赤い電車は臼い線

odoriba96.exblog.jp
ブログトップ
2018年 04月 15日

新年「度」会というか・・

c0360684_22024835.jpg
運 車云 会 に行ってきました(何
場所はこの時以来2年振りのこちらです。その2年前と同じく地元の悪友兼ブローカー様とご一緒です。
c0360684_22070013.jpg
鉄道模型、とりわけスペース性の優位な9ミリ(Nゲージ)は色々な楽しみ方があります。買う楽しみ、集める楽しみ、眺める楽しみ、飾る楽しみ、造る楽しみ、走らせる楽しみ・・・といったところでしょうか。とはいえども、高額なモーター車を含むのであればやはり走らせたいところ。そんなわけで今回はテトリスよろしく積み上がるだけの車両たちの欲望解放?を満たしたかったわけです。

画像のP42+F40PHのフェーズⅢ重連ですが、F40PH次位ですと特定箇所でBaggage(荷物車)の前位台車が脱線しました。恐らく、両機のシンクロ度合いや、転がりがヒジョーに悪いAmfleet客車とに挟まれる等の「競合要因」はあるかと思いますが・・・。なので以後はF40PH前位で落ち着かせました。
c0360684_22100938.jpg
c0360684_22103133.jpg
c0360684_22104543.jpg
c0360684_22112456.jpg
どれもこれも、フル編成でガンガン走らせます。アメリカ型客車の車長は、国内型での新幹線サイズに相当しますから迫力もありますし、それがフル編成であっても無理無く?楽しめるのは9ミリのアドバンテージたる面です。
c0360684_22133273.jpg
C54に続く戦災復旧車と、戦後すぐに生まれた色鮮やかなPA/PBとのスライド・・・まさに対照の妙です。
c0360684_22194927.jpg
右端のPA/PBに連なるのは、1950~60年代をイメージした長距離列車、真ん中はAmtrak発足以後現代にまで続くダブルデッカーの大陸横断列車、そして左端は「That′s Amtrak」とも称されたF40PH先頭の昼行列車。いずれも存在した時代は違えど、全て客車列車というのがイイんです。
c0360684_22272806.jpg
悪友持参のアイテムにはこんな珍品も(爆
東急百貨店の特注仕様で、かの「鉄道模型考古学」(ネコ刊)でも触れられているアイテム。
c0360684_22302797.jpg
輸送中の摺動などで、新品だったPA/PBの外紙箱はケチョンケチョンですが、後悔なんてあるわけない。AT&SFの客車12連の先頭に立つPA/PBは何周させても飽きないほどに美しい眺めでした。フル編成で走らせてストレス解消!やっぱ走らせてなんぼなのかも知れません。

/
/

[PR]

by odoriba96 | 2018-04-15 22:33 | お出かけとかオフ会とか | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 最近のあることないこと      KATO C44-9W BNS... >>