赤い電車は臼い線

odoriba96.exblog.jp
ブログトップ
2018年 03月 27日

Alco PA-1入線!

c0360684_18405020.jpg
本日2件目です。→1件目「ダイ改での湾岸小ネタ」はこちら

表題の通りですが、画像の如くKATOのPA-1(AT&SF)が入線しました。思えばKATO CORRUGATED PASSENGERCAR SET(AT&SF)が引き金であったものの、PA-1自体はかねてより「いつかは」と欲していたモデルです。最近ですと今年1月にD&RGW(デンバー&リオグランデ・ウェスタン鉄道)仕様のPA-1が再生産され丼門にも入荷しましたが、となると「カリフォルニア・ゼファー」セットも揃えないと格好がつかないわけで・・・と、躊躇していたのです。

アメリカ型の旧いDLというと、あのドッグノーズが愛嬌なEMD社のFシリーズやEシリーズのイメージが強くなりがちかもですが、シェアを競ったというAlco社のPAシリーズ、FAシリーズ(貨物用で軸配置B-B)の直線的なボンネットスタイルもまた、独特の重厚感を湛えていて好対照です。そんなPA-1モデル入線の前座記事として、これまでに世に出たKATO製のバリエーションをweb上から抽出し、纏めてみました(左から、品番、ロードネーム、ロードナンバー、セット内容です)。

・1990年代(1998年頃?)のロット
106-0501  AT&SF  ♯51L ♯51A   PA-PB
106-0502  AT&SF  ♯53L ♯53A   PA-PB
106-0601  EL  ♯855 ♯861   PA-PA
106-0701  NYC  ♯4201 ♯4301   PA-PB
106-0702  NYC  ♯4202 ♯4302   PA-PB
106-0703  PRR  ♯5752 ♯5750B   PA-PB
106-0704  PRR  ♯5762 ♯5752B   PA-PB
106-0801  SP  ♯6006 ♯5911   PA-PB
106-0802  SP  ♯6005 ♯5912   PA-PB
176-4103  SP  ♯6008   PA
106-0803  UP  ♯602 ♯604B   PA-PB
176-4106  UP  ♯605   PA
106-0901  WAB  ♯1020 ♯1021-A   PA-PA
176-4109  WAB  ♯1053   PA


・2004年ロット(※DCCフレンドリー)
106-0503  D&RGW  ♯6001 ♯6002   PA-PB
176-4101  D&RGW  ♯6003   PA
106-0504  AT&SF  ♯52L ♯52A   PA-PB
176-4102  AT&SF  ♯54L   PA
106-0505  D&H  ♯19 ♯16   PA-PA


・2008年ロット(※ナンバーボード別体化)
176-4104  SP  ♯6055   PA
176-4105  SP  ♯6056   PA
176-4111  SP  ♯5922   PB
176-4112  SP  ♯5924   PB


・2010年ロット(※2018年1月にも再生産)
176-4107  D&RGW  ♯6011   PA ※Four stripe
176-4108  D&RGW  ♯6013   PA ※Four stripe 
176-4113  D&RGW (No number)  PB ※Four stripe


上記、それなりに正確性を期せたと思いますが、ロットの時期に誤りがあるやも知れませんし、このほかにバリエーションが存在する可能性もあります。但し、KATOが1960~70年代にコンコーブランドで製造したOEMモデルについては触れていませんので悪しからず(そこまで追えないw)。

今回入線したのは品番で言うと、2004年ロットの106-0504と176-4102で、某店からの新品でお輿入れです。同ロットで他の2ロードネームは見ないのに、何故一番スタンダード?なAT&SFが売れ残っているか・・・。因みにD&HはPA-1のアメリカ国内最後の活躍場所であったようで、PA-1自体もAT&SFからの中古入線だったとか(塗り分けが同じなのはそのせい?)。モデルについては後日触れます。

/
/


[PR]

by odoriba96 | 2018-03-27 19:29 | 9ミリ(外国型) | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 「28日」の因縁      ダイ改での湾岸小ネタ >>