赤い電車は臼い線

odoriba96.exblog.jp
ブログトップ
2018年 11月 19日

アフターシックス?

c0360684_10454305.jpg
貸しレといいますと、先月末の安中遠征がありましたが、外国型というよりは最近増車したマイクロトレインズ製貨車の感触を確かめたく、9月のオープン間もない頃以来となる池袋のレンタルレイアウト「西イケ」に寄ってきました。時に日曜のマイアミ退勤後ですから、さしずめアフターシックス?それなりの荷物の携行も伴いますから、通勤ラッシュとは無縁の日曜出勤ならではの役得でしょうか。
c0360684_10474596.jpg
オープンから2か月半、既に供用されている一期線レイアウトとは別に、二期線レイアウトの製作も粛々と進んでいるようで、その様子が垣間見えます。全面開業の暁には相当の規模となるのは間違いないでしょう。
c0360684_10553969.jpg
供用されている一期線レイアウトでも完全に出来上がっているわけではなく、未成と思しき箇所もありました。9月のオープン直後と現在とを比べてみました。まずは9月の路面電車線終端付近ですが、ここはもともと二期線の予定地が占めている部分です。
c0360684_10574661.jpg
現在はこうなっています。地形が出来上がっているうえ線路敷設まで進んでいます。一期線とも接続しそうな感じです。
c0360684_11003425.jpg
9月の路面電車線周回部分です。真ん中に関西私鉄線のターミナル駅が構えていますが、見ての通りホームだけで駅舎はまだありません。
c0360684_11023489.jpg
それが現在は・・・地面も整っていますし、センターポールの架線柱も建植さえれています。そして何より、ターミナルの駅ビルと思しきが見えます。
c0360684_11044335.jpg
そのターミナル駅の終端部側、9月はこのとおりでマステによる養生?ばかりが目立っていました。
c0360684_11055381.jpg
それが現在、立派な駅ビルが建っています。一期線も日々進化しているようで、訪問を重ねるごとの楽しみがありそうです。
c0360684_11092508.jpg
路面電車線の車庫のトラバーサも出来上がっていました。さすがに電動ではないようですが、見どころですね。この路面電車線7・8番線の車庫は共用なので、譲り合って使ってほしいとのことです(店舗サイトによる)。
c0360684_11125801.jpg
それでは本題です。先ずはRS-2(ATSF)牽引のマイクロトレインズ製貨車12両ですが、勾配区間で立ち往生(泣 なので一旦後退させF7Aを前部補機に付けて生還しました(爆 前から2両目のボックスカーの一軸が金属製であるほかは全てプラ車輪なので、その摩擦抵抗が原因なのは瞭然ですが、他方、スタッフさんによればトミックスの初期新集電でも試運転の際同様の事態に陥ったとのことですから、転がりの悪い車両の心当たり?がある向きには注意が必要かも知れません。
c0360684_11190052.jpg
ペン・センのE8牽引の動態保存編成的7両ですが、E8がカーブの特定部で浮くようにして脱線します。そういえば以前にホビセンで運転させた時もカーブの段差にスカートが触れて脱線なんてことがありました。なので逆方向で走行させてみますが・・・
c0360684_11301451.jpg
それでも特定箇所で脱線(画像はイメージですw)。全部が全部脱線するのなら兎も角、そうでないのであれば車両個々の仕様と割り切るほかありません。結局この調子のすこぶる良くないペン・センE8、どう格好をつけたかというと・・・
c0360684_11322939.jpg
RS-2の次位機ですw しかもスカートが怖いので逆向き連結。色合いが合っているのでこれはこれでアリかも?E8の脱線は3軸であるのが原因かとも思いましたが、同じ3軸のPAは真逆にすこぶる調子が良かったのでそれは当てはまらないでしょう。今回お借りした3番線において「正向き」でまともに周回しなかったのがこのE8だけですから、如何ともし難いところです。
c0360684_11394026.jpg
F40PHとP42によるフェーズⅢのアムフリートです。F40PHとP42の連結位置を前後変えても問題無くスムースに走行し、アムフリートの転がりが鬼であるのが信じられない程です。
c0360684_11415284.jpg
美しきかなPAも、ATSF客車14両の先頭で華麗な走りを見せてくれました。ウォーボンネットのPAは来年4月以降の再生産がアナウンスされましたが、ロードナンバー違いに加え、広告列車の牽引機として存在した「ゴールドボンネット」バージョンもラインナップされ驚かされました。悩んだのですがキワモノの「ゴールドボンネット」はスルーし、PBのみと同時再生産の「エル・キャピタン」を予約するに留めました。12月のフレイト・トレインセット(ATSF)、2月の「スーパー・チーフ」とF7Bも予約済みで大物が続くからです(汗
c0360684_11495106.jpg
今回の持ち込み編成です。運搬のキャパはスポーツバッグ程度の大きさでしたが、アムフリートをブックケース収納としたのが奏功していると思われます。
c0360684_11520017.jpg
これは別角度で、且つ牽引機が入れ替わっていますが、F7に続くダブルルーフ客車はマイクロトレインズ製で、実車は競走馬の輸送用として製造され、後年は荷物車や保線車として使われたそうです。そういえば今回、F7牽引時の静止画がありません(汗



なので動画でお茶を濁します。
ダブルルーフ客車に続くコルゲートカーですが、このうちドームカーが特定箇所の段差で分離するのでカプラー交換の要有りと感じています。カプラー自体がスプリング無しのナックル?で、且つヘタっているので。「かもめナックル」あたりが使えるかどうか?まあフツーのカトカプでも良いですが・・・。
c0360684_11575679.jpg
早朝出勤の勤務からのアフターシックスに疲れが全く無いかと言えばウソになりますが、イイ気分転換にはなったようです。

/
/




by odoriba96 | 2018-11-19 10:47 | お出かけとかオフ会とか | Comments(4)
Commented by chikatetu-kanji at 2018-11-19 22:31
ここ行ってみたいです…。
Commented by JRE1152000 at 2018-11-23 18:50
>転がり抵抗が悪い
金属車輪待ったなし!(断言
Commented by odoriba96 at 2018-11-24 21:27
>某会長様
御無沙汰しています。
多忙かとは存じますが、落ち着いたら是非遊びに行きましょう!
Commented by odoriba96 at 2018-11-24 21:29
>JREさま
まったく以てそれは十分承知していますが、一軸¥0.2k以上となってきますと悩ましいです。
現状では補機対応ですが、いずれは何とかしたいところではあります。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< 最近のあることないこと~寒風か...      マイクロトレインズの貨車(その1) >>