赤い電車は臼い線

odoriba96.exblog.jp
ブログトップ
2015年 03月 31日

鉄コレ・東武ヨ101で排煙口二丁(一話完結)

東武のトキ1のケツで触れたヨ101の排煙口。さっそく「おゆまる」で複製を試みましたが・・・
c0360684_18495166.jpg

なんかイビツ(爆
しかしパテの凝固待ちの過程にふと代用できそうなパーツのあった事を思い出し・・・
c0360684_18505662.jpg

ジャンクパーツと言うか余剰パーツの詰め合わせから発掘・・・
c0360684_18511989.jpg

GMの京急600(Ⅲ)や2100の塗装済キットを組んでいれば大抵はダダ余りになるであろうランナーです。これに成型されている強制排風扇カバーに目を付けたわけです。
c0360684_18522688.jpg

早速ヨに試着・・・タッパがでけぇww
c0360684_18524890.jpg

お次も強制排風扇カバーですが、こちらは同じGMでも京急1000(Ⅱ)や2100の完成品に付属するランナー。これも試着してみると・・・
c0360684_1854241.jpg

お、バッチリ!
ただ実車の記録を見ますともう少し薄くてもよいくらいですが、模型的にはある程度目立たせたほうが存在感が出るでしょう(加減程度はありますが)。
c0360684_1856478.jpg

というわけでチャッチャと色(クレオスの軍艦色②)を付けてゴム系で接着し二丁上がり!
製品状態でも素敵な車掌車でしたが、ドレスアップでますます素敵になりました。頭頂部の排煙口そのものはクドくなりそうなので敢えて再現していません。
c0360684_20121085.jpg

:以下、加筆修正
肝心の排煙口の位置ですが、これについては個体差があるようなので各自研究が求められます。オーソドックスなところでは車体中心線上から非出入口側にやや後退させたタイプが多数派と見られますが・・・。最後にヨ101の概要を紹介しておきます。トム、トフを改造して生まれたのがヨ101で総42両を数えました。当初の外部塗色は鉄コレの如く淡緑色でしたが、1986(昭61)年10月より茶色への塗り替えが開始され、1990(平2)年8月に塗り替えが完了し淡緑色のヨ101は消滅しました(保存車を除く)。



東武貨物といえばこちらのニコ動も要チェックでしょう!!
[PR]

# by odoriba96 | 2015-03-31 18:59 | 9ミリ(民鉄その他) | Comments(2)
2015年 03月 31日

東武のトキ1(その5・了)

東武のトキ1(その1)
東武のトキ1(その2)
東武のトキ1(その3)

昨年11月の(その4)以来のネタです。鉄コレの東武ヨ入線で俄然(漸く?)ヤル気が出たので手を付けた次第。
c0360684_1231229.jpg

車番はペアーハンズ製の東武トキ1用デカールです。
c0360684_1234169.jpg

まあ何というか、やはりデカールですとシートが目立ちますね。経年劣化も免れませんから出来れば使いたくなかったのですが、替りも無いので仕方ありません。そうはいってもヤル事はヤル?わけで、トップコート(水性)を吹き付けておきます。
c0360684_125159.jpg

台車はASSYでTR41に交換します。
c0360684_1265593.jpg

そんなこんなで完成~。
積荷は石灰石を盛るか若しくはカバー掛けしてしまうか未定ですが、車両としては一応纏まったのでここで一区切りつけます。
c0360684_1282798.jpg

ED5060及びヨ101とのマッチングも良さげです。
c0360684_1285431.jpg

ヨ101といえば今回の鉄コレで再現されていないベンチレータ、あれは正しくは石油ストーブの排煙口とのことです。某氏からドナーで頂戴したペアハン製のそれ(ヨ201)を見てみれば、確かに丸い凹みが見えますね。なのでこれを基に「おゆまる」で型取りし・・・
c0360684_12102248.jpg

パテで複製中です。
[PR]

# by odoriba96 | 2015-03-31 12:11 | 9ミリ(民鉄その他) | Comments(2)
2015年 03月 31日

【朝から晩まで】受難の3・30~朝の部【人身事故】

c0360684_0585667.jpg

とまあ表題の通りですが日付的に昨日の3月30日、朝方の出勤時における京浜東北(北行)での人身事故、更には夕刻19時台のやはり京浜東北の蒲田~大森間での人身事故につき、並走する東海道線(上野東京ライン)や横須賀線、更にはリンクする宇都宮・高崎線などはほぼ終日に亘ってダイヤに混乱を来しています(現在進行形)。

先のダイヤ改正でのUT開業で懸念されたのは輸送障害時の運転整理であり、本朝の鶴見での人身はまさにUT始まって以来の大規模輸送障害と思われますが、結果的に発生が7時台であったにも関わらずUTの運転系統分断がなされたのは9時台と遅かった事は直通性をウリにしたUTに拘りすぎた結果と言えましょう。その反省からか夕刻の運転系統分断の判断は早かったようで、今後も同様のケースにあっては此度の流れが反映されるやも知れません。
c0360684_0591713.jpg

まずそれを知ったのは踊場駅の改札内の通告看板。戸塚で乗り換えれば案の定でした。画像の7:39の時点で東海道は再開していたので何とかなるだろうと踏んだのですが・・・。スカ線については鶴見では京浜東北の北行に隣接しているので不通のままです。
c0360684_112729.jpg

駅構内では業務放送の諸連絡はもとより、旅客への注意喚起のアナウンスが間断なく続きます。ホームに上がって程なくUT北行が入線してきたものの再度運転見合わせとの通知が入り、画像の通り後続列車1536E(上野行・戸塚所定7:31発)が機外停車です(7:50撮影)。編成は付属編成E233系/基本編成E231系(共にヤマ車)です。
c0360684_154673.jpg

7:55頃、UT南行を185系の身軽な5連の付属編成(B6)が颯爽と通過して行きました。これは所定なのでしょうか。
c0360684_17067.jpg

東海道については再度運転再開となりましたが、既にアナウンスによれば改札は規制されホーム上も大変なカオスになっています。こういうときは慌てず騒がずが無難ですねw やがて8:00頃には1538E(小金井行・戸塚所定7:34発)が姿を見せました。編成は付属編成E231系/基本編成E233系(共にコツ車)です。
c0360684_110688.jpg

異形式同士の併結もスッカリ違和感が無くなりました。
c0360684_1102837.jpg

続いて8:04頃、1540E(上野行・戸塚所定7:40発)が姿を見せます。編成は付属編成E231系/基本編成E233系(共にコツ車)です。ここまで3本連続で異形式併結です。
c0360684_1144755.jpg

8:07頃、215系の「おはようライナー」が貨物線上りを通過して行きました。鶴見での人身発生ですから貨物線も抑止を喰らっていたと思われます。画像はありませんが私がホームに上がってから1番線でずっと抑止していたNEXが、8:11頃に漸く出発して行きました。更には後続のNEXウヤの悲報業務連絡も・・・。
c0360684_117028.jpg

8:13頃、スカ線A線に漸くE217系が姿を見せ、UTおよびスカ線ともども運転再開の体勢が整いました。しかしUTは来る列車来る列車が超混雑で、戸塚から無理矢理にでも乗車しようという命がけの定時出勤を目論むストイックな旅客により遅延は増大し、立ち番の絶叫に近いアナウンスだけが虚しく柏尾川の中空に響き渡るのです。
c0360684_1195894.jpg

かくいうウチもいつまでも撮り鉄の真似事に興じているわけにもゆかないので、キリをつけUT北行に乗車。しかし横浜手前(相鉄の西横浜あたり)で何故か牛歩状態となり、この調子ではいつ東京に着くとも知れぬ懸念から横浜で捨てる事にしました。そして横浜に8:36に着いて驚いたのは、画像では認識できないと思いますが何とUT副本線の8番線にSS東行が停車していたのです(左=2824Y・SS快速高崎行(新宿行に行先変更済)・横浜所定7:34発/右=1546E・UT宇都宮行・横浜所定8:10発)!

牛歩の理由はこれだったか・・・。恐らく副本線を有さないスカ線(A線)ホームに入れないSSの2824Yを緊急避難的に8番線に入れておいたのでしょうか。配線的には問題ありません。してこの2824Y、ウチが下車した1546Eが到着して程なく発車。ということは横浜駅構内北方の亘り線を通過してスカ線A線へと転線したわけで・・・SSとしてはイレギュラーでレアケースです。
c0360684_13031100.jpg

そして横浜でスシ詰めの1546Eを横目に改札を出たウチの向かう先は・・・久し振りのバス乗車です。勿論通勤経路としては認められていませんが、手段を選ぶ暇はありません。まあウチ的にはマイアミ直通性が高いので理想的なルートなのですが、道路状況が詠めないのと運賃が(JRと比して)割高な事でしょうか。
c0360684_133072.jpg

これはよい環状線・・・。

因みに夜の部は職場の同僚と21時過ぎからという遅呑みにもめげず有楽町のガード下でクダを巻いた挙句、スカ線で南下したので問題ありませんでした(何 しかしいくら決算期だからといって駆け込みで飛び込むのはホント止めてもらいたいです。
[PR]

# by odoriba96 | 2015-03-31 01:36 | ある日の出来事 | Comments(2)
2015年 03月 28日

カトー・E233系3000番台「上野東京ライン」入線・・・しかし

既に鉄コレの東武ヨと同日の3月26日にリリースされたカトーのE233系3000番台「上野東京ライン」。これに限らずE233系及びE231系の近郊形バリエについては旧ブログのこちらを参照いただければと思いますが、新ブログ移行後も入線の是非を悶々と悩んでいたわけで・・・。
c0360684_231525.jpg

しかし本日退勤後、浜淀にてガッツリ逝かせていただきました!

ま、ガッツリ言うても、基本編成だけなんですが(汗
何故ならば付属編成はE231系を用意して異形式併結にしようという思惑があります。今朝方出勤時に乗り合わせたUT高崎行(高崎線内「アーバン」)がそれだったというのもありますが・・・。何にせよ、手に取ってジックリ眺められるのは数日後のようです。とりあえず動力及び点消灯具類の瑕疵についてはチェックし問題の無い事だけは認証しておきました。

更に更に何故浜淀かって?
平時なら浜丼となるのが自然ですが、こんな事?でもない限り浜淀に寄るケースが最近無くなりつつあります。ポイントの失効云々とかみみっちいですが、そういった点を慮っての事です。SIMONベタベタとかは意識していません(疑惑
[PR]

# by odoriba96 | 2015-03-28 23:11 | 9ミリ(国鉄・JR) | Comments(0)
2015年 03月 27日

カトー・ED79(シングルアームパンタ)

c0360684_1713861.jpg

鉄道模型で楽しむ寝台列車のお葬式の延長?ともいうべきネタで、発注していたカトーのED79シングルアームパンタが着荷しました。
c0360684_1723247.jpg

ED79自体が初入線ですが、何よりもユニークなのはシングルアームと下枠交差の二刀流パンタという欲張りっ子!!尤もこれは実務上必要にしてそうなったわけですから、趣味的見地の嗜好ではかなり好き嫌いが分れているようです。元々は言わずもがな下枠交差パンタを2基有していたのが、2010年頃から函館方(2エンド側)の常用パンタがシングルアームに交換された由。なので下り列車では前方でシングルアームを振りかざしながら青函間を疾駆するわけです。
c0360684_17124444.jpg

マグネット印刷のクイックヘッドマークは「北斗星」「カシオペア」が付属しますが、「北斗星」を切り損じ一部が欠けてしまいました。何でもかんでもメーカのせいにするのは聡くないのですが、このマグネット印刷のマークはランナーからの切り出しの目安となる部分が曖昧で、それこそ一般的なプラランナーよりも切り出しのリスクが強いように思います。
c0360684_1715099.jpg

これを予期したわけではありませんが、ED79と同時にモリヤスタジオのヘッドマークも発注していました(爆 モリヤのヘッドマークは質感が良く見栄えがする評判があるとかで、そのお試しでの入手なのです。
c0360684_17162238.jpg

これはクイックヘッドマークの「カシオペア」。
c0360684_171648100.jpg

こちらはモリヤの「北斗星」、少しズレていますが(汗
両面テープの手間はありますがパッと見が綺麗ですし、フチにより立体感が増し見栄えがします。
c0360684_1719150.jpg

ナンバー及びメーカースプレートは7号機/東芝とし、2エンド側の別付ケーブルも装着し入線相成りました。D79のシングルアームパンタはトミックス製のほうが市場に潤沢なようで迷ったのですが、そちらはユーザ付パーツが多く(前面手摺、ホイッスルカバー、アンテナ類等々)、老眼が混じり始めたかも知れないクチにとってはほぼレディ・トゥ・ランのカトー製が手頃であったわけです。
[PR]

# by odoriba96 | 2015-03-27 17:28 | 9ミリ(電気機関車) | Comments(2)
2015年 03月 27日

鉄道コレクション・東武ヨ101

c0360684_16485125.jpg

早いところでは昨日発売になりました鉄コレの東武ヨ101。
昨年のED5060然りで瞬殺が容易に予想できるため、昨日退勤後遅めの時間ながら労を厭わず寄り道し入手してきました。今回は同時にED5080の2両セットもリリースされていますが、既に手許にED5060がありますのでこれについては見送っています。
c0360684_16485999.jpg

製品状態は完成品とはいえユーザ付のパーツが多く、両エンドの柵や警戒色の妻板、ハンドブレーキに社名板などを頑張って取り付けねばなりません。接着剤は一応必要ないかと思われますが、出入口側エンドの柵の根元及びハンドブレーキの根元はゴム系で軽く留めておきました。
c0360684_16513141.jpg

カプラーはそのままでも支障ありませんが、手許に余っていたスプリング入りのポケットに両エンドとも交換しました。またウェイトは製品状態で仕込んであるようで、基本的にはユーザ付パーツさえ片付けてしまえばレディ・トゥ・ランです。
c0360684_16532221.jpg

貨車や既発売の電機とのマッチングもベストで、小粒な愛らしいシルエットにパステルカラーの薄緑色が実にファンシーです。出入口側エンドの柵のディテールはかなり割り切っていますが、必要十分かと私的には感じます。そういえばベンチレータが見えませんが、このような仕様もあったという事なのでしょうか。
[PR]

# by odoriba96 | 2015-03-27 16:57 | 9ミリ(民鉄その他) | Comments(2)
2015年 03月 26日

本日は・・・

ダイ改後に解禁されたE231系とE233系の併結。
ウチの見た限りではこれには傾向があって、SS=基本E233系/付属E231系、UT=基本E231系/付属E233系というパターンが大勢を占めていたのですが・・・
c0360684_2347370.jpg

UTでもちゃんとこのパターンもあり、その現場を押さえられました。画像は地元戸塚での退勤後の撮影で、バックに見える「TOKYU PLAZA」の電飾と、左手に見える橋上駅舎の一部による位置取りでの判断からで基本E233系/付属E231系と読み取れ、且つ2番線撮影でUT組成である事は明白です。蛇足ながら本日はカトーのE233系UTモデルの発売日でしたが、所属電略さえ意識しなければ不人気アイテムの同系「高崎線・宇都宮線」モデルで十分有用なわけで・・・まあこのあたりはいずれ(謎
c0360684_23521113.jpg

そういえば退勤後といえばこちらも・・・。
編成を組んで遊ぶのはいつになることやら(何
[PR]

# by odoriba96 | 2015-03-26 23:59 | 実車趣味(JR) | Comments(0)
2015年 03月 25日

さようなら、戸塚「大踏切」

旧ブログにおける予告通り、吉田茂も箱根駅伝ランナーも通過した戸塚の国道一号線「大踏切」が、本日廃止されました。朝方にはまだ供用されていましたが、ウチが出勤時に乗車したUT北行の車中からは大踏切でカメラを構える年少者の二人組の姿が見えたり・・・地元ならではですね。他地域では話題になる以前のネタでしょう。
c0360684_22501835.jpg

そして退勤後に戸塚で下車すれば・・・
c0360684_22504494.jpg

無情だがそれが現実。
こうして三次元のインフラはもとより、日常は日々姿を変えて行くのです。



2015年2月13日、指先は悴み感覚を喪失しそうになるほどに凍えたあの日、吹き荒ぶ北風の中で大踏切の点描をせめてもと思い動画に残しました。短時間ながら4系列の電車が登場するのにも注意!かつてはロープ式の遮断竿を有し、山側の東京方に踏切番小屋を有した戸塚の大踏切は永遠のものとなったのです。
[PR]

# by odoriba96 | 2015-03-25 22:55 | 実車趣味(JR) | Comments(6)
2015年 03月 23日

日曜日のUT~3月22日の場合

UT(上野東京ライン)がスタートして1週間が経ちました。事前の広告や告知が徹底していたせいか直通客の利用は多く、そもそもの目論みであった京浜東北等の旅客を転移させ混雑を緩和する事は達成されつつあるようです。他方、オール東京始発の恩恵があった東海道沿線民にとっては事実上の始発全廃(23時以降の設定)はもとより、招かれざる混雑を持ち込まれあたかもSS(湘南新宿ライン)開業前の地獄絵図が再来しつつある事、更には夕ラッシュ時でもなりふり構わず10連が充当されるなど怒りの導火線が目白押しです。

とりわけ編成両数にしてはかなり評判が悪く、一昨日の土曜日の早番で退勤した職場の同僚(横浜下車)曰、く16時台の南行が10連で東京から乗ろうにも「パンパン」だったとのこと。正直よそ者の初乗りだけで混雑の大部分を成しているとは考えにくく、やはり直通性が買われてニーズが増大しているのだと思います。であるならば、京浜東北からの転移の受け皿としてキャパ(編成両数)を拡大するのは当然な筈で、それどころか時間帯によっては減車、そして近親者の証言では改正前10連であったのが15連になったいう増車のケースがある等マチマチで、適材適所の体勢が取られていないように感じます。

SSの開業が2001年、SSの終日運行開始が2004年、それからSS籠原以南全列車終日15連に漕ぎ付くまで11年かかっていますから、果たしてUTの全列車終日15連化はなされるのでしょうか。東京乗り入れ「新参」の常磐線電車が、我が物顔の15連で東京駅に乗り入れてくるのが憎たらしくてなりません。
c0360684_10194927.jpg

昨日の退勤後はそんなUTの現状をツマミ食い・・・早速「憎たらしい」常磐線が入線してきました。E531系は10連運用がありますが、E231系0番台は目にする列車列車が15連です。10連運用はあるのでしょうか。
c0360684_1021320.jpg

日曜日の19時も回った頃ですが、体力に糸目をつけないレジャー客で北行ホームは混んでいます。特に常磐線待ち旅客の多い事!この点ではUT開業は成功裡と言えます。しかしくどいようですが、旅客転移の受け皿としてのキャパが全然駄目です。画像の通り7番線のE231系は10連です。
c0360684_10305573.jpg

9番線に19:34発の発車案内が見えますが、何と始発です。土休日ですと夜間の「アクティー」(平日は通勤快速)が始発なのですが、19:34発は所定であれば10番線発であるばかりか宇都宮からの直通列車です。
c0360684_1042321.jpg

北行の常磐線が入線してきました。ハコにもよりますが東京駅で満席となり立ち客も出るほどの盛況振りですが、やはり15両のキャパ故にか後部のハコはかなり空いており分散乗車が求められます。
c0360684_10335445.jpg

件のニセ始発小田原行きですが、通りがかった交代要員のレチに本件を尋ねるも把握しておらず要領を得ません。駅構内のアナウンスによれば宇都宮線内での車両故障により北行に運休が発生しているようで、それと関連があるのかも知れません。果たして9番線には折返し19:34発小田原行となるE231系が入線・・・ニセではありませんでした。前面の「東海道線」表示と傍らの発車案内の「始発」文字が全てを物語ります。
c0360684_1047828.jpg

列車番号は1634Eで、所定ならば宇都宮行ですがやはり東京~宇都宮間がウヤとされたようです。旅客降車後は(東京駅では)昔懐かしい作業となりつつある「一旦ドア閉め」による車内整備/整列乗車がなされますが、このようなイレギュラーであってもグリーン車の整備要員は直ぐに手配できるのでしょうか。東京駅では改正前はオール始発でしたから、絶えずグリーン車の整備要員の姿をホームで目にしたものです。
c0360684_10471610.jpg

そしてこちらは、待望のピク誌です。
編集サイドの世代からして誌面内容はかなりジジ臭く、それがピク誌のよいところでもありますが、特に印象深いのは変わりゆくチタ区跡地の定点記録。戦前に計画され幻に終わった「京浜線急行運転」の高架線は永らくその姿を留め旧ブログでも折に触れてきましたが、その消滅の過程がこうして公に残った事は万感極まるもので、涙する思いがします。これだけでも他の商業誌のUT特集の追随を許しません。

上野~東京間の列車線時代の旧い記録もふんだんに盛り込まれ、とりわけカラー項でのEF80牽引の御料新一号編成のお召列車は目に沁みます。1976年5月撮影というこの記録ですが、お召列車の類は原宿の宮廷ホームからの発着がデフォであったのを考えると相当珍しいものです。

私自身の列車線の記憶ですが、父が佐久の出身ですから帰省の折の「あさま」に乗車すべく、本郷台から上野まで延々と103系に揺られた過程で目にしています。その頃はまだ回送線として機能していたものの走行列車は目にしておらず、他方、秋葉原の貨物ホームが脳裡に深く刻み込まれています。その貨物ホームは本来の役目を喪失し電留線として用いられていましたが、リレー号色の185系が留められていたのと、それが貨物ホームとはミスマッチであったのが印象に残っています。貨物ホームは上野方からアプローチするカタチで当然のように高架構造で、位置的には現在のヨドバシカメラの手前の交通広場一帯が相当します。無論、当時の面影は微塵もありません。

その貨物ホームと京浜東北/山手を挟んで反対側に存在した青果市場も忘れ難き記憶です。コンクリート造りで階と階を繋ぐスロープと、打ち捨てられたような荷車、そして山積みになったカラの段ボール箱等々、これらの景を目にしていよいよ上野が目前であるのを悟ったのです。青果市場も既に過去のものとなり、その位置は現在の電気街口を出て右の広場と、UDXビルとそれに続くペストリアンデッキのある一帯が相当します。ここは青果市場撤去後一時期バスケットコート&駐車場になっていたので、そちらの記憶がある向きは居るかもしれません。

姿を変えて時代と共に進化する街並み、そして一度は喪われた列車線の再生・・・。
それらの歴史の新陳代謝の過程で、いまUTはスタートしたばかりです。
[PR]

# by odoriba96 | 2015-03-23 11:14 | 実車趣味(JR) | Comments(2)
2015年 03月 21日

最近の・・・

個別記事化するまでもない小ネタです。
時期はバラバラでごく最近の事から旧ぶろぐ移転前の事まで・・・まあそれほど大した内容ではないという事です(何
c0360684_16445644.jpg

「山スカ、入りました」
モハ70系の71形グループ、俗に言う元祖「山スカ」。鉄コレは今後縮小して行くつもりですが例外はありますw この山スカは新潟色と同時にリリースされまして、何故か新潟色だけ入手していたのです。その時その時の嗜好で購買意欲も左右されるわけですが、その新潟色さえ動力化が未だなされていない現状から、山スカの先行きも怪しいものですw
c0360684_1647532.jpg

「付属編成、入りました」
10-497、2005年ロットのE217系4両付属編成ですが・・・
c0360684_16483746.jpg

「15両になりました」
11両の基本編成は既に手許に揃えてあったので、漸くフル編成になりました。多分走行させる機会なんて殆ど無いと思うけどw
c0360684_16503754.jpg

「ナックルカプラー、やめました」
入線後ナックルカプラー化されたカシオペアですが、色々と不便なのでアーノルトカプラーに戻しました。まあ何が不便って、アーノルトであれナックルであれ、どちらか揃えておかないと・・・という事です。
c0360684_16553126.jpg

「茨城交通 キハ1001」
今更というか唐突な、鉄コレ第13弾の茨城交通キハ1001です。前述の通り鉄コレは縮小の方向で以前に若干の処分を行ったのですが、処分外アイテムの中でも特に好みではなかったにも関わらず残存したのが、このキハ1001なのです。その残存理由はというと・・・
c0360684_16581067.jpg

(おヘソの)片側のライトレンズを紛失してしまっていたからです。これでは値段以前の商品価値・・・という事で不本意な残存を果たしたのです。しかしこのままでも何かカワイソウ?なのでレンズを透明ランナーを炙ってでっちあげ・・・
c0360684_1702074.jpg

あれ?
少しつぶらチャンになったものの、こっちのほうが実車のイメージに近いような?そう、オリジナルのライトレンズはデカ過ぎるのです。怪我の功名とまでは申しませんが、つぶらチャンが気に入ったので反対エンドもオリジナルレンズを外し、透明ランナー炙りレンズを装着してやりました。こんな事をしているうちに変な愛着が湧いてくるから不思議なものですw
[PR]

# by odoriba96 | 2015-03-21 17:09 | 9ミリ(総合) | Comments(2)