赤い電車は臼い線

odoriba96.exblog.jp
ブログトップ
2018年 02月 09日

立春の頃に

c0360684_18194971.jpg
最近の諸々です(何
以前に入線したP42DC(♯99)、重連時機次位車として専従させるべく、ライト基盤から灯具を前後とも撤去しました。リードをブツ切りにするのではなく、半田コテと吸い取り線を用いての丁寧な除却です。無いとは思いますが、除却前の状態に復活させることは可能ですので。

そしてこれの同型であるロードナンバー違いの♯160が先月リリースされ、予約までしたうえで入線したのですが、前部MUホース装着に際してのプロウ取り外しを誤り、プロウの取付ツメを折損するという体たらく・・・。本来なら西落合に回送せねばなのですが、その機はまだ先になりそうです。
c0360684_18274370.jpg
地元ブルーラインは3000形で統一されていますが、そのうち3000R形である40Fの車内客扉上部にLCDが改造で追設されているのを今月頭に発見しました。画像がその状況の全てですが、何も知らなければこれが仕様と思われてしまうでしょうね。デフォの3000R形は、画像でのLCD設置部に櫛形のLEDスクロール機と樹脂製の路線図が掲げられているのです。
c0360684_18302429.jpg
こちらは最新の3000V形である61Fで、この61FからLCDの設置は始まりました(もちろん新製時から)。先の40Fの例に追従して、今後も他編成に波及するのか注目されます。
c0360684_18323891.jpg
模型弄りらしい事をしなくなって久しく、今後もその状況変化は見込めないことから作業台の大粛清を成しました。恐るべき量のパーツ類や組みかけのキットを処分したわけですが、「これも使える」「あれも使える」「もったいない」の連鎖では環境が行き詰まることは明白。此度の断舎利は決して後退的なものではなく、「リセット」し整える意味合いが強いのです。

かくいう私自身も、色々リセットしないと先が見えなくなりつつあるというか・・・何とかしないとマズいです(疑惑

/
/

[PR]

by odoriba96 | 2018-02-09 18:38 | ある日の出来事 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 最近のあることないこと~E21...      晩冬の頃に >>