

そして更に更にの末筆ですが、今回新製品であるクモユニ82800、実車は82800~82802の3両のみと少数派です。後の増備車(0番台)は高屋根withPS23パンタで汎用性を持たせているためです。何あれ、スカ色近郊形と伴侶の荷電はたまりませんね・・・♪

/
/
[PR]

by odoriba96 | 2015-05-30 22:27 | 9ミリ(国鉄・JR) | Comments(2)
2015年 05月 29日

【相模線維新】GM205系500番台・その3【205参上】

【相模線維新】GM205系500番台・その1【205参上】
【相模線維新】GM205系500番台・その2【205参上】

現時点までの進捗です。
c0360684_20411893.jpg

ベンチレータを切り出し整形のうえ、屋根板に嵌めてみました。
本接着は無論ベンチレータ塗装後となります。
c0360684_2042156.jpg

側板を切り出し、くろま屋さんのインレタをビード間に転写します。ゲートをヤスリで整形すると裾がメクれますので、そのメクレを指先で復原する事も忘れてはなりません。
c0360684_20434873.jpg

前面/妻面との接合も合いを見極めたうえで本接着。先ずは白キャップで接合し時間を掛けて固着させ、その後裏面から緑キャップを流し、瞬着も盛ってやれば実用上問題無い強度は保たれるはずです。接着剤の量さえ見誤らなければ、塗装済み板キットが難しいなんて事はありません。(その4に続く)



以下、楽屋話



ふと気が付けば毎年恒例のモジュールオフ合宿(ただの呑み会ともいう)開催まで一月を切っていました。
2006年7月開催を皮切りに9年目を迎えたモジュオフですが、ここまで紆余曲折、様々な事象がありました。

そんなモジュオフの今年開催は、年始早々から雲行きが怪しくなっていたのを思い出します。まずレギュラーの某氏と対面で開催如何の話題に及んだ際に「(今年は)やめる?」といった消極論が出たうえ、これまたレギュラーの某氏はご子息の少年野球最終学年という事でそちらへ傾注する故、スケジュール的に参加は無理とも知らされました。

メンバーが他に居ないわけではありませんが、そんなわけですから少しでも参加者を増やせないかとウチは考え、例年足柄の山中での開催であったのを2007年6月開催時と同じく「都内」に出来ないものかと思ったのです。その施設は代表者が都民ないし近傍在住者でなければ利用できなかった筈・・・ということで、清瀬の某JJさまにそれまでの経緯を打診し快諾いただき、一応のメンバー意識調査を内部掲示板で行った結果、足柄よりも都内開催が多く望まれたため、最終的に思惑通り?に落ち着いたのです。

しかしここからが難しかった。
確かに都内開催という事でハードルが下がったのか、反応はそれなりにあったものの種々条件が重なってしまったようで参加者が集まりません。現状、宿泊者の参加人数は恐らく過去最低でしょうし、ウチ自身もクルマでの便乗が今年は無理となり電車移動である為モジュールも持ち込めず、色々とトーンダウンの要素はありますが、ここ近日においてスケジュール的に無理であった筈の某氏が、滞在時間の長短は別として現状泊まりで参加可能へと好転した事は、やはり都内開催を提案しておいてよかったなと改めて感じたのです。

「無理(今回のように開催地を慣例から大きく変更する等)をしてでも付き合いを設けないと、切れてしまう縁もある」

「旦那が2」のセリフではありませんが、まさに的を射てると思います。
一昨年の守さんとの死別然り、今を生きる一人一人との付き合いも永久に保てるものではありません。だからこそ、それが年一度であってもそこに場を設ける意味合いをひしと噛みしめ、その「縁」を紡ぐ一人であり続けたいと思います。
[PR]

by odoriba96 | 2015-05-29 20:46 | 9ミリ(国鉄・JR) | Comments(2)
2015年 05月 28日

本日の・・・

退勤後に目にした雑談レベルのカスネタです(何
c0360684_2345448.jpg

先ずは横浜駅スカ線ホームから!
小休止がてら降車し一息ついていたら、ウワサのあの京急が!
画像のN1000SUSですが、乗務員室直上の異変に気付かれますか・・・。
c0360684_2361971.jpg

トリミングwitu青枠で大公開!
そう、見ての通り「コップを逆さまにしたようなアンテナ」が備わっています。

これは現行の誘導無線(IR)から空間波無線(SR)への移行に備えたもので、今日明日にというレベルではありませんが、恐らく800(Ⅱ)や2000の完全撤退にシンクロするのではと思います。因みにこの時目にしたSR装備編成はこれのみでしたが、8Eや8VでSR台座を準備した編成は複数目撃したので、今後それなりのピッチでSRが装備されて行くであろう事は想像に難くありません。

1000(Ⅰ)が引退した時点でウチの中では決まっていたようなものですが、こうしてどんどん京急らしさが薄れて行くんだなぁ・・・と思います。
c0360684_2314781.jpg

そのスカ線ホームの東京方特定箇所で如何なる編成もバチバチとパンタからアークを飛ばしていたので、狙ってみましたが・・・まあ腕は無いのでこんなものですね(汗
c0360684_2315762.jpg

そして踊場駅ポスター。
ついに横浜市営地下鉄有史以来の快速運転が、7/18(土)であると公にされています。まあウチの通勤時間帯のは全く被らないのでぶっちゃけ縁はなさそうですが・・・。
[PR]

by odoriba96 | 2015-05-28 23:16 | ある日の出来事 | Comments(2)
2015年 05月 27日

最近の・・・(タキ1900ほか)

c0360684_11314590.jpg

諸々。
先ずは5月21日、趣味検索で予約していたタキ1900(秩父セメント)が着荷しました。それにしても某P店のハンドブレーキのハンドル、外れやすいです。画像の通り1両はケースから取り出しただけでポロリしました。なので念のため3両ともハンドルはゴム系で接着しておきました。
c0360684_11315269.jpg

と、ここで手許が滑って1両が床に落下!
カーペット敷きであったので大破は逃れましたが、ステップの片側が折れかかってしまったのでコッソリ接着しておきますた(汗 それはさておき肝心のアイテムの出来ですが、ツルハシマークが既出のタキ12200などのそれと比してやや赤みがかっていて色調が揃わなかったのが少し残念。それ以外は特に無く及第点かと思います。
c0360684_11333631.jpg

でもって5月22日、退勤時のマイアミ駅頭にこんなものが・・・。
c0360684_1134426.jpg

まるでヘッドマークのようですが、これと同じような(というか同じ?)デザインで20周年の際には205系や209系500番台にヘッドマークを掲出し営業運転に供されていました。あれからもう5年も経ったのかという感慨然りですが、イベントの有り無し規模の大小は担当者?如何という事なのか、アニバーサリーである今年3月にはヘッドマークの掲出はおろか何らのキャンペーンもなく、その四半世紀の節目がスッカリ忘れ去られようとしていた矢先でした。それだけに「せめてもの」という気概の有志が居たのか、斯様な控えめの主張には些かのショックを禁じ得ません。
c0360684_15254125.jpg

5月24日。
先日の赤羽で某氏から拝領した東武トキ用の白色社紋デカールを貼付しました。車番も前回のを一度剥がした上で再貼付しているのですが、塗装面にマークセッターを塗るも弾かれてしまいます。マークソフターを貼付後に塗ったりしたものの、デカールの貼付は感覚的なものがサッパリです。
c0360684_15281525.jpg

とりあえず東武トキはこれにて完全竣工です(積荷は別)。
あとはタキ/ホキ/ワキ/ヨと混成の走行機会があるかどうかですね。
c0360684_11401523.jpg

そして昨日5月26日。
発売日の退勤後に寄り道し求めようと企むもアルコールの影響で失念し、まあその内に買えば・・・とはならず、某スレで瞬殺瞬殺と騒がれた果てにまさかと思い某丼店の在庫を見れば、確かに一般色は売り切れで「ゆめぞら」が僻地店舗に残るのみという、まさに実車事業者の先行きの不透明さから生じたであろう「ほくほくバブル」が炸裂していたのです。

昨日は久々にアキバに出、相模線205系のATS車上子パーツを求めがてらダメモトで探してみる事としたのですが、確かに某楠でもそれらしい影も形もなくコリャ駄目かと諦めムードで訪れた某丼店のカウンターに見本が置いてやんのw スタッフに申し付けたら奥の梱包箱から拾ってきたので再入荷したのでしょう。しかし今朝方webを見たら在庫は再び無くなっていました。
c0360684_11462385.jpg

鉄コレも第1弾からの付き合いですが、素材的な愉しみもあるとはいえ、今日日のこのHK100のような精緻さはまさに10年の進歩でしょうか。最近では東武のヨ太郎が「私の最高の鉄コレ」でしたが、このHK100もナカナカ魅せてくれます。塗装も大きな乱れなどなく、ブレーキ抵抗器を載せた賑々しい屋上ディテールや台車スノープロウ、新規の床下機器など見どころイッパイです。
c0360684_11512323.jpg

ところでウチが今回HK100を求めたのは決して「ほくほくバブル」に乗じたからではなく、画像の品があるからであり・・・カトーの681系2000番台「スノーラビット」、いわゆる特別企画品のファーストロットです。これが出て直ぐには求めなかったのですが、欲しくなり始めた折にはもう近傍で見かけなくなっていて、web上から某中京地区の模型店に在庫を見つけ通販で入手したシロモノです。その後皮肉にもまさかの再生産されてしまい、車番が変更されていたら(実車が2編成あるので)買ってしまおうと言う苦し紛れプンプンだったのですが、結局車番は変更されなかったので2本目は求めず、今日に至ります。

683系8000番台もまあまあ魅かれたのですが、前面のライトまわりが電脳ヌメヌメ的で・・・と迷っていたら、数か月前には某丼店にも在庫があったのが、今や件の「ほくほくバブル」で高騰し蒸発しつつあります。定価店でも求められればそれに越した事はありませんが、なんせ模型店自体がここ10年で激減しましたからね・・・まあ心当たりは有りますが(何
c0360684_11574538.jpg

何にせよウチ的には681系2000番台のほうがお気に入りですから、このまま推移するのかなとも思います。蛇足ながら実車には一度だけ乗った事がありますが、失礼を承知で言い回すと車窓が単調(トンネルも多い)な上に車内自体は681系ですから特に感激しなかったのを覚えています。やっぱ実車は広大な平原とか山岳背景とか、外から絵になるロケーションで編成をズガーン!!と視界に捉えるのが最高だな・・・。いわばまさに「模型視点」にウチは心惹かれるのだろうと思います。
[PR]

by odoriba96 | 2015-05-27 12:02 | 9ミリ(総合) | Comments(2)
2015年 05月 25日

一服

c0360684_224953100.jpg

・1991(平3)年4月2日 上野にて 画像左の電気釜は1063M(今は無き18番線)

日々のルーティンーン、色々あるわけで・・・。
今日に限らず、明日明後日と。

そんなわけで一服の清涼剤画像になるかは別ですが、あの頃は「国鉄色」なんて言わなかったよな。
フツーに「特急色」だった。それほど「国鉄」が疎遠になっていなかったんだなって、今更ながら想う。
[PR]

by odoriba96 | 2015-05-25 22:53 | 記憶のレール(国鉄・JR) | Comments(0)
2015年 05月 24日

【相模線維新】GM205系500番台・その2【205参上】

【相模線維新】GM205系500番台・その1【205参上】

次に手を付けるのは半年後と宣っていましたが、あれはミスリードです(何
c0360684_21453534.jpg

かといってその後大したことはしていません。
クハの床下機器を並べ直しましたが、まだ検討中の部分があります。
c0360684_21463230.jpg

屋根板の必要箇所に孔を開けます。
一部嵌め合わせがキツかったので塗装後の厚みも計算して太目の径でモンでいます。部品同士の合いの確認は基本項目です。
c0360684_2148553.jpg

これらの作業と前後して調達したパーツ類。
パンタグラフは菱形とせず、カトーのE233系3000番台と時代設定を揃えるべくシングルアームとします。なので保安装置も必然的にATS-Pというわけで、車上子パーツも求めました。しかし今になって、どうやらATS-SN車上子も残っているっぽい(そりゃそうか)事が浮上し、故にクハの床下機器が検討段階で止っているのです。
c0360684_21515631.jpg

車番は添付のデカールに収録されていますが、帯色は変色し車番周辺も黄ばみ始めているあたりから旧いロットだったのでしょう。パンタも板バネですし・・・。なのでデカールが使えない(使いたくない)となれば代替品をとなるわけで、体よく「くろま屋」さんが相模線205系用の全編成車番収録インレタを発売しており、通販で求めました。

その3に続く)
[PR]

by odoriba96 | 2015-05-24 21:54 | 9ミリ(国鉄・JR) | Comments(0)
2015年 05月 24日

拝啓、山田(仮)様

本日(日付的には昨日)は開店休業状態のルーティーンを投げ出して(違 退勤後早々に川口の山田(仮)様こと某氏とお会いしてきました。
c0360684_014142.jpg

場所は赤羽・・・ということで東京からはUTで向かいます。
いきなり来たのは回送列車ですが、7番線に着いたかと思いきや間髪を入れず即発車。グリーン車のシートが下り向きに揃えてあったので上野発の送り込みの類でしょうか?
c0360684_033261.jpg

そして赤羽に到着しましたが、北コンコースの様相が一変していて・・・
c0360684_041469.jpg

エキナカの事しか考えていない富田の暴走の恩恵をタップリと受けた赤羽駅構内は糞化していました(大爆
何が何だって、糖尿病の元になりかねないようなアイテムばかりをゴリ押ししテナントに自由度を与えない偏向的なやり方が度し難いのです。
c0360684_084213.jpg

そしてまだ陽の高い赤羽駅東口に到着~。
駅前には立ち食い蕎麦店を始め、数多の供食スポトが充実していて羨ましいです。土曜日というせいもありましょうが、駅頭における酔っ払いの多さには失語症待ったなしでしたが(大爆
c0360684_012613.jpg

ほどなく某氏と無事合流し、まずはお馴染みの立ち呑みで軽く仕上げてから東口北部の界隈を目指し・・・
c0360684_0135592.jpg

1番街に到着。
c0360684_014111.jpg

そして「OK横丁」へ・・・この佇まいがイイですね。
c0360684_0161258.jpg

2軒目はウチの希望で、あの「黙っていると串がどんどん供される」レジェンド酒場です!(大爆
c0360684_01719100.jpg

既にベロベロですが懲りずにパンカ~イ♪
c0360684_018284.jpg

そしてお開き・・・。
ラーメン店に突撃しようとする某氏を必死になだめながら赤羽駅に戻り、改札内では様々なレクチャーを受けつつも某氏の行く先が気掛かりで酔いも程よく醒めて行きます(大嘘 しかし何より某氏とは昨年の忘年会以来約半年振りの逢瀬でしたが、ウチのハゲかけの喫水線に目をやり・・・

「白髪、増えた?」


という反応を戴けたあたり、ウチの日頃の労苦が幾許か察せられたのではと思います(何
c0360684_023255.jpg

巣に還るにあたってはやはりUTとなるわけですが、ホームに上がれば埼京線唯一の205系を目撃!ウチは武蔵野線車両でほぼ毎日見ていますが、やはり帯色が変わるだけで新鮮味がありますね。
c0360684_0241296.jpg

某氏からは某国の時刻表と、東武トキ用の社紋デカールを拝領しました・・・ありがとうございます!
[PR]

by odoriba96 | 2015-05-24 00:24 | お出かけとかオフ会とか | Comments(0)
2015年 05月 22日

何やら・・・

九州で特急が正面衝突未遂だのと騒がしい。
見れば単線交換駅で、停車していた885系に787系があわや・・・という図式のようです。
俯瞰撮影の画像から察するに、885系が停車していたのは安全側線が開いていない側の線で、要は一線スルー式の交換駅なのでしょう。

現地の識や土地感がゼロなので断言はしかねますが、恐らく787系は「通過する」側だったのではないかと。そう考えると、それが90ウンメートル手前であれ運転士が分岐器の開通方向の「異常」に気付き非常制動をかけたお陰で、事なきを得たのではとも思います。尤も、事の真相は一知半解の三流コメンテーター然り、「常識人」気取りの有識者然り、ウチみたいな素人以下が要らぬ口出しをするまでもなく今後明かされるでしょうが。

して此度の一件で思い出したのは、1989(平元)年4月13日にJR東海管内で発生した飯田線北殿駅における正面衝突事故です。これも単線交換駅での事で、停車していた3連の165系に2連の119系が異線進入し正面衝突の重大事に至ったもの。この当時のスクラップをリアルタイムでウチは保管していたので、ここに紹介する次第です。
c0360684_22222463.jpg

c0360684_22223633.jpg

c0360684_22224920.jpg

若い世代には想像もつかないでしょうし不便さばかりが先んじて考えたくもないでしょうが、スクラップ記事の通り四半世紀前の庶民はスマホはおろか携帯電話さえ有していません。だから斯様な有事の際には電話ボックスや駅構内の緑電話に並ぶのが常だったわけで・・・。翻って2015年の今日、駅構内の緑電話もウチの知る限りでは相当撤去が進み、隔世の感を覚えずにはいられません。
[PR]

by odoriba96 | 2015-05-22 22:41 | 記憶のレール(国鉄・JR) | Comments(2)
2015年 05月 20日

【相模線維新】GM205系500番台・その1【205参上】

先日の無駄遣いで入手したGM(グリーンマックス)の相模線205系500番台キット。正直、工作の類を成す気力はもう無いのですが惰性で手を付けました。お手付きキットとなる公算大で、次回手を付けるとしたら半年後か、もう二度と手を付けないかもしれません。そんなわけで全く先行きの期待できない記事は捨ておいて、旧ブログの相模線キハ30回想録記事でシッポリしていただきたいものです(何
c0360684_22145838.jpg

車体は板状ながら塗装済みですから言うような工程もないわけで、なので最も弄るであろう足回りから手を付けます。GMのキットはモノにもよりますが、床下機器はオマケ程度との認識が適切でしょう。全く使い物にならなかったり、他のバルクパーツを充てたほうが近似するケースが殆どだからです。
c0360684_22174395.jpg

今回の205系500番台もまさにその例で、201系用の床下機器が付属しています(201系用としても正しくないのですが)。なのでモハ205には手許のストックにあった「B」ランナーを充当。後期型主抵抗器(画像赤枠)や主制御器/励磁装置(画像青枠)がピッタリです。対するモハ204には「A」ランナーを充当し、それぞれ適宜各部位を切り出して接着します。
c0360684_2221782.jpg

動力車はモハ204としましたが、GM旧動力の床下機器取付用の蹴込みはトレーラーのそれと比して浅く、床下機器の取付座もそれに合わせて高さを詰めないとエラく不恰好になってしまいます。なので今回は僅か2両分のみの仕上げですが、見た目以上に手間がかかっています。次回はクハの足回りを予定しています(半年後)。

その2に続く)
[PR]

by odoriba96 | 2015-05-20 22:28 | 9ミリ(国鉄・JR) | Comments(0)