赤い電車は臼い線

odoriba96.exblog.jp
ブログトップ
2018年 03月 16日

京急2000形、引退へ

c0360684_16332428.jpg
・鮫洲 2031

巷間で周知されている通り、京急の2000形が3月下旬で引退する事となりました。予定としては3月25日の特別運転(抽選制)がありますが、それがラストとなるか否かは不明です。去る3月11日には文庫で記念券が発売されるも即日完売となったようですが、既に私自身が線路際から遠ざかって久しいので、今一つピンと来ません。とは言えども2000形は紛う事なき「名車」、その在りし日を僅かばかりの記録ですが、振り返ってみたいと思います。
c0360684_16342057.jpg
・2010年4月18日 京急川崎 2461

各駅停車向けの足回りではない2000形の普通車運用は、ある意味もっともみすぼらしい役回りではなかったかと感じます。データイムの12連運用の廃止で4連口が過剰となった背景が大きいでしょうが、2000形においては後から登場した4連が先に引退しています。
c0360684_16380284.jpg
・2010年5月16日 横浜 2041

8連も8連で2000形の場合は3扉化以後は朝夕のみの運用が原則化し、かつてのイメージリーダーカーもご隠居さん・・・であったところ、「D急行」復活を伴う「エアポート急行」新設でデータイムも大車輪の活躍をするに至ったのは、大きな話題となりました。
c0360684_16420793.jpg
・2010年5月18日 京急川崎 デハ2031車内

スライドする浦賀行普通車(デハ1250)を乗務員室越し捉えたカット。これだけでは2000形の車内からであるか否か疑わしいのですが、前後のコマから判断して間違いないようです。1000(Ⅰ)形の引退まで1ヶ月となっていた頃のワンシーン。
c0360684_16485090.jpg
・2011年4月24日 日ノ出町 2061

色々と忘れられない時期でしたが、私自身は普通の生活を送れたので、奇をてらう事なく日々を送っていました、それはそこに走り続ける車両たちもまた同じでしょう。だからこそ私も立ち止まらなかった。「列車の走らなかった日は、有史以来一度もない」
c0360684_16532778.jpg
・2012年5月27日 京急ファインテック久里浜事業所 2431

過去の栄光かも知れませんが、以来、京急において該当形式はありません。それほどのインパクトをもって2000形の登場は受け止められたのでしょう。
c0360684_16553749.jpg
・2012年6月23日 いこいの村あしがら 拙作の2011

実車の登場30周年記念と勝手に銘打ち、GMキットをストレート組みしたもの(但し、床下機器は全面的に並べ替えています)。倶楽部のモジュールオフで走らせてもらったのも想い出です。
c0360684_16594133.jpg
・2013年1月5日 京急川崎 2061

後進がどんどん台頭しても微塵も喪われなかった存在感の根幹は、その非貫通顔にあると思うのです。800(Ⅱ)形やそれ以前の二枚窓グループとは異なりライトケースが腰板にある非貫通顔は京急唯一で、やはり形容しがたい独特さがあったのです。あとは冷めた見方かもですが、600(Ⅲ)を嚆矢とする2100や1000(Ⅱ)に至るフロントスタイルの如く大量生産されなかった稀少性もあるかも・・・数が少ないのは目立ちますからw
c0360684_17063200.jpg
・2013年1月24日 金沢文庫 2011

そして5年前の2013年、ファーストナンバーである2011編成に白太帯が再び纏わされました。不揃いの側窓with3扉がなぁとボヤいても、遠目に見れば目にも美しい往年の姿。120km/h運転開始で食い入るように眺めたスピードメーターと、フロントガラス越しに飛んで行った車窓を私は忘れません。

/
/



[PR]

by odoriba96 | 2018-03-16 17:37 | 実車趣味(民鉄その他) | Comments(2)
Commented by まさ at 2018-03-18 23:23 x
京急2000形は、前面展望が良いので、横浜在住時好んで利用しておりました。
もっとも、夜間の利用がメインだったので、進行方向右側の席で運転士の
キビキビとした挙動を眺めるのがメインでしたが。(スキあらばノッチを入れる
運転は、ここと北越急行くらいでしょうか?)

京急の伝統を破る腰部2灯の前照灯や両開きドア、他であまり見ない集団見合い式
の客席など、かなりのインパクトがある車両として登場した当時を知るものとしては
寂しさを感じずに入られません。

Commented by odoriba96 at 2018-03-19 18:38
>まささん
コロコロ変わる現示に即応してのハイピッチ走行、横浜以南の急曲線と定時走行の狭間をこなすハンドル捌きはいまも健在でしょうか。
尼崎事故以後は待避ダイヤにもゆとりを設け、更にはデジタルATS化で色々感覚的に変わっているかもしれません。

2000形はそんな京急のアクションに満ちた頃の花形でしたね。
ロングシート3扉化後もプリーツカーテンは健在で、「ただならぬ」気品を最後まで有していました。
2扉の優等車両は昨今使いづらいのか、彼方の西鉄でも先頃2扉車が消えてしまいましたね。
「ポスト2100」があるのか、2000が居なくなってもまだまだ注目の機会がありそうです。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 荒ぶる3月      変わり行く日常のなかで~さらば... >>