2017年 03月 09日

台湾製糖の巡回車

c0360684_18201196.jpg

横浜駅界隈に用件があったので、そのついでに見てきました。
地元なのでそのうちにと先延ばししていたら・・・もう後が無かったりw
c0360684_18203074.jpg

 原鉄道模型博物館で催されている「台湾の軽便鉄道展」に絡んだ実車の展示で、はるばる現地より運ばれて展示されています。そのビジュアル、手前の人物と比しての通りとってもミニマムで可愛らしいものです。車両用途は巡回車・・・軌道巡察車とも言いましょうか。要はレールカーで、例えばお偉いさんなんかが視察をする際に用いたりしていたはずです。製造年は1921(大10)年で車齢96年を数えますが、現在も動態保存されているとのこと。
c0360684_18341880.jpg

解説板の概略によりますと、ゲージは軽便ではメジャー?な762mmで、車両寸法は長さ3.5m、幅1.8m、高さ1.7mとのこと。但し車両寸法は、足回りを含めない車体本体のみの数値ではないかと思われます。車体標記によれば車番は111、定員は12人、自重は2噸とあり、自重数値が事実であればトラック並みなので、万一の強風で飛ばされたりしないようにか、台座と車両が括りつけられています(というか単に輸送時の緊締状態のままなのかも)。
c0360684_1834561.jpg

側扉は片側面に1箇所ずつ、点対称で配置されています。展示場所で帷子川に面している側の前面の右端窓が、窓枠が落とし込まれていて中の様子が伺えます(車内の立ち入り公開は土日の時間限定です)。
c0360684_18403314.jpg

床面の手前にある水色の四角い張り出し、これは反対側の前面から見た限りではメーターやスイッチ類が配されていました。車内は事業用ですから実用一点張りで、見ての通りDD13のような中央運転台(違 が設置されています。
c0360684_18445097.jpg

ズームアップします。
逆転機、クラッチ、アクセル、シフトレバー、そして銚子電鉄デキ3よろしく制動装置はハンドブレーキオンリーと、原始的な機械式気動車のスペックそのものとなっています。
c0360684_18473586.jpg

前照灯の取付具合が手作り感満点ですw
c0360684_18481565.jpg

車輪が独特というか、スポークでもプレートでもないというか、C62のようなボックスポークなビジュアルです。
c0360684_18513891.jpg

腰板のロゴ、ウイング状のものは「糖台」と見えますから台湾製糖のものでしょう。その下の「ホホ」は一体?
c0360684_1854433.jpg

見ての通りの愛くるしい超木造の巡回車、カワユスなぁ~とハナの下を伸ばしながら舐めるように観察してきました。同博物館に入館せずとも見れるこの巡回車の車両展示は13日までです。

/
/
[PR]

# by odoriba96 | 2017-03-09 18:56 | 実車趣味(民鉄その他) | Comments(2)
2017年 03月 06日

さよなら6050系快速&100系スペーシア個室体験ツアー(勝手に命名)に逝ってきました

c0360684_112545.jpg

昨3月5日(日)、表題のツアーに逝ってきました。

東武の浅草駅駅舎は以前は板材に囲まれたツマラナイ外観だったのですが、現在はアール・デコの建築当初のイージを取り戻しています。

・・・続きを読む・・・
[PR]

# by odoriba96 | 2017-03-06 13:08 | お出かけとかオフ会とか | Comments(2)
2017年 03月 04日

200系

17形DRCの部品流用で生まれた200系も、既にデビューから26年の四半世紀超えとなっています。まあ100系の1年後の生まれなので当然ですが・・・。

c0360684_119527.jpg

※1990(平2)年11月15日 本郷台 輸送番号:甲178 9968レ

そしてこちらの画像、撮影年月に注目・・・デビューの前年です。当時のメモに車番が無いのですが、1990年の11月時点で落成した200系は、東急製の201Fとアルナ製の202Fのみ、且つ本郷台を甲種輸送で通過するのですからアルナ製は考えられず、よってこの画像でEF65 1044の後に続くのは201Fと見てまず間違いなさそうです。

蛇足ながらEF65 1044の右隣にチラ見しているのは、タキ3000等の「米タン」を連ねた田浦貨物です。この頃でも不定期運行だったような(荷が無くても単機回送はあった?)記憶があったりも無かったりもするのですが、兎に角こんな豪華?なシーンもあったという事です。
c0360684_11221524.jpg

折角の新車のお顔を機関車のパンタ摺板から発せられるカーボンの飛沫できちゃなくしないよう、意図的に入れ替えて先頭車同士を向い合せにさせています。実車では営業運転開始後に先頭車同士が連結した事はあったのでしょうか(非常時等に)。
c0360684_11251370.jpg

※1992(平4)年7月29日 小菅 「りょうもう5号」

200系は1991(平3)年2月1日に就役し、最終的に209Fまでの増備プラス完全新造の251Fと、計10本が揃えられました。画像の1992年7月時点ですと、205Fが最新落成車で営業運転開始しているかどうかというタイミングですが、ほぼ18形と勢力的に半々であった時期と言えます。
c0360684_11302131.jpg

※2012(平24)年1月21日 浅草

果たしてウチが200系に初めて乗車したのは、実車のデビューから21年目を迎えての、倶楽部の新年会往路においてでした。
c0360684_11324737.jpg

やってきたのは200系としては最終増備車の209Fでした。浅草駅といえば・・・コレは欠かせませんねw
c0360684_11334675.jpg

終点の赤城まで乗車・・・ホームでは200系同士が並びました。
c0360684_11341636.jpg

200系も主電動機や台車関連は17形のものを流用しています。しかし一口に流用と言っても、その台車の経年度合いは、1700系が昭和50年代の交換、1720系は前期は昭和40年代の交換、後期は新造時からのもの等々、幅が広くなっています。検査時の振り替えなども否定できないわけですが、少なくとも30年以上~50年近くの範囲での経年があると見られ、今後何らかの動きがあるのか注目されるところです。

/
/
[PR]

# by odoriba96 | 2017-03-04 11:43 | 記憶のレール(民鉄その他) | Comments(0)
2017年 03月 02日

100系「スペーシア」

この記事が事実上のフラグであったわけですが・・・。近日中に某氏の音頭で快速6050系へのお名残り乗車と、そして・・・
c0360684_2225885.jpg

※1990(平2)年10月28日 鐘ヶ淵~堀切 「スペーシアけごん1号」

100系スペーシア初乗車!!


です。
画像の如くの四半世紀以上前、ウチは実車が1990(平2)年6月1日に就役してほどなく撮影しているにも関わらず、まだ東武100系に乗車した事はありません。そこで此度のツアーにおいて、「スペーシア」としてのみならず、民鉄優等車両における最高峰とも言える「個室」乗車も併せて果たされる見込みとなったのです。

国鉄~JRの寝台客車群を別とすれば、1両まるまるが完全個室のハコというのは、恐らくウチの知る限り「空前絶後」にして唯一の存在であり、それが東武100系の編成一端に連結されているのです。その一端のハコはモハ100-1形(6号車)で浅草方の先頭車ですが、蛇足ついでに言うと形式と号車が逆順なのが何とも・・・ですw
c0360684_22173242.jpg

「鉄道ファン」誌 通巻354号(1990年10月号)です。
c0360684_2218571.jpg

京急ファンとしても知られたロンちゃん(物故)による、東武と京成の「100系」乗り比べ記事は、四半世紀以上経て今尚色褪せないもの!京成のAE100は一足先に引退しましたが、かつて浅草乗り入れで確執を有した両社が、1990年に奇しくも同じ「100系」を世に送り出したのは因縁たらしめたるものがあります。
c0360684_22235583.jpg

まだ200系がデビューしていないとか・・・。
しかし、この時期があったからこそウチは好きになりましたね。運命なんてわからないものです。でなければ東武沿線への通勤通学履歴の一切無い横浜在住の鉄ヲタがどうして好きになろうかと(爆

/
/
[PR]

# by odoriba96 | 2017-03-02 22:26 | 記憶のレール(民鉄その他) | Comments(8)
2017年 03月 01日

6050系

c0360684_2245232.jpg

ダイ改のプレスがリリースされましたが・・・・何処とは申しませんが、今頃になって過大評価されているフシがありますね・・・6050系。
c0360684_2251587.jpg

そもそも6050系の前身である6000系は、ガラクタ同然のハコを繋いだ「準快速」の刷新を図るべくして誕生したわけで。そう、まだ有料特急が大衆化していなかった、即ち「耐貧」」から「一億総中流」への脱却途上の時代の申し子だったのです。

そんな流れを汲んだハコが、たとえ更新されていようとも料金不要列車として21世紀もとうに20年近く経ようという今日まで生きながらえた事は、良く言えば奇跡そのものでありましょう。他方、間違いであったとするならば?それは、此度の料金不要快速の全廃で不満しか連ねない「時代錯誤」な輩が続出するという、悲惨な現実が全てを物語ると思います。

/
/
[PR]

# by odoriba96 | 2017-03-01 22:58 | 記憶のレール(民鉄その他) | Comments(2)
2017年 02月 28日

国鉄臭がすごい~鉄コレ・富士急5000形

c0360684_18341613.jpg

先日中古で転がっているのを見つけた、鉄コレ・富士急5000形です。一般流通のオープンパッケージ品で、2010年の発売ですからもう7年も経ちますか・・・。「工作派気取り」の頃に買いそびれたアイテムの一つです。

この富士急5000形、実車の薀蓄はwikiナントカを参照いただくとして、ウチ的には結構好みの電車です。現在は人面機関車関連のラッピング(これも鉄コレで出ています)が施されてオリジナルの塗色は見られなくなっていますが、何と言ってもこの5000形、民鉄車両なのに

国鉄臭がすごい


です(爆
かといって国鉄乗り入れが考慮されていたのかというと、そういった事実は無いようですから不思議と言えば不思議ですし、そうでもないと言えばそうでもないです(何

ただ少し真面目に考えてみますと、1975(昭50)年といえばオイルショック後の物価高騰期ですから、パーツというか部品を大量生産の国鉄形と共通のものにして、コストカットする意図があったのかも知れません。蛇足ながらこの1975年は、1963年から1983年までの20年間「毎年」落成車があった東武8000系において、唯一「例外」たる落成車の無い年であったりもします。これもやはりオイルショック後の影響なのでしょうか。
c0360684_18373426.jpg

さて模型に戻ります。
買ってきてそのまま置物にしても「眺める楽しみ」がありますが、取りあえずは無難にN化します(何 そのN化というか動力化に際しての注意点ですが、スカートが無い分足回りを引き締める台車スノープロウ、これを動力ユニット側の台車に移植する必要があるわけですが、嵌め込みがキツいからか、パーツ自体が薄手だからか、はたまた発売から7年経っているからかは不明ですが、ウチは外す際にパキッとorz・・・ ただ、パキっと逝くぐらいですから軟プラではなく(軟プラならそう簡単には折れない)、接着して修繕することは可能です。
c0360684_1840475.jpg

鉄コレのN化に際して必ずしも施工しているわけではありませんが、今回は足回りの塗装を施しました(軍艦色②)。車両本体を入手した途上で新品動力ユニットも調達し、翌日にはN化していますからウチの中での鉄コレのN化としては「稀に見る」速さです。こういうのは思い入れも反映されるのでしょうか。
c0360684_18453595.jpg

色々散らかっていますが、フツーはN化でここまで散らからないと思います(爆 ウチが片付け下手なだけですね。トレーラー車のウェイトは淀あたりでも売っている汎用型の板錘で、安心の2枚重ねです。金属車輪もパンタも手許に転がっているモノを適当に・・・。
c0360684_19294295.jpg

アーノルドカプラーをポケットごと台車に装填しますが、そのままですと連結面間が狭すぎです(通過対応曲線にもよりますが)。なので画像の通り、動力ユニットに附属してくるスペーサー(黒色のパーツ)を挟み込んでいます。
c0360684_216392.jpg

連結妻にはカトーの幌を接着しました。
c0360684_19315455.jpg

富士急行線内ではこんな顔合わせもあったのでしょうか。
c0360684_19321432.jpg

地方私鉄の自社発注車なぞ「もはや望めない」と言われた時期があったかと思いますが、最近では上信7000形や一畑7000系、静岡A3000形など、少しずつですが自社発注車の機運が復活しつつあります。ウチ的な好みでの地方私鉄の自社発注車といいますと、この富士急5000、上信6000、長電OSⅡ(解体しちゃうんですかね)、富山地鉄14760、静岡1000あたりですかね。静岡1000以外が昭和50年代の登場であるのは、色々偶然ではない気がします。やはりその時代こそがウチにとってのコンテンポラリーなのでしょう(国鉄形ですと時代がグッと遡るんですが)。

/
/
[PR]

# by odoriba96 | 2017-02-28 19:47 | 9ミリ(民鉄その他) | Comments(0)
2017年 02月 24日

過去画像などから振り返る「琴電600形おまとめ」

c0360684_1181662.jpg

※2002年12月 仏生山工場公開にて
左から2番目の613Fは600形としての最終増備編成で、且つ琴電における路線別カラーの嚆矢となった編成です。右端の611Fの如き「コトデンそごうの包装紙デザイン」カラーは、これより逐次消滅の一途を辿る事になりました。


先日の一連の讃岐行記事ですが、そこでほぼ触れられていない琴電600形について、ウチの記録を基にウチなりにさらっと纏めて置きたいと思います。なお、実車に関する基本諸元や種車車番等はwikiナントカを参照いただくとして、ここでは糞ブログらしく角度を変えて纏めたいと思います。

・・・続きを読む・・・
[PR]

# by odoriba96 | 2017-02-24 13:26 | 実車趣味(民鉄その他) | Comments(0)
2017年 02月 20日

讃岐に生きる京急の仲間達に愛を込めて(番外編・讃岐で見かけた妙なもの他)

c0360684_13225252.jpg

※瓦町駅近くの駐車場、その中途半端な時間割には根拠があるはずですが、ウチには解りませんでした・・・(爆

讃岐に生きる京急の仲間達に愛を込めて(予告編)
讃岐に生きる京急の仲間達に愛を込めて(1日目その1・旅の始まりはLoungeから(爆)
讃岐に生きる京急の仲間達に愛を込めて(1日目その2・潜入!仏生山工場
讃岐に生きる京急の仲間達に愛を込めて(1日目その3・1073Fを追って)
讃岐に生きる京急の仲間達に愛を込めて(1日目その4・1071Fも捕捉!製造60周年の感動とともに
讃岐に生きる京急の仲間達に愛を込めて(2日目その1・平日朝は4連づくしで!!)
讃岐に生きる京急の仲間達に愛を込めて(2日目その2・タイトルに偽りありのJR高松駅で列車見物(爆)

おまたせしました。
本編以上にネタを詰め込んだ「妙なのもの」編!!むしろディレクターズカット集というより、こちらのほうにウェイトがあります(爆

・・・続きを読む・・・
[PR]

# by odoriba96 | 2017-02-20 13:20 | お出かけとかオフ会とか | Comments(2)
2017年 02月 19日

讃岐に生きる京急の仲間達に愛を込めて(2日目その2・タイトルに偽りありのJR高松駅で列車見物(爆)

c0360684_20123051.jpg

讃岐に生きる京急の仲間達に愛を込めて(予告編)
讃岐に生きる京急の仲間達に愛を込めて(1日目その1・旅の始まりはLoungeから(爆)
讃岐に生きる京急の仲間達に愛を込めて(1日目その2・潜入!仏生山工場
讃岐に生きる京急の仲間達に愛を込めて(1日目その3・1073Fを追って)
讃岐に生きる京急の仲間達に愛を込めて(1日目その4・1071Fも捕捉!製造60周年の感動とともに
讃岐に生きる京急の仲間達に愛を込めて(2日目その1・平日朝は4連づくしで!!)

真の京急ヲタならば、空路出発までの寸刻でもその仲間を追うべきでありましょう。しかしウチはそうはならない、要は真の京急ヲタではないってことです(爆
いや、むしろ根っからの鉄道好きであらば、色々見るのは健全なはず!!そんなわけでレッツ・高松ステーション!!

・・・続きを読む・・・
[PR]

# by odoriba96 | 2017-02-19 21:31 | お出かけとかオフ会とか | Comments(0)
2017年 02月 19日

讃岐に生きる京急の仲間達に愛を込めて(2日目その1・平日朝は4連づくしで!!)

c0360684_18573927.jpg

讃岐に生きる京急の仲間達に愛を込めて(予告編)
讃岐に生きる京急の仲間達に愛を込めて(1日目その1・旅の始まりはLoungeから(爆)
讃岐に生きる京急の仲間達に愛を込めて(1日目その2・潜入!仏生山工場
讃岐に生きる京急の仲間達に愛を込めて(1日目その3・1073Fを追って)
讃岐に生きる京急の仲間達に愛を込めて(1日目その4・1071Fも捕捉!製造60周年の感動とともに)

明けて2017年2月17日、金曜日。
予報では雨天とのことですが何とかもちこたえそう?しかし西日本であるがゆえに日の出がやはり気持ち遅いうえに、現状曇天なので露出が稼げず厳しそう!そうは言っても琴電の平日朝といったら4連運用ぐらいしか目玉がありません(お

・・・続きを読む・・・
[PR]

# by odoriba96 | 2017-02-19 19:04 | お出かけとかオフ会とか | Comments(2)