2017年 03月 02日

100系「スペーシア」

この記事が事実上のフラグであったわけですが・・・。近日中に某氏の音頭で快速6050系へのお名残り乗車と、そして・・・
c0360684_2225885.jpg

※1990(平2)年10月28日 鐘ヶ淵~堀切 「スペーシアけごん1号」

100系スペーシア初乗車!!


です。
画像の如くの四半世紀以上前、ウチは実車が1990(平2)年6月1日に就役してほどなく撮影しているにも関わらず、まだ東武100系に乗車した事はありません。そこで此度のツアーにおいて、「スペーシア」としてのみならず、民鉄優等車両における最高峰とも言える「個室」乗車も併せて果たされる見込みとなったのです。

国鉄~JRの寝台客車群を別とすれば、1両まるまるが完全個室のハコというのは、恐らくウチの知る限り「空前絶後」にして唯一の存在であり、それが東武100系の編成一端に連結されているのです。その一端のハコはモハ100-1形(6号車)で浅草方の先頭車ですが、蛇足ついでに言うと形式と号車が逆順なのが何とも・・・ですw
c0360684_22173242.jpg

「鉄道ファン」誌 通巻354号(1990年10月号)です。
c0360684_2218571.jpg

京急ファンとしても知られたロンちゃん(物故)による、東武と京成の「100系」乗り比べ記事は、四半世紀以上経て今尚色褪せないもの!京成のAE100は一足先に引退しましたが、かつて浅草乗り入れで確執を有した両社が、1990年に奇しくも同じ「100系」を世に送り出したのは因縁たらしめたるものがあります。
c0360684_22235583.jpg

まだ200系がデビューしていないとか・・・。
しかし、この時期があったからこそウチは好きになりましたね。運命なんてわからないものです。でなければ東武沿線への通勤通学履歴の一切無い横浜在住の鉄ヲタがどうして好きになろうかと(爆

/
/
[PR]

# by odoriba96 | 2017-03-02 22:26 | 記憶のレール(民鉄その他) | Comments(8)
2017年 03月 01日

6050系

c0360684_2245232.jpg

ダイ改のプレスがリリースされましたが・・・・何処とは申しませんが、今頃になって過大評価されているフシがありますね・・・6050系。
c0360684_2251587.jpg

そもそも6050系の前身である6000系は、ガラクタ同然のハコを繋いだ「準快速」の刷新を図るべくして誕生したわけで。そう、まだ有料特急が大衆化していなかった、即ち「耐貧」」から「一億総中流」への脱却途上の時代の申し子だったのです。

そんな流れを汲んだハコが、たとえ更新されていようとも料金不要列車として21世紀もとうに20年近く経ようという今日まで生きながらえた事は、良く言えば奇跡そのものでありましょう。他方、間違いであったとするならば?それは、此度の料金不要快速の全廃で不満しか連ねない「時代錯誤」な輩が続出するという、悲惨な現実が全てを物語ると思います。

/
/
[PR]

# by odoriba96 | 2017-03-01 22:58 | 記憶のレール(民鉄その他) | Comments(2)
2017年 02月 28日

国鉄臭がすごい~鉄コレ・富士急5000形

c0360684_18341613.jpg

先日中古で転がっているのを見つけた、鉄コレ・富士急5000形です。一般流通のオープンパッケージ品で、2010年の発売ですからもう7年も経ちますか・・・。「工作派気取り」の頃に買いそびれたアイテムの一つです。

この富士急5000形、実車の薀蓄はwikiナントカを参照いただくとして、ウチ的には結構好みの電車です。現在は人面機関車関連のラッピング(これも鉄コレで出ています)が施されてオリジナルの塗色は見られなくなっていますが、何と言ってもこの5000形、民鉄車両なのに

国鉄臭がすごい


です(爆
かといって国鉄乗り入れが考慮されていたのかというと、そういった事実は無いようですから不思議と言えば不思議ですし、そうでもないと言えばそうでもないです(何

ただ少し真面目に考えてみますと、1975(昭50)年といえばオイルショック後の物価高騰期ですから、パーツというか部品を大量生産の国鉄形と共通のものにして、コストカットする意図があったのかも知れません。蛇足ながらこの1975年は、1963年から1983年までの20年間「毎年」落成車があった東武8000系において、唯一「例外」たる落成車の無い年であったりもします。これもやはりオイルショック後の影響なのでしょうか。
c0360684_18373426.jpg

さて模型に戻ります。
買ってきてそのまま置物にしても「眺める楽しみ」がありますが、取りあえずは無難にN化します(何 そのN化というか動力化に際しての注意点ですが、スカートが無い分足回りを引き締める台車スノープロウ、これを動力ユニット側の台車に移植する必要があるわけですが、嵌め込みがキツいからか、パーツ自体が薄手だからか、はたまた発売から7年経っているからかは不明ですが、ウチは外す際にパキッとorz・・・ ただ、パキっと逝くぐらいですから軟プラではなく(軟プラならそう簡単には折れない)、接着して修繕することは可能です。
c0360684_1840475.jpg

鉄コレのN化に際して必ずしも施工しているわけではありませんが、今回は足回りの塗装を施しました(軍艦色②)。車両本体を入手した途上で新品動力ユニットも調達し、翌日にはN化していますからウチの中での鉄コレのN化としては「稀に見る」速さです。こういうのは思い入れも反映されるのでしょうか。
c0360684_18453595.jpg

色々散らかっていますが、フツーはN化でここまで散らからないと思います(爆 ウチが片付け下手なだけですね。トレーラー車のウェイトは淀あたりでも売っている汎用型の板錘で、安心の2枚重ねです。金属車輪もパンタも手許に転がっているモノを適当に・・・。
c0360684_19294295.jpg

アーノルドカプラーをポケットごと台車に装填しますが、そのままですと連結面間が狭すぎです(通過対応曲線にもよりますが)。なので画像の通り、動力ユニットに附属してくるスペーサー(黒色のパーツ)を挟み込んでいます。
c0360684_216392.jpg

連結妻にはカトーの幌を接着しました。
c0360684_19315455.jpg

富士急行線内ではこんな顔合わせもあったのでしょうか。
c0360684_19321432.jpg

地方私鉄の自社発注車なぞ「もはや望めない」と言われた時期があったかと思いますが、最近では上信7000形や一畑7000系、静岡A3000形など、少しずつですが自社発注車の機運が復活しつつあります。ウチ的な好みでの地方私鉄の自社発注車といいますと、この富士急5000、上信6000、長電OSⅡ(解体しちゃうんですかね)、富山地鉄14760、静岡1000あたりですかね。静岡1000以外が昭和50年代の登場であるのは、色々偶然ではない気がします。やはりその時代こそがウチにとってのコンテンポラリーなのでしょう(国鉄形ですと時代がグッと遡るんですが)。

/
/
[PR]

# by odoriba96 | 2017-02-28 19:47 | 9ミリ(民鉄その他) | Comments(0)
2017年 02月 24日

過去画像などから振り返る「琴電600形おまとめ」

c0360684_1181662.jpg

※2002年12月 仏生山工場公開にて
左から2番目の613Fは600形としての最終増備編成で、且つ琴電における路線別カラーの嚆矢となった編成です。右端の611Fの如き「コトデンそごうの包装紙デザイン」カラーは、これより逐次消滅の一途を辿る事になりました。


先日の一連の讃岐行記事ですが、そこでほぼ触れられていない琴電600形について、ウチの記録を基にウチなりにさらっと纏めて置きたいと思います。なお、実車に関する基本諸元や種車車番等はwikiナントカを参照いただくとして、ここでは糞ブログらしく角度を変えて纏めたいと思います。

・・・続きを読む・・・
[PR]

# by odoriba96 | 2017-02-24 13:26 | 実車趣味(民鉄その他) | Comments(0)
2017年 02月 20日

讃岐に生きる京急の仲間達に愛を込めて(番外編・讃岐で見かけた妙なもの他)

c0360684_13225252.jpg

※瓦町駅近くの駐車場、その中途半端な時間割には根拠があるはずですが、ウチには解りませんでした・・・(爆

讃岐に生きる京急の仲間達に愛を込めて(予告編)
讃岐に生きる京急の仲間達に愛を込めて(1日目その1・旅の始まりはLoungeから(爆)
讃岐に生きる京急の仲間達に愛を込めて(1日目その2・潜入!仏生山工場
讃岐に生きる京急の仲間達に愛を込めて(1日目その3・1073Fを追って)
讃岐に生きる京急の仲間達に愛を込めて(1日目その4・1071Fも捕捉!製造60周年の感動とともに
讃岐に生きる京急の仲間達に愛を込めて(2日目その1・平日朝は4連づくしで!!)
讃岐に生きる京急の仲間達に愛を込めて(2日目その2・タイトルに偽りありのJR高松駅で列車見物(爆)

おまたせしました。
本編以上にネタを詰め込んだ「妙なのもの」編!!むしろディレクターズカット集というより、こちらのほうにウェイトがあります(爆

・・・続きを読む・・・
[PR]

# by odoriba96 | 2017-02-20 13:20 | お出かけとかオフ会とか | Comments(2)
2017年 02月 19日

讃岐に生きる京急の仲間達に愛を込めて(2日目その2・タイトルに偽りありのJR高松駅で列車見物(爆)

c0360684_20123051.jpg

讃岐に生きる京急の仲間達に愛を込めて(予告編)
讃岐に生きる京急の仲間達に愛を込めて(1日目その1・旅の始まりはLoungeから(爆)
讃岐に生きる京急の仲間達に愛を込めて(1日目その2・潜入!仏生山工場
讃岐に生きる京急の仲間達に愛を込めて(1日目その3・1073Fを追って)
讃岐に生きる京急の仲間達に愛を込めて(1日目その4・1071Fも捕捉!製造60周年の感動とともに
讃岐に生きる京急の仲間達に愛を込めて(2日目その1・平日朝は4連づくしで!!)

真の京急ヲタならば、空路出発までの寸刻でもその仲間を追うべきでありましょう。しかしウチはそうはならない、要は真の京急ヲタではないってことです(爆
いや、むしろ根っからの鉄道好きであらば、色々見るのは健全なはず!!そんなわけでレッツ・高松ステーション!!

・・・続きを読む・・・
[PR]

# by odoriba96 | 2017-02-19 21:31 | お出かけとかオフ会とか | Comments(0)
2017年 02月 19日

讃岐に生きる京急の仲間達に愛を込めて(2日目その1・平日朝は4連づくしで!!)

c0360684_18573927.jpg

讃岐に生きる京急の仲間達に愛を込めて(予告編)
讃岐に生きる京急の仲間達に愛を込めて(1日目その1・旅の始まりはLoungeから(爆)
讃岐に生きる京急の仲間達に愛を込めて(1日目その2・潜入!仏生山工場
讃岐に生きる京急の仲間達に愛を込めて(1日目その3・1073Fを追って)
讃岐に生きる京急の仲間達に愛を込めて(1日目その4・1071Fも捕捉!製造60周年の感動とともに)

明けて2017年2月17日、金曜日。
予報では雨天とのことですが何とかもちこたえそう?しかし西日本であるがゆえに日の出がやはり気持ち遅いうえに、現状曇天なので露出が稼げず厳しそう!そうは言っても琴電の平日朝といったら4連運用ぐらいしか目玉がありません(お

・・・続きを読む・・・
[PR]

# by odoriba96 | 2017-02-19 19:04 | お出かけとかオフ会とか | Comments(2)
2017年 02月 18日

讃岐に生きる京急の仲間達に愛を込めて(1日目その4・1071Fも捕捉!製造60周年の感動とともに)

c0360684_20411532.jpg

讃岐に生きる京急の仲間達に愛を込めて(予告編)
讃岐に生きる京急の仲間達に愛を込めて(1日目その1・旅の始まりはLoungeから(爆)
讃岐に生きる京急の仲間達に愛を込めて(1日目その2・潜入!仏生山工場
讃岐に生きる京急の仲間達に愛を込めて(1日目その3・1073Fを追って)

琴平の駅に戻ると、到着した1207Fが入換えられ、留置されていた1213Fの築港方に連結され4連となり整います。夕ラッシュ時に向けて編成が長くなり始めたのでしょう。その4連に乗車して折り返します。

・・・続きを読む・・・
[PR]

# by odoriba96 | 2017-02-18 21:39 | お出かけとかオフ会とか | Comments(0)
2017年 02月 18日

讃岐に生きる京急の仲間達に愛を込めて(1日目その3・1073Fを追って)

c0360684_20251263.jpg

讃岐に生きる京急の仲間達に愛を込めて(予告編)
讃岐に生きる京急の仲間達に愛を込めて(1日目その1・旅の始まりはLoungeから(爆)
讃岐に生きる京急の仲間達に愛を込めて(1日目その2・潜入!仏生山工場

仏生山工場での見学を終えて駅へと戻り、姿を忽然と消した?1073Fの追跡を開始します。

・・・続きを読む・・・
[PR]

# by odoriba96 | 2017-02-18 19:13 | お出かけとかオフ会とか | Comments(0)
2017年 02月 18日

讃岐に生きる京急の仲間達に愛を込めて(1日目その2・潜入!仏生山工場)

c0360684_1757487.jpg

讃岐に生きる京急の仲間達に愛を込めて(予告編)
讃岐に生きる京急の仲間達に愛を込めて(1日目その1・旅の始まりはLoungeから(爆)

今回のメインである、仏生山工場の見学です。

【一応おことわり】
今回の仏生山工場見学に際しては、某氏より高松琴平電鉄さんへ予め立ち入り許可を得たうえで、且つ当日に立ち会い職員さんを通じての撮影許可、及び撮影画像のweb上での公開についても許可を得ております。仮に第三者が今後許可を得られたとしても、必ずしも同内容の計らいを受けられるものではない事を断っておきます。

・・・続きを読む・・・
[PR]

# by odoriba96 | 2017-02-18 13:20 | お出かけとかオフ会とか | Comments(0)