赤い電車は臼い線

odoriba96.exblog.jp
ブログトップ
2018年 09月 22日

佐久往還2018

c0360684_20373627.jpg
昨年に続いて佐久往還、即ち墓参に本日出向いてきました。
今年は実父が逝去してから10年という節目に当たります。この10年は、本当に激動でした。
c0360684_20393380.jpg
c0360684_20394714.jpg
c0360684_20395735.jpg
ホーム上のコンビニも今月二回目の三連休初日ということで本気の仕入れで、店外まで溢れています。それが新幹線であれ、長距離列車の現場は活気が感じられるものです。
c0360684_20421884.jpg
時代の最先端を行く流線型の向こうには、35年以上前に最先端を飾った斜めストライプ。いま、時空を超えたトレンドの交錯を目撃するのです。
c0360684_20443422.jpg
いつもの高崎ですが、1年前にも居た上信電鉄に譲渡された107系は放置プレイ継続中。上回りは兎も角、足回りは165系の発生品でかなりキテいるはずなので、去就が注目されます。
c0360684_20462368.jpg
今回の佐久往還の往路は、これまでなかった「通過待ち」体験が二度もありました。東京からは臨時の「あさま665」に乗車し、高崎で8分も停車し後続列車の通過待ちをしました。なのでホームに出てE4系を撮ってみたり・・・。
c0360684_20481323.jpg
後続の臨時「かがやき523」金沢行が物凄いスピードで通過します。
c0360684_20503173.png
長野行「あさま」のお約束通り、見た感じ8割の乗客が軽井沢で下車します。
c0360684_20513665.jpg
エスカレータに並ぶ降車客の列が全然途切れないうちに、「かがやき509」金沢行が3番線を通過。この「かがやき509」は再速達列車グループと思われ、停車駅は東京、大宮、長野、富山、金沢です。我が臨時「あさま665」は軽井沢で4分停車し「かがやき509」に進路を譲るのです。
c0360684_20545542.jpg
色々スッ飛ばしていますが、墓参を済ませての精進落としはお楽しみの「草笛」です。三連休初日でどれぐらい待つのかと戦々恐々でしたが、そうでもなかったです。
c0360684_20562760.jpg
「もりそば」(並)の向こうにあるのは「くるみおはぎ」で、彼岸のシーズンメニューでしょうか。作り置きではなくその都度握っているのか、温いのがウレシイですね。
c0360684_20561843.jpg
冷酒「姫百合」と「鯉のあらい」をいただきます。鯉はよく骨っぽいとされ敬遠する向きも多いようですが、このあらいは骨っぽさがなく、独特の食感が楽しめました。
c0360684_21012609.jpg
佐久平駅の1階にはレストランがあり定食や蕎麦、アルコールが楽しめ食事をした事もあるのですが、何と撤退していました(昨年は営業していた)・・・。
c0360684_21031248.jpg
まあ何というか、食べるのであれば周辺にまあまあ色々ありますし(モスバーガーなんかもある)、ここで営業するのであれば余程のモノを持ち合わせていない限り厳しそうです。
c0360684_21052153.jpg
言っては何ですが、地味を極めた佐久平駅でもこんな催しがあるのですね。
c0360684_21055997.jpg
Nゲージはどこでも人気・・・というより、やはりこういうのって中の人が揃えるのでしょうかね。見た感じ、なかなか立派なものです。
c0360684_21065773.jpg
浅間の懐深く揺れる稲穂は既に黄金色。
秋晴れの佐久往還は今年も了したのです。

/
/

[PR]

# by odoriba96 | 2018-09-22 21:08 | お出かけとかオフ会とか | Comments(1)
2018年 09月 18日

KATO RS-2(ATSF)/KATO F7(ATSF)

c0360684_16564922.jpg
このところ入線させていたものの、具体的には触れていなかった北米型モデルについてです。まずは前後しますが今月頭に総本山で入手したRS-2です。ロードネームは言わずもがなのATSFで、実車は1946~50年にかけてAlco(アルコ=アメリカンロコモティブ)の手で製造されたというロード・スイッチャータイプの電気式DLです。
c0360684_17050890.jpg
RS-2のATSFモデルの品番は、品番176-4401が♯2099、品番176-4402が♯2110で後者が今回入線品です。いずれもロードナンバー(車番)の違いのみで、現在はKATO USAサイトにも掲載は無く事実上の絶版品です。モデルとして世に出たのが結構以前のようで、附属品がトリップピンではなくカプラー復原バネとアーノルドカプラーであるのが時代を物語ります?総本山には他のロードネームも並んでいましたので興味のある方は是非(但し定価ですが)。
c0360684_17064669.jpg
ビジュアルはセミセンターキャブで、ゴツいイコライザ台車は本線での使途にも耐えうるものでしょうが、スイッチャーとしての役目もありますから前後方向の視界確保に意が注がれたキャブデザインとなっています。
c0360684_17141453.jpg
附属の取説兼パーツリストによれば、ボディは水冷式と空冷式の2種が存在し、排気口の位置(寸法も?)異なっている様子。ATSFモデルは前者(水冷式)仕様となっています。
c0360684_17140512.jpg
漆黒のボディに銀色のゼブラという出で立ちは、ウォーボンネット機と同じATSFとは思えない程に地味でありロジカルです。しかしキャラ立ちがハッキリしている事は見ての通りで、今後の貨車増備が楽しみとなりそうです。
c0360684_17302100.jpg
続いてはこちら、8月中旬に神戸六甲で入手したF7A/F7Bです。これもATSFモデルで、実車はEMD社の手になる言わずと知れたアメロコの代名詞のようなドッグノーズのそれです。運転室を有すAユニットと、運転室有さない中間車然としたBユニットとを、被牽引車の両数や線路条件に合わせて組ませるのがあちらの流儀。モデルではAユニットBユニット無差別に動力ユニットが仕込まれていますので、投資額がエラいことになります(汗
c0360684_17470221.jpg
それは百も承知ですが(何 Aユニットはナンバーボードが交換式で、交換用のナンバーボードも附属しているのでそれを行った次第。分解自体は通常通りで難しくないのですが、スカートが車体成型なのでお尻(連結妻側)から動力を引き抜くようにするのが無難でしょう。
c0360684_17492281.jpg
動力ユニットの上面には空間があり、恐らくDCCフレンドリーです。
c0360684_17520796.jpg
車体を裏返して内側から見ますと、前面のライトプリズムを挟んで乳白色の櫛形パーツがありますが、これがナンバーボードで内側から押すと簡単に外れます。屋根に見える4点の赤い脚はエアフォーン(2個)です。
c0360684_17540855.jpg
Aユニット(品番176-2122)のナンバーボードは、製品状態で♯40が装着されています。パーツには左右があって、欠き取られている側が内側となるように嵌まっています。
c0360684_17561571.jpg
ナンバーボードはBユニット(品番176-2211)にも附属していて、バリエーションが楽しめます。画像上がBユニットに附属するもので2ランナーの大盤振る舞い?ナンバーは♯302、♯303、♯305と白無地、下がAユニットに附属する♯40Cと白無地です。

来年2月にATSFのF7A/F7Bが再生産予定ですが、Bユニットの品番が同じである反面、Aユニットの品番が違い「176-2121」なので、前回生産時と変わらなければ製品状態で♯300装着、附属ナンバーが♯301、♯304となるはずです(※追記:製品紹介pdfに附属ナンバーボードについてあり、上記の内容予定とのことです)。
c0360684_18062195.jpg
1両のみ♯40Cへの交換が手っ取り早いですが、折角?なので旅客用(※追記:♯37~♯41の37ユニットがLABCの4両ユニット、♯300~の300ユニットはLABの3両ユニットである事、更には後天的改番等で複雑になっているようです)であるという区分の300番台とし、♯302、♯303へと交換しました。Fシリーズのナンバーボードが外れやすいという情報もありますので、注意して行きたいと思います。各ユニット2両ずつ入手していますからスペアは十分ですが・・・。
c0360684_18044538.jpg
そういえば先走って入線させたF3のBユニットもありますが・・・画像左がF7Bで右がF3Bです。側面上部のグリル形状が違いますが、これがF3とF7を明確に区別するものではありません。F3、F7、それぞれの内でグリルの形状違いがあるからです。
c0360684_18105578.jpg
画像左がF7B、右がF3Bです。F7Bは屋上手前にファンが1個多いですね。これがダイナミックブレーキ用のファンで、F3とF7の決定的な相違点です。もっというとこのダイナミッブレーキ用のファンも、wikiによれば1952年6月以降製の「フェーズⅡ」では大型化されているとのこと。右のF3はファン自体が高いのが注意点ですが、これもF3内の製造時期で高さが低い(F7と同じ)グループも存在するというのですから大変なことです。
c0360684_18161271.jpg
このタイミングでの来年2月の再生産、いま楽しめているのでガッカリという事は無いのですが、カトーサイトの画像がどうみてもF3であるのが気になります(爆 単なる差し違えなのでしょうが、ぞのうちF3もちゃんと?再生産される事を期待します。

/
/



[PR]

# by odoriba96 | 2018-09-18 18:20 | 9ミリ(外国型) | Comments(0)
2018年 09月 17日

三電球× 三連休〇 ・・・

c0360684_22032819.jpg
画像は中日(つまり日曜)のマイアミ駅前・・・この界隈での渋滞は滅多に見られないものですが、浦安市内全域の交通事情にモロに影響を出すのが痛いところです。退勤後のマイアミ駅改札内には、某園両パークの入場制限を告げる立て看板が出ていました(謎

/
/

[PR]

# by odoriba96 | 2018-09-17 22:10 | ある日の出来事 | Comments(0)
2018年 09月 13日

いまなお現役を関西に追う!2018夏(番外編・関西で目にした「妙なもの」)

c0360684_12210277.jpg
いまなお現役を関西に追う!2018夏(1日目その1・京都市営バスつまみぐい)
いまなお現役を関西に追う!2018夏(1日目その2・阪急電車で京阪神横断)
いまなお現役を関西に追う!2018夏(1日目その3・神鉄電車で鵯越に立つ)
いまなお現役を関西に追う!2018夏(1日目その4・そして大阪へ)
いまなお現役を関西に追う!2018夏(2日目その1・朝から和田岬線ハイク)
いまなお現役を関西に追う!2018夏(2日目その2・兵庫から神戸へ落穂拾い)
いまなお現役を関西に追う!2018夏(2日目その3・山陽電車月見山点描)
いまなお現役を関西に追う!2018夏(2日目その4・神鉄、おかわり!)

本編では触れなかった事象を纏めた「妙なもの」編。一泊二日の集大成?がここにあります(何


続きを読む・・・・・・
[PR]

# by odoriba96 | 2018-09-13 12:40 | お出かけとかオフ会とか | Comments(4)
2018年 09月 11日

池袋のレンタルレイアウト

c0360684_21534402.jpg
某様の後に続いてではないですが、去る先日の土曜日に画像のレンタルレイアウトで遊んできました。因みに翌日の日曜日の京葉線は12万人(!!)に影響を及ぼしたという荒川放水路橋梁上における発煙事故を生じますが、他ならぬウチは可及的速やかにTDS始発横浜駅東口行リムジンバスで渋滞無くスムース且つブルジョワリーに移動。マイアミ通勤十数年、103系からE331系を経ての京葉線の乱痴気を知り尽くした経験と実績を遺憾なく発揮し、何事も無かったかのように帰宅したのです。タカくくってピアリで映画なんか鑑賞してた同僚は地獄を見たようですが(爆

それはさておき、こちらのレンタルレイアウト「西イケ」さんは去る9月1日のオープンしたてホヤホヤでして、これまた別の某様の言通りコミック扱い書店の跡に開業しています。その屋号と書体は明らかに車体の電略表記を想起させるもので、池袋なら「北イケ」(昭和44年以前は「東イケ」)であろう・・・というのはあくまでも実車の話であり、池袋西口の所在を強調しての「西」なのかも知れません。
c0360684_22021754.jpg
予約時間に間に合うように出向きますとまだ他の来店客もおらず、だだっ広い店内には二期開業となるであろうレイアウト用地がブルーシートで覆われています。一応店員サンに断って撮影し、弊媒体への掲載も了承いただきました。
c0360684_22033755.jpg
確かに大きいですね。施工はかの有名なD◎Fらしいですが、シーナリィは未完の部分も目に付くので今後発展するのでしょうか。路線は現在10線が開業しています。
c0360684_22050302.jpg
未完成部分の用地が気になりますね・・・。
c0360684_22053863.jpg
路面電車線の末端は、三線の留置線。専用軌道然としていて鉄橋もあります。今後の造り込みが楽しみな部分です。
c0360684_22065547.jpg
路面電車線は周回コースが基本ですが、枝線、更には複線で共用の車庫線もあります。画像はありませんが、車庫線には将来的にトラバーサを設けるようでその準備もなされていました。
c0360684_22081763.jpg
9・10番線の「関西私鉄線」ですが、頭端駅からの本線合流部は画像の通り複線での平面分岐です。ここは9・10番線それぞれの使用者が声を掛けあう事が前提となっていますので、ワンマンプレイ?が主であろうレンタルレイアウトの構成からは異端にも映ります。
c0360684_22102858.jpg
その終端駅と、路面電車線の周回部。まだシーナリィが未完で殺風景ですが、完成状態がどうなるのか楽しみなところです。
c0360684_22113196.jpg
1・2番線の「関東私鉄線」が成すループですが、半径が気になりますw まあ一般的な国内型20M級は大丈夫かと勝手に思っていますが・・・。
c0360684_22132244.jpg
今回持参したのは北米型のほか、画像のD51重連「白山」です。国内型なので構造物への干渉等は皆無でしたが、連続分岐器定位通過の直後の反位分岐に際し、先頭のD51の先輪がバウンドし脱輪する現象がありました。同席されていた他のグループの方の鹿島臨海6000系が特定分岐器で立ち往生する場面も目にしていますので、こればかりは個々の相性なのかも知れません。
c0360684_22174290.jpg
今回ウチがお借りした4番線(貨物線内周)にはカーブホームがありますが、画像の通り擁壁が一部張り出している箇所があり気になりました。実際にはここでの接触は無かったのですが、ダッシュナインがホーム上面の一部(ほんの僅かな張り出し)と接触し、続くP42もつられるように脱線というケースがありました。ただ、外国型に関しては「規格外」と言われればそれまでですよね。もっというと、ダッシュナインは接触すれどAC4400CWは通過するとか・・・理解を超えていますw
c0360684_22234614.jpg
まあ兎に角色々ありそうですが、まずは黙って走らせましょう(何
ATSFのPA/PB三重連牽引、コルゲートカー及びスムースサイドカーとビジネスカーによる13連です。PA/PBは先端が絞られているからか、そもそもボックスキャブ機よりもスリムだからか、いずれにせよ接触は一切無く、マグレ?の脱線が一度生じた他はノントラブルでスムースそのものでした。
c0360684_22250682.jpg
過日、神戸六甲より甲種輸送(むしろ乙種輸送か)されてきたF7の四重連を待機させます。こうして見ますと、F7の連結面間が広いのが目立ちますね。情報としては得ていましたが目にすると確かな実感。しかしこれは設計上の都合でしょうし、手許にはもっと連結面間の広い車両が居るので無問題です(何

そしてここにきてのF7ATSFとスーパーチーフの再生産アナウンスですが、F7Aはロードナンバー違い(品番も違う)での再生産です。ただ、実際にはナンバーボードは番号違いの交換分が附属しているのでどれほど意味があるか・・・とは思いますが、重連間にAユニットを挟んだ5~6重連も捨てがたく、追加で予約入手してしまいそうです。
c0360684_22292110.jpg
この顔合わせ、シビれますね・・・。画像奥にはアウトピンですがBNSFのダッシュナインもウォーボンネットの顔ぶれに華を添えています。
c0360684_22313107.jpg
牽引機をF7に交換します。4両全てがM車、およそ国内形ではあまり実践されうるケースが思い浮かばず、トラクションタイヤ無しとはいえシンクロが少々心配でしたが、走り出してしまえば何の事は無く、EMD社製Fシリーズの王者の風格を滔々と湛え、ATSF客車13連をスイスイと牽引し駆け巡ったのです。
c0360684_22361798.jpg
最後部には流線型の美しい眺望車。
客車列車バンザイ!と叫びたくなる刹那です。
c0360684_22381160.jpg
唐突ですが、店内にはこのようなロッカー?がデンと置かれています。これに関するアナウンスはまだ無いようですが・・・。
c0360684_22385942.jpg
先程にも触れた関西私鉄線の頭端駅の終端部側です。駅舎の造りはどんなんになるのでしょうか。路面電車線はまだ見ての通り殺風景が目立ちますから、それなりの覚悟?が必要でしょう。
c0360684_22411005.jpg
そうこうしているうちに、F7が戻ってきました。貨物線(内周のみ)はこのようなだだっ広いコンテナヤードを挟んでいますので、北米らしいムードも漂います(無論、北米に逝ったことはないけどね!)。
c0360684_22430894.jpg
コルゲートカーに挟まれた4両のスムースサイドカーは、弊ブログにおいて公開していませんでしたが、今年の早い時期に中古で入線したものです。左の2両はステンレス然としていますが塗装だけですw 右2両のツートンはシックですが、内装は3種類の寝台が入り混じった共通の車体で、無論ロードネームはATSFです。
c0360684_22454850.jpg
現代的な大陸横断列車も走行させます。AC4400CWは初の本線走行です。
c0360684_22464268.jpg
利用料金が¥1500/1hで、平均的な市価の倍、或いはそれ以上といったところですが、立地が池袋駅西口至近というアクセスの良さや、路線にもよりますが延長の長い事がポイントでしょうか。ただ、平日の営業が夜間のみなので利用客の就業形態によっては利用しずらいかも・・・(昼間はレイアウトの造りこみを行っているとか?)。今後の展開が気になるところです。

/
/




[PR]

# by odoriba96 | 2018-09-11 22:51 | お出かけとかオフ会とか | Comments(2)
2018年 09月 07日

いまなお現役を関西に追う!2018夏(2日目その4・神鉄、おかわり!)

c0360684_18025181.jpg
いまなお現役を関西に追う!2018夏(1日目その1・京都市営バスつまみぐい)
いまなお現役を関西に追う!2018夏(1日目その2・阪急電車で京阪神横断)
いまなお現役を関西に追う!2018夏(1日目その3・神鉄電車で鵯越に立つ)
いまなお現役を関西に追う!2018夏(1日目その4・そして大阪へ)
いまなお現役を関西に追う!2018夏(2日目その1・朝から和田岬線ハイク)
いまなお現役を関西に追う!2018夏(2日目その2・兵庫から神戸へ落穂拾い)
いまなお現役を関西に追う!2018夏(2日目その3・山陽電車月見山点描)

長々と垂れ流してきた本編もいよいよ終章!
〆はメモリアルトレインのリベンジを兼ねつつ、都市型山岳電車?としての魅力が発散されまくっている神鉄のおかわりです。


続きを読む・・・・・・
[PR]

# by odoriba96 | 2018-09-07 18:49 | お出かけとかオフ会とか | Comments(0)
2018年 09月 04日

総本山へ・・・(2018年9月)

c0360684_20582480.jpg
関西行の記事ばかりでもアレなので(何

去る土曜日、公休でしたが職場の送別会絡みでマイアミ(厳密には新浦安)まで出る事となったわけですが、その過程で約半年振りの総本山参詣にも出向いてきました。土曜日の総本山・・・参詣するとしても大抵平日なので、その社殿内の活況に違和感すら覚えてしまいます。
c0360684_20594429.jpg
前回の参詣は今年の2月以来ですから、外国型(アメリカ型=北米型)の陳列も軒並み変わっていました。展示品でも札の無いものは売り切れかな?と察するのがフツーですが、経験則で言うと在庫が無い場合は展示品で良いか?と問われるのが総本山の仕様なので、よう分かりません(何
c0360684_21031188.jpg
「カリフォルニア・ゼファー」の陳列はありますが、ミルウォーキーの「オリンピアン・ハイアワッサ」は姿が見えず、総本山分は売り切れてしまった様子。本日現在では芋全店に在庫有りとの情報ですが・・・よう分かりません(何
c0360684_21074089.jpg
(だいたいの)アメロココーナーです。D&RGWのPA-1/PB-1は陳列がありますが札が見えません。D&RGWですと以前はF3Aの単品が残っていましたがそれも消えたようです。
c0360684_21112520.jpg
それはさておき、今回のお目当てはコレです。カトーUSAもサイトに掲載が無く、事実上の絶版品であるRS-2です。再生産があれば復活するでしょうが・・・。その実車はPA-1でお馴染みAlco社製で戦後間もないデビュー。ロード/スイッチャー機という仕様に加え、セミセンターキャブのビジュアルから国鉄形でいうDE10を連想させます。

RS-2の中でも蒐集を意識しているATSFモデルで、ロードナンバーは2種あり♯2099と♯2110。画像検索で比較的出てくる♯2099を所望するも展示品限り。まあそれはそれとして動作チェックで・・・前照灯は点灯しますが前後方向に動きません(爆 なので♯2110で妥協したところこちらは在庫ありで、動作チェックも一発OKでした。。
c0360684_21182756.jpg
某氏が気にしていた?「やまぐち」号の35系4000番台のフルセットも目にしてきました。
c0360684_21190605.jpg
確かに、スリーナイン感はありますよねぇ。
c0360684_21193379.jpg
ダブルルーフ展望車の出入り台が幅広なのはバリアフリー対応で、そのピクトグラムも印刷済み。屋上のクーラーのカムフラージュ度合も現代風で、数多のミックステイストは何ともいえぬ摩訶不思議さを醸します。
c0360684_21223670.jpg
でもって、フツーに湾岸に出るのも面白くないので、落合南長崎~中野坂上~東京~京葉線のコースを選択。その乗り換え駅である中野坂上も本当に久し振りの訪問・・・。
c0360684_21241510.jpg
・2018(平30)年9月1日 中野坂上

中線に方南町支線が収まるのは旧来からの仕様ですが、ホームドアがあるにしてもこんな駅だったっけ?というモヤモヤが消えず、帰宅してからプリントを漁った結果・・・
c0360684_21252405.jpg
・1993(平5)年6月27日 中野坂上

※追記:車番は手前より2031-2073-2032。
2031と2032は1968(昭43)年に、2073は1981(昭56)年に銀座線より転属し、当編成は画像撮影時より間を置かず1993(平5)年7月6日に引退しました・・・以上、手許のメモより。


画像が再掲であるのも思い出しましたが、そうだった、天井の高い駅だった!ということです。緑色の公衆電話、ツヤツヤの支柱、天井から吊り下がるファンデリア?も全てが過去のもの。圧迫感の増した天井とホームドアのギチギチ感で支配された現在の駅構内に、2000形が居た頃の面影はやはり微塵も無かったのです。
c0360684_21294947.jpg
同じATSFでも派手なウォーボンネットと対照的な黒/銀ゼブラの貨物機も魅力的。手持ちの外国型貨車を1両も有していないのは百も承知ですw

/
/


[PR]

# by odoriba96 | 2018-09-04 21:32 | お出かけとかオフ会とか | Comments(0)
2018年 09月 01日

いまなお現役を関西に追う!2018夏(2日目その3・山陽電車月見山点描)

c0360684_08415724.jpg
いまなお現役を関西に追う!2018夏(1日目その1・京都市営バスつまみぐい)
いまなお現役を関西に追う!2018夏(1日目その2・阪急電車で京阪神横断)
いまなお現役を関西に追う!2018夏(1日目その3・神鉄電車で鵯越に立つ)
いまなお現役を関西に追う!2018夏(1日目その4・そして大阪へ)
いまなお現役を関西に追う!2018夏(2日目その1・朝から和田岬線ハイク)
いまなお現役を関西に追う!2018夏(2日目その2・兵庫から神戸へ落穂拾い)

高速神戸から新開地乗り換えのつもりで乗車した山陽(山陽電鉄)5000系、その車中から三宮行のアルミカーを目撃してしまい予定?変更!そのまま乗車し折り返してくるであろうアルミカーを迎撃します。しかし、何故いま「さくら」なのかw


続きを読む・・・・・・
[PR]

# by odoriba96 | 2018-09-01 10:12 | お出かけとかオフ会とか | Comments(0)
2018年 08月 28日

いまなお現役を関西に追う!2018夏(2日目その2・兵庫から神戸へ落穂拾い)

c0360684_18561235.jpg
いまなお現役を関西に追う!2018夏(1日目その1・京都市営バスつまみぐい)
いまなお現役を関西に追う!2018夏(1日目その2・阪急電車で京阪神横断)

いまなお現役を関西に追う!2018夏(1日目その3・神鉄電車で鵯越に立つ)
いまなお現役を関西に追う!2018夏(1日目その4・そして大阪へ)
いまなお現役を関西に追う!2018夏(2日目その1・朝から和田岬線ハイク)

兵庫駅の和田岬線中間改札を抜け(和田岬線の和田岬駅には改札機や乗車証明書発行機の類は一切無い為)、本線(山陽本線)側に戻ります。画像の通り、ホームへと至る階段がモダンですね・・・。この後はやはり神鉄のメモリアルトレイン記録にリベンジしたいと思います。



続きを読む・・・・・・
[PR]

# by odoriba96 | 2018-08-28 22:29 | お出かけとかオフ会とか | Comments(2)
2018年 08月 27日

いまなお現役を関西に追う!2018夏(2日目その1・朝から和田岬線ハイク)

c0360684_15202376.jpg
いまなお現役を関西に追う!2018夏(1日目その1・京都市営バスつまみぐい)
いまなお現役を関西に追う!2018夏(1日目その2・阪急電車で京阪神横断)
いまなお現役を関西に追う!2018夏(1日目その3・神鉄電車で鵯越に立つ)
いまなお現役を関西に追う!2018夏(1日目その4・そして大阪へ)

明けて8月20日、月曜日。
前夜は相当早くに就寝したはずですが、枕が変わると寝付けない身の悲しさに加え、冷蔵庫の音が気になったのかまんじりともせず朝を迎えてしまったのです。


続きを読む・・・・・・
[PR]

# by odoriba96 | 2018-08-27 15:17 | お出かけとかオフ会とか | Comments(4)