人気ブログランキング |

赤い電車は臼い線

odoriba96.exblog.jp
ブログトップ
2019年 06月 14日

最近の外国型

c0360684_18471297.jpg
5月の大阪行の記事が了したかと思えばブルーラインの脱線事故、そんなこんなで4月から鉄道模型絡みの記事が一つも無かったのです(運転会は除く)。折角買った「スーパー・チーフ」も「エル・キャピタン」も全く走行させておらず、これでは外国型9ミリまでもが「鉄コレ化」(買ったままでN化されず積み上げられる事)してしまいそうです。
c0360684_17315463.jpg
まあそうなったらそうなったで、兎に角「こんなもの買ったっけ?」的状態にならぬよう、備忘録的に纏めておきます。4月末の「あることないこと」でも触れていますが、先ずはカトーUSAのPA-1/PB-1です。言わずもがなのATSFのウォーボンネットですが、実車考証では「スーパー・チーフ」も「エル・キャピタン」も被牽引車とはならないそうなので、全くカトーUSAもアコギなものです(何 雰囲気だけでしたら先の2編成のミックスで「サンフランシスコ・チーフ」もどきを組成してPAに牽かせるという手もありそうですが・・・。
c0360684_17384340.jpg
次いで5月の神戸ろっこうさんでのお土産です。インサートペーパーによれば1996年製品で、仕入れ当時の額面のままとの事ですから¥2kもしませんでした。見たまんまの無蓋車(ゴンドラ)ですが、ロードネームがUSA本土でないアラスカなのは目を瞑りますw
c0360684_17455876.jpg
マイクロトレインズの貨車で愉しいのはチョイチョイ?のギミック。このゴンドラは見ての通り妻板が内側に倒れます。
c0360684_17480555.jpg
C30-7の「コダクローム塗装」と称される赤黄のペイントスキームは、幻に終わった1980年代のSP(サザン・パシフィック鉄道)とATSF(アッチソン・トピカ&サンタフェ鉄道)合併案の産物で、「SPSF」となるはずだった片割れ準備の「SF」ロゴが皮肉です。驚くべきは実車でこのペイントスキームが少なくとも1999年まで、BNSFのロゴをキャブ裾に追加しつつ健在であった事(英語サイトによる)!日本と異なり車両のオーバーホール=リペイントとは限らないそうで、時代を超越してペイントスキームが残るのはそういった理由からなのでしょう。
c0360684_18084464.jpg
パッと見SD40ですが、ラジエータグリルが機関部全長に亘ってフレアー状となっているのが特徴的なSD45です。SD40がV形16気筒であるのに対し、SD45はV形20気筒。しかしV20に起因した故障が多く、その強馬力がメリットとされず、機関を載せ替えられた個体が多かったようです(wikiによる)。

本当にザックリですが、これらの車両もまだ走行機会に恵まれていないので設けないとですね。

/
/


# by odoriba96 | 2019-06-14 18:46 | 9ミリ(外国型) | Comments(1)
2019年 06月 11日

6月9日(日)/6月10日(月)のブルーライン代行輸送

c0360684_09422497.jpg
横浜市営地下鉄(ブルーライン)脱線事故、その日
ブルーライン脱線事故の代行バス、踊場側折返しは「汲沢団地」
6月8日(土)のブルーラインと代行輸送

2019(令元)年6月9日、日曜日。不通区間の復旧見込みとして「最速」は本日始発からとアナウンスされていましたが、巷間の報道の通り復旧作業は困難を極め、それは断念され本日もバスによる代行輸送が継続されます。画像は早朝5:10の踊場駅頭、まだ地下鉄は動いていませんが、既に案内誘導の職員さんが居ます。待機中のバスの行先表示が「横浜市営」であるのはここまでの回送によるもので、この後「代行輸送」表示へと切り替えているはずです。ウチも出勤ですから、踊場始発(初電)5:16発のあざみ野行きに乗るべく地下へ降ります。
c0360684_09473612.jpg
そして退勤後、既に19時も近い頃合いですが、降りしきる雨の中、沢山の職員さんとドライバーさんによってインフラは繋げられています。平時、あって当たり前で、それこそさして顧みられる事もない公共交通機関、それが寸断された時どうなるのか、語弊を承知で言えば「壮大な負の実験」を見せつけられている思いがします。長後街道上では例の黄色い市バスがスライド、手前は整理番号5-3424(横浜200か4326)、奥は整理番号5-3421(横浜200か4323)です。
c0360684_10005757.jpg
いずみ中央駅から到着した代行バス、公式でも触れられていた臨港バスが見参です!行先表示が「鉄道代行」であるのが特徴的です。
c0360684_10021982.jpg
踊場交番前交差点を通過!左の高台のラクダ色の建屋はかつて個人宅?で、それをリノベーションして歯科医が入っています。その歯科医は以前、駅前でファミマ(以前は「サンクス」)が入っているビルの2階に構えていました。現在その2階は学習塾になっています。
c0360684_10060129.jpg
さすがに見慣れてきた?感のある市バスの西工ですが、「ここ」で撮れる事なぞ想像できませんでした。整理番号7-4615(横浜200か2546)、世の西工が減る事はあっても増える事はありません。
c0360684_10103626.jpg
整理番号2-3346(横浜200か3679)、何の事は無いエルガタイプのボディですが、兎に角、撮っておくに越した事はありません。昔のフィルム時代にはなかなか難しかった事です。



そうしている内に、先程の臨港バスが汲沢団地での折返しから戻ってきました。弊ブログにおける動画は言うまでも無く記事の「補完」的位置付けであり、再生数稼ぎの想念は1ミリもありません。なので編集も無し、ボカシも無し、工夫も無しです(爆
c0360684_10153054.jpg
車番は2A615(川崎230あ615)で、陸運ナンバーは流行りのラグビーワールドカップ仕様の「見た目、白ナンバー」ですから、年式としては新し目のクルマでしょう。ここで交通局公式サイトにある「記者発表資料」を基に、各日の代行バスの概況に触れておきます。

・6月6日 本日10:30より踊場駅~中田駅~立場駅~いずみ中央駅でバス代行輸送開始
・6月7日(7:30現在) 神奈中、相鉄、市バスのバス計19台で5:30~25:00の間運行
・6月7日(16:00現在) 6月8日は5:30~24:30の間に相鉄、臨港、市バスで運行予定
・6月8日(12:30現在) 民間各社及び市バスで5:30~24:30(平日は25:00)の間運行
・6月9日(12:30現在) 臨港バス2台、市バス12台で5:30~24:30の間運行
・6月9日(20:00現在) 6月10日は5:30から代行バス運行予定 ※当初予定の本日再開はならず
・6月10日(5:00現在) 5:30からバス代行開始、7時台は相鉄6台、神奈中1台、市バス16台の計23台で運行予定
・6月10日 10時より地下鉄全線で運転再開、代行バスは終了するが状況に応じて対応



果たして明日10日、月曜日は始発からどうなるのか、困難を極めている復旧作業を案じつつも、目の前で展開する、ある意味金輪際な代行バス絵巻に見とれずにはいれなかったりもするのです。
c0360684_10355401.jpg
この日は日曜日、道路状況も比較的余裕があるようで、代行バスが出発待ちの後ろで別の代行バスが待機する状況も見られました。
c0360684_10375316.jpg
そして明けて6月10日、早朝の月曜日。この日も小雨交じりの陽気でしたが、踊場駅頭で目に飛び込んできた市バスにわが目を疑う!中扉四枚折戸の短尺西工!この時は出勤時刻まで余裕が無くこのカットだけで終了。巷間のサイトによればこの整理番号3-4596(横浜200か1248)は滝頭所属で「用途外輸送」の車両、つまり定期運用には入らない秘蔵っ子?であり、だからこそ此度のイレギュラーな代行輸送に駆り出されたのでしょう。整理番号の通り2003年式で何と16年落ち!です。

延べ5日間に亘ってなされたバス代行輸送も、この日午前10時からのブルーライン全線での運転再開で終了しました。恐らく今頃の長後街道は、数日前の様子にすっかり戻って市バスが姿を見せる事も無いのでしょう。一般的な感覚ですと「代行バスは走らせて当たり前」かもですが、人手不足が叫ばれている業界だけに、ドライバーさんを確保するのも大変だったと思います。脱線事故そのものよりも、このインフラ確保への尽力が強く印象に残ったのです。

(おわり)



# by odoriba96 | 2019-06-11 11:39 | ある日の出来事 | Comments(2)
2019年 06月 09日

6月8日(土)のブルーラインと代行輸送

c0360684_21265494.jpg
横浜市営地下鉄(ブルーライン)脱線事故、その日
ブルーライン脱線事故の代行バス、踊場側折返しは「汲沢団地」

6月8日(土)早朝、ウチは出勤なわけですが、何が驚いたって5時台の踊場駅に近付いたらブルシティの代行バスがスー・・・ッと。機能停止している地下鉄(ブルーライン)区間の代行輸送なので、始発から終電まで面倒を見るのが当然っちゃ当然なのでしょうが、そこにはバスドライバーさんや、停留所で案内誘導する職員さんが「常時」居るわけでして・・・。「代償」云々のレベルではなくなってきた気もしますが(汗
c0360684_21300832.jpg
そして退勤後、戸塚駅のブルーライン改札には詳細な案内が。
c0360684_21304214.jpg
24:07というのは戸塚発踊場行の地下鉄最終便の発車時刻で、その先も踊場から代行バス(いずみ中央駅行)が接続し、更にはいずみ中央から相鉄湘南台行24:38発で、ゆめが丘(下飯田)まで行けるという事でしょう。湘南台については戸塚発東海道小田原行24:17発で藤沢(24:28着)まで出、藤沢24:36発小田急相模大野行きで湘南台24:45着となるわけです(全て土休日の場合)。
c0360684_21423038.jpg
踊場止まりの列車は回送扱いでY線に引き上げるため「回送」表示。次の到着列車は「当駅止まり」で、到着後にやはり「回送」となるわけですが、平時のデータイムでの踊場止まりは30分サイクルですから、こんな表示は通常あり得ません。
c0360684_21471312.jpg
画像手前で見切れているのは2番線のあざみ野行き列車、そして奥のY線に別列車が在線してるのが判りましょうか。これも平時ではあり得ない事です。画像真ん中あたりで煌々と灯っているのは入換信号機で、横方向に点灯していますから停止現示。という事は、2番線からのY線への入線も可能であり、湘南台方からの踊場折返しにも対応しているという事。尤も、実際にそんな運用がイレギュラーでもなされたなどとは聞いた事がありませんが。
c0360684_21525641.jpg
整理番号6-3445(横浜200か4436)。暮れなずむ地上の代行バス乗り場、とうとうパイロンによる整理柵が出現しました。無論交替でしょうが職員さんは適切・丁寧に案内誘導。休日返上かも知れないのに、そのホスピタリティは正直驚きに値します。
c0360684_21571196.jpg
この時は代行バスもこれで見納め・・・などと思えど、実際には本日9日からの地下鉄不通区間の再開は断念され、市営交通始まって以来の「非常事態」の感を強くします。6月9日の様子については後日upします。

/
/



# by odoriba96 | 2019-06-09 22:05 | ある日の出来事 | Comments(2)
2019年 06月 07日

ブルーライン脱線事故の代行バス、踊場側折返しは「汲沢団地」

c0360684_18293463.jpg
※「MapFan」より加工のうえ転載

昨6月6日早朝に発生した、横浜市営地下鉄ブルーライン下飯田駅での湘南台発一番電車の脱線事故、不通となっている踊場~湘南台間の再開が最速で9日(日曜日)とアナウンスされる等、地下鉄開業以来47年目にして前代未聞の事態となっています。その代行輸送の様子は前回の記事の通りですが、その記事中で「踊場側での折返し」が戸塚バスセンターまでの回送ではないかと推測したのですが、実際には神奈中の戸53系統の終点である汲沢団地での折返しを行っていたのです。

そのコース取りは上図の通りで、踊場以遠の代行輸送営業が青色部分、赤色部分は踊場側での折返しのコース取りです。神奈中の定期路線「戸53」系統戸塚バスセンター~汲沢団地と部分重複していますが、無論代行バスは赤色区間では営業を行っていません。
c0360684_18355526.jpg
これをそもそも知ったキッカケ、本日は年イチの定期通院日で、そこまでの足を悪天候や乗り換えの手間からタクシー利用としたのです。その経路途上で通過した汲沢団地バス停に、何と相鉄バス(それも旧塗装)の姿を認め、かといって「ここで降ろしてください!」と叫ぶわけにも行かず病院送り(爆 無事受診を終え、戸塚駅まで出てから「戸53」に乗車しようやく汲沢団地での確認にこぎつけたのです。
c0360684_18382964.jpg
「戸53」はデータイム3本/1時間ですが、それはそれとして肝心の代行バスが居ません。しかし交通局の職員と思しき方の姿が2名見えますので間違い無いでしょう。ここ汲沢団地での折返しは特徴的で、汲沢第二公園を囲う公道上を内回りのコース取りで転回するのです(冒頭の画像の矢印はその転回の向きです)。ここまで乗ってきた神奈中が去ってしまうと、辺りは静かになりました。
c0360684_18442003.jpg
10分くらい経ったでしょうか・・・来ました!記者発表報道によればラッシュ時の代行バスは19台運用、それ以外の時間帯は様子を見ながらという事なのでランダムなのでしょうか。バス停上屋下に居るのが職員さんで、もう一人はバス右側の街灯?下に見えます。
c0360684_18465494.jpg
汲沢第二公園の木立の下の市バス・・・ちょっと言葉が思い浮かびません。単純に駅前で折り返すことが出来ればこんな事にもならなかったでしょうが、折り返し地点が「踊場」という極めてイレギュラーな事態となったが故でしょう。



ほんの一部ですが、その転回シーンです。プロのドライバーさんであれば、見ず知らずの道路上でもそつなく転がしてしまう、それが大型二種の誇りなのでしょう。
c0360684_18552855.jpg
先の神奈中の「戸53」と同じく、何事も無かったように折返して行く市バス・・・ハゲしいです。しかし雨足もハゲしくなってきましたw 次の回送がいつくるか不明ですが場所を移動します。
c0360684_18572294.jpg
汲沢団地の7号棟あたりから長後街道側を望んだカーブ、昨日も運用されていた黄色い「貸切」の市バスが雨粒を照らしながら姿を見せました!昨日見た2台とは異なり整理番号6-3445(横浜200か4436)は初見です。
c0360684_19032158.jpg
新緑の団地内を行く様、若葉台とか竹山とか千丸台とか笹山もこんな感じだったか?何あれ、汲沢団地と市バスのマッチングもナカナカのものです。肝心な建物が見えませんが(汗
c0360684_19045747.jpg
整理番号不明(横浜200か3462)のブルシティも、昨日見たのとは別のクルマです。汲沢団地も相当旧い団地で、客観的な印象ではそれこそいつ建て替えられてもおかしくないと感じますが、言うほど知られていないのは、団地の規模が小さい事と、特徴のあるスタイルの建物が皆無という点に尽きるでしょう。
c0360684_19091508.jpg
汲沢団地の入口付近のS字、濡れる新緑と市バス、しかし汲沢団地感はこの画像からだけでは乏しいもの。
c0360684_19121038.jpg
でも振り返れば、確かに「戸塚高校前」のバス停と市バスで異世界を物語ります。
c0360684_19125407.jpg
かつての日産寮(正式には日産自動車戸塚汲沢東寮)跡地に聳えるマンション「プライマルシティ」をバックに・・・クルマは昨日も遭遇した6-3480です。
c0360684_19165637.jpg
此処は確かに「City of Yokohama」でしょう。だが、その「非日常感」は尋常ではない!対向から神奈中の「戸53」がスライドです。
c0360684_21185011.jpg
その後ろからは市バスの西工が続行!
c0360684_21192641.jpg
整理番号7-4630(横浜200か2596)は昨日の西工とは別のクルマです。車齢12年を数える同車グループにとって、恐らく空前絶後となる往還の路です。
c0360684_21264660.jpg
この撮影場所、踊場地区センターの向かいにして、かつて「ぐみはん」が存在したところです。「ぐみはん」は建て替え後も健在でしたがやがて別の中華料理店へと入れ替わり、それも長続きせずクローズ。そして現在はというと・・・
c0360684_21291321.jpg
なんとコインランドリー(驚
飲食店舗ですらありません。「ぐみはん」が今も健在であれば通う客も多かったろうに、時の流れはいつ何がどうなるかわかりません。しかし覆水盆に返らず、あの駐車場が賑わっていた時間が夢のようにさえ思えるのです。締めくくりは代行バスと無関係ですが、いわば、こんな事でもなければこの場所に足を運ばなくなったという事。「ぐみはん」は完全に過去のものとなっていたのです。

/
/


# by odoriba96 | 2019-06-07 19:21 | ある日の出来事 | Comments(2)
2019年 06月 07日

横浜市営地下鉄(ブルーライン)脱線事故、その日

弊ブログではどちらかというと、俗物的なネタ、平たく言えばwebニュースで喧々諤々としたものを採り上げないわけで、これはネタが被ったところで弊ブログの需要が無くなるからというのも然り(んな大袈裟な)、管理人当事者であるウチ自身がそういったものに興味を示さない、いわば屈折極まりない人格を有しているからです(何

ですからシーサイドラインの逆走事故ですら、今日まで1ミリも触れる事はありませんでした。そもそも「遠隔制御/完全自動無人運転」たるブラックボックスの塊のようなシロモノのエラーに、間髪入れずぎゃいのぎゃいの騒いだところで刹那に真相が解明されるであろうはずも無く、巷間の媒体でも本当に識のある権威の口は固かったと思います。
c0360684_08353949.jpg
それはさておき、表題の通り2019(令元)年6月6日(木)早朝に発生した、横浜市営地下鉄「ブルーライン」の下飯田駅付近での脱線事故、これについては平時の通勤路線でもあるのでさすがに触れないのは不自然かと思います(汗

発生は下飯田駅付近にて5:20頃のあざみ野行きという事は、最寄駅踊場5:28発の便、即ち「湘南台初電」。当日出勤であったウチはそれよりも先行する踊場「始発」の初電、5:16発あざみ野行きに乗車したので、脱線事故の一報を京葉線車内まで露と知る事もなく難を逃れていたのです。確かに戸塚のJRホームで、5:42発の上り東海道に乗り換えてくる旅客が妙に少ないな・・・と感じたのですが、そういうこともあるだろうという「正常性バイアス」が作用してしまったのです。脱線事故など、さすがに想像出来ません。

蛇足ですが戸塚5:42発の上り東海道へ乗り換えるのであれば、今回の脱線事故の当該である踊場5:28発あざみ野行き(戸塚5:30着)で充分間に合いますが、それに乗らないのはウチの生活習慣によるものです(何 無論、踊場初電に乗らない日もあるので、こればかりは本当にツイていたとしか言いようがありません。他はサッパリですが(爆
c0360684_08534215.jpg
そして退勤。交通局のサイトではバスによる代行輸送が「踊場~立場~中田~いずみ中央駅」とあり、踊場での折返しは難しいと思うが実際は?という興味、そして何と代行輸送には長後街道に無縁の市バスが充てられているという報せもあり、疲れもものともせず?その様子を覗いてきました。といってもここ踊場は、自宅最寄り駅・・・あとは歩いて帰るだけです。ブルーラインは運転再開するも踊場~湘南台は不通であり、不通区間へは踊場から代行バスへの乗り換えも推奨されています。なので降車客も平時とは比べ物にならない多さ!これでも退けたタイミングです。
c0360684_08572731.jpg
踊場の駅員さんの手によるものでしょうか・・・丁寧です。冒頭の戸塚駅のホワイトボード殴り書きとは対照的w 代行バス乗車に際しては1番出口へ向かうよう案内されています。そこにはエスカレーターがあるからでしょうが、代行バス乗車列のシッポの先が1番出口だからです。単純にバス停を目指すだけでしたら3番出口が無難ですが、列の最後部に回る手間があるため1番出口誘導となるのです。
c0360684_09003140.jpg
3番出口を出た刹那、反対車線にいきなり市バス!ここ長後街道踊場界隈に市バス路線が敷かれていたという史実は見聞した事がなく、ハゲしいシーンに圧倒されます。市バスの後ろの神奈中は定期路線かと思いきや「代行輸送」表示で、何と市バスのみならず神奈中も携わっています。うしろの「ダイシャリン」は自転車屋さんですが、以前はローソンでした。というかもともとローソンとして建てられたのですが、割とすぐ(2年未満?)でクローズしてしまった記憶があります。
c0360684_09061862.jpg
踊場バス停で降車扱いを終え、第二通行帯にスライドせんとする市バスと神奈中。市バスは整理番号2-3320(横浜22か3605)ですが、バスボディメーカが集約されてしまった現在、ウチの浅学ではどこの営業所のクルマか判りませんw そして神奈中は・・・
c0360684_09083840.jpg
なんと「せ63」(相模200か1938)!!綾瀬営業所のクルマでぶっ飛びました。戸塚営業所は車両ないしドライバーが足りないのかも知れません。
c0360684_09121481.jpg
これより先は泉区。「代行輸送」のプラカードが見えます。位置的にはかつてサンクスであったファミマの真ん前、前方ではいずみ中央駅行き代行輸送の市バスが見切れています。
c0360684_09134103.jpg
代行バスのやってくるタイミングはマチマチで、長後街道の混雑もありやむを得ないのですが、間が開いたりダンゴで来たりとw 乗車待ちの列はウチが見ていた限りでは、画像の通りファミマの駐車場を取り囲むほどに達していました。
c0360684_09160239.jpg
整理番号不明(横浜200か3665)、地下鉄踊場駅の看板と「代行輸送」の市バス、此の地に住むようになって初めて目にした空前のシーンです。言い換えれば、地下鉄湘南台開業以降、ここまで大規模な不通事態は無かったということです(電気設備故障による区間不通で神奈中が代行輸送に入った事はあった)。
c0360684_09240102.jpg
整理番号0-1696(横浜230あ1696)、「泉区」の看板とともに。泉区での市バスが相当珍しいというか路線自体が存在しませんが、戸塚区ですと東戸塚駅に市バスは乗り入れていますし、以前は戸塚駅東口に上大岡駅や磯子駅からの53系統や69系統が乗り入れていました。
c0360684_09321125.jpg
折角なのでオマケ画像。戸塚駅東口で江ノ電バスの7Eとツーショットな「横浜22か7461」(整理番号不明)、港南営業所の53系統です。ワンステ、ノンステなんて殆ど無かった頃です。あ~、昔はよかった!
c0360684_09343291.jpg
踊場に戻ります。「踊場交番前」と、これより「戸塚区」な看板と市バス(整理番号不明、横浜200か4806)。右後方のヤマダ、ロードサイドであるからか何だかんだで生き残っています。ウチが入店したのは蛍光灯を買いに逝った時ぐらいですが(爆
c0360684_09380172.jpg
整理番号不明(横浜200か4320)、こちら側での降車客はやはり少ないですが、いずみ中央駅行として送り込まねばならないのでどんどん来ます。画像左でやたら目立つ「セイムス」は、今年2月にクローズした「ユニクロ」の後釜。何が入るのだろうと気にはなっていましたが無難にドラッグストアだったか・・・先月オープンしたばかりです。しかし覗いてみたところ品揃えが近傍の今美屋エリアの「スマイル」と何ら変わりませんw
c0360684_09462554.jpg
物凄いクソ画像ですが、何とブルシティ(整理番号0-3300、横浜230あ3300)も登板!「踊場」のバス停とセイムスも入って記録性はバッチリです(何
c0360684_09493334.jpg
するとここで反対側に、全く見慣れない黄色いバス!整理番号5-3424(横浜200か4326)で「横浜市営」のロゴからして市バスなのは判りますが「貸切」表記が謎。これ、友人の談によれば大桟橋や大黒ふ頭に着岸したクルーズ船の旅客を、桜木町や横浜駅に運ぶ専用バスなのだそうです。そんなバスが長後街道に出現とは・・・絶句です。兎に角、駆り出せるクルマはとことん駆り出しているという事なのでしょう。
c0360684_09543484.jpg
先のブルシティとクルーズ船旅客輸送用バスのスライド!
c0360684_09562664.jpg
こちら側にも来ました。整理番号6-3480(横浜200か4543)で、先程の5-3424とスライドしている筈で、しかも年式が違うのですね(整理番号のハイフン左の数字が導入年度の西暦末尾を表す)。
c0360684_09584268.jpg
ウチもたまに早朝に入店する松屋、そしてここが長後街道と判る青看板と黄色い市バス。もはや異世界!
c0360684_10011325.jpg
市バスにとうとう凄いのが来ました、西工です!整理番号7-4602(横浜200か2528)ですから2007年式のUD車(ハイフン右4ケタの千の位がシャーシメーカを表し、1いすゞ、2三菱、3日野、4UDとなる)!画像としてupしていませんが、先程から定期路線の神奈中の西工(2008年式)も数台が姿を見せていますから、西工同士のスライドが展開したことでしょう。
c0360684_10043991.jpg
冒頭のほうで見た神奈中の代行バス、「せ63」が戻ってきました。ここまでのインターバル35分、恐らく戸塚バスセンターまで行って折り返しているのではないでしょうか。なら戸塚から代行輸送すれば・・・というのは簡単で、バスセンターは駅から離れていて一見客には不案内で誘導の手間も大きく、かつバスセンター内での旅客の混雑を助長するだけなので、地下鉄折り返し線を有す踊場でのジョイントは正解かと思います。 

※6月7日午後訂正補足:踊場側での折返し、実際に現地では「もしや」と思うも「まさか」で片付けたのですが、実際はその「もしや」の通りで本日現認したところ「汲沢団地」での折返しが正でした!詳しくは別記事にて。
c0360684_10103765.jpg
整理番号0-1696(横浜230あ1696)、バス停に定期路線が到着するので前方に出て乗車扱いです。それにしても、こんなところで市バスの営業を見る事になろうとは・・・。

代行輸送のレポートはここまでで、肝心の脱線事故・・・数多の媒体で散々触れられているので仔細に改めるまでもないですが、ウチがその一報に接して「一番電車で脱線」という文字列で先ず思い浮かんだのは、線路屋さんには申し訳ないですが、夜間保守作業の手落ち、即ち機械・器具といった残留物への列車の接触です。良くない勘は概して当たるもので、全くその通りだったわけですが、その発想に至ったのは数年前の記憶があるからです。
c0360684_10181499.jpg
・2014(平26)年2月23日 東海道線車内より

川崎駅での事故、覚えていますでしょうか。終電後の回送列車が「連絡ミス」というヒューマンエラーにより、線路上にあるはずのない工事車両に激突し脱線転覆した恐ろしい事故です。これに限らず、10年ぐらい前だったか近鉄の東青山駅で、やはり夜間保守作業に用いた機械・器具に一番電車が衝突し脱線する事故があり、折しも来阪しまさにその翌日に近鉄特急に乗ろうとしていたウチは、冷や汗ものだったのです。

今回の事故の全体像がハッキリしない以上、多くを言及する事は憚られますが、ただ一つ言わせてほしいのは「安全の対価は決して安いものであってはならない」という事です。これは運輸業に限らず、「安全」を標榜する全ての業種・職種に関わる事ではないでしょうか。ウチもその一人として、本件を他山の石とするものです。1972(昭47)年12月の横浜市営地下鉄開業から47年、有史来初の不名誉な脱線事故の影響はあまりにも大きく、事故区間の再開は早くて9日(日)始発とアナウンスされています。

/
/









# by odoriba96 | 2019-06-07 09:10 | ある日の出来事 | Comments(2)
2019年 05月 29日

そこに「電車」があるから2019初夏(その他・妙なもの編)

c0360684_10235572.jpg
そこに「電車」があるから2019初夏(1日目その1・おおさか東線とEH10保存機)
そこに「電車」があるから2019初夏(1日目その2・マルーンのそよ風に包まれて)
そこに「電車」があるから2019初夏(1日目その3・六甲道往還、そして夜の帳の十三)
そこに「電車」があるから2019初夏(2日目その1・曇天の大正駅で環状線ウォッチング)
そこに「電車」があるから2019初夏(2日目その2・ミナミの南海電車、複々線編)
そこに「電車」があるから2019初夏(2日目その3・ミナミの南海電車、汐見橋線編)

画像は泉北3000系のエンブレムで、「RAIL WAY」の「R」、泉北の「セ」、大阪府の鳥である百舌鳥(もず)、それぞれをシンボライズしたものだそうです(保育社刊:日本の私鉄8南海(昭56年発行)より)。


続きを読む・・・・・・・・・・・・

# by odoriba96 | 2019-05-29 12:08 | お出かけとかオフ会とか | Comments(4)
2019年 05月 24日

そこに「電車」があるから2019初夏(2日目その3・ミナミの南海電車、汐見橋線編)

c0360684_13225206.jpg
そこに「電車」があるから2019初夏(1日目その1・おおさか東線とEH10保存機)
そこに「電車」があるから2019初夏(1日目その2・マルーンのそよ風に包まれて)
そこに「電車」があるから2019初夏(1日目その3・六甲道往還、そして夜の帳の十三)
そこに「電車」があるから2019初夏(2日目その1・曇天の大正駅で環状線ウォッチング)
そこに「電車」があるから2019初夏(2日目その2・ミナミの南海電車、複々線編)

南海電車の複々線区間での撮影、その合間に南海高野線の支線である通称「汐見橋線」を訪ねる事としました。記憶の限りでは初訪問です。


続きを読む・・・・・・・・・・・・

# by odoriba96 | 2019-05-24 16:33 | お出かけとかオフ会とか
2019年 05月 20日

運転会に逝ってきました2019(エムズ・クラフト(模型工房パーミル)さん)

c0360684_14390021.jpg
番組の途中?ですが、表題の通り昨5月19日に昨年以来となる「模型工房パーミル」さんでの運転会に出向いてきました。相変わらず、本題以外の寄り道が多いです(何


続きを読む・・・・・・・・・・・・

# by odoriba96 | 2019-05-20 17:41 | お出かけとかオフ会とか | Comments(2)
2019年 05月 20日

そこに「電車」があるから2019初夏(2日目その2・ミナミの南海電車、複々線編)

c0360684_09454187.jpg
そこに「電車」があるから2019初夏(1日目その1・おおさか東線とEH10保存機)
そこに「電車」があるから2019初夏(1日目その2・マルーンのそよ風に包まれて)
そこに「電車」があるから2019初夏(1日目その3・六甲道往還、そして夜の帳の十三)
そこに「電車」があるから2019初夏(2日目その1・曇天の大正駅で環状線ウォッチング)

新今宮からは南海電車へと乗り換え、今秋から置換予定とされる6000系をはじめとしたウォッチングです。



続きを読む・・・・・・・・・・・・

# by odoriba96 | 2019-05-20 10:05 | お出かけとかオフ会とか | Comments(0)
2019年 05月 14日

そこに「電車」があるから2019初夏(2日目その1・曇天の大正駅で環状線ウォッチング)

c0360684_09230988.jpg
そこに「電車」があるから2019初夏(1日目その1・おおさか東線とEH10保存機)
そこに「電車」があるから2019初夏(1日目その2・マルーンのそよ風に包まれて)
そこに「電車」があるから2019初夏(1日目その3・六甲道往還、そして夜の帳の十三)

一夜明けて2019(令元)年5月9日、木曜日です。この日のスタートは昨夏と同じで御堂筋線西中島南方、そしてまたもや10系との遭遇ですが、今回はVVVF車の1120編成です。本日の主目的は南海ですが、その前に少々環状線をウォッチングしてみたいと思います。


続きを読む・・・・・・・・・・・・

# by odoriba96 | 2019-05-14 10:02 | お出かけとかオフ会とか | Comments(2)