赤い電車は臼い線

odoriba96.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:お出かけとかオフ会とか( 103 )


2019年 01月 14日

倶楽部のモジュオフに行ってきました2019@けんかつ)

c0360684_19113245.jpg
昨年来の「けんかつ」での倶楽部のモジュオフに逝ってきました。
c0360684_19042139.jpg
行きがけの大宮工場脇にはいまだに209系0番台が・・・「訓練車」の字が見えました。
c0360684_19070376.jpg
「てっぱく」にはE1が加わっています。
c0360684_19102562.jpg
屋内展示であったDD13 1はムーミンに追い出され屋外へ・・・。折しも頭上をE4が駆け抜けて行きます。
c0360684_20062861.jpg
でもってモジュオフw
某氏の使い捨てモジュですが、何とこれ河川の表現に実際の「水」を注入しているんです(驚
c0360684_20075074.jpg
その生々しさ、判りましょうか?
c0360684_20081691.jpg
こちらも使い捨てモジュで、ストラクチャはペーパーによるフルスクラッチと見て取れます。
c0360684_20092944.jpg
御大の駅モジュも改良されたとのことで、操作性が向上しているようです。
c0360684_20102923.jpg
事故調もまあまあ・・・
c0360684_20104603.jpg
でも全体的には劇的に少なかったです。
先の某氏の「実際の水面」モジュでの水没が密かに期待されましたが、一切転落しませんでしたし(爆
c0360684_20122048.jpg
ホワイトボードがありましたので、記憶を頼りにした各メンバーのお絵描き対決?
先ずは「エコレールマーク」・・・
c0360684_20131458.jpg
次いで「103系」・・・
c0360684_20133446.jpg
そして「EF65PF」・・・
何というか、各々の得意分野というか人間性が出ているようで興味深かったです(何
c0360684_20160652.jpg
某氏の例のモジュを行く17M級旧国・・・臨海部の雰囲気にマッチしています。

いささか駆け足気味というかほぼダイジェストでしたが、年始の顔合わせが無事に了しました事、幹事氏はじめ参加諸氏に感謝致します。

/
/


by odoriba96 | 2019-01-14 20:22 | お出かけとかオフ会とか | Comments(1)
2019年 01月 06日

東京大神宮2019

c0360684_15442437.jpg
本日、昨年に引き続き 懲 り ず に お出かけしてきました。
東京から御茶ノ水乗り換えで、中央(緩行)線へ・・・車両は昨年と同じくのキャッツ・アイです。
c0360684_15471609.jpg
そして飯田橋下車。
この1年でE231系500番台もだいぶ緩行線に転属してきたのではないでしょうか。
c0360684_15595046.jpg
飯田町貨物駅というか飯田町客貨車区の僅かばかりの残滓を味わいつつ・・・
c0360684_16004357.jpg
その傍らの急行線を往く「いま」の電車を狙ってみたりもします。しかしこの電車の12連化、本当に実現するのでしょうか。そんな道草もそこそこに、飯田橋で下車し向かう先は・・・
c0360684_16044139.jpg
竹書房!!

ではなく・・・
c0360684_16070459.jpg
東京大神宮!!

ですが、このスカスカ感は記憶に無いです。昨年1月3日のほぼ同時刻(午前9時台)の同地点での画像を引っ張り出してみましょう。
c0360684_16080529.jpg
・2018年1月3日 

なんと、三が日というだけでこの破壊力!
確かに初詣は三が日が理想的とも言いますが、これほどの差があるとは・・・。まさか、単に恋愛沙汰の成就を願う向きが減ったとか?
c0360684_16122352.jpg
尤も、真に大事なのは神頼みに托生するのではなく、自身の努力如何に依るわけで・・・というのは兎も角、連れだってアトラクション的なノリで楽しんでいる向きや、神妙な面持ちでおみくじを眺める向きといった様々な表情の参拝客(パッと見7~8割が女性)のうごめく境内は、やはり東京大神宮なのだなと思います。
c0360684_16325007.jpg
おみくじの結果が全てではありませんが、今年は現実的な「中吉」でした。
c0360684_16351484.jpg
本日は朝からどんよりした曇天で、ウチの周りで晴れ間があったのはこの画像の刹那と、飯田橋~東京大神宮界隈だけでした。神田川の水辺で身をくねらせる中央(快速)線列車、車両はアレですがロケーションは結構好きです。
c0360684_16391443.jpg
そして帰路のスカ線車内から新川崎停車時に・・・うおおおお、ニーナっ!!

ホーム上からも年少者がカメラを構えていました。1973(昭48)年8月15日付で下関区に新製配置され、既に車齢46年目。EF66形0番台最後の現役稼働機であるニーナこと27号機は年を越し2019年を迎えました。EF66形0番台に於いて唯一「三元号」、即ち昭和、平成、そして新元号を現役のまま迎えるのか?その去就が大いに注目されます。

/
/





by odoriba96 | 2019-01-06 15:48 | お出かけとかオフ会とか | Comments(0)
2019年 01月 05日

年末年始のあることないこと~2019年が幕開く!

c0360684_21321679.jpg
あけましておめでとうございます。
先ずは昨年年末のブルーライン戸塚駅における終夜運転の発車時刻表。注釈において「臨:臨時の湘南台行」とありますが、当該の時間帯は通常であれば旅客列車が運行されていないので、素人目には全て臨時列車に思えますが・・・何か実務上の違い?それを旅客に周知してたところでともなれば、妙としか言いようがありません。
c0360684_21363381.jpg
ウチの仕事納めは12月31日、そして仕事始めは1月1日、これは例年通りなので特別な感慨は微塵もありませんw 寧ろ、通勤ラッシュ(早朝であっても)とは無縁なので、こんな快適な旬間も無いと思うのですが。そんな中での元日に地元の悪友と忘年会兼新年会の一席、店内がフードコートみたいな造りなうえ動線が狭い居酒屋で落ち着きが無かったですが、この席で得たハナシは興味深いものばかり・・・やっぱ定期的に会わないとですね。
c0360684_21395927.jpg
1月3日のブルーライン戸塚駅、そこに姿を見せた47Fですが・・・
c0360684_21402651.jpg
ダッシュボード(とは鉄道車両では言わないか)上に「迎春」のヘッドマークというかヘッドボードを掲出!ウチが確認したのは47Fのみですが、撮影の同好者も見えず相変わらずローカルな路線だなと思いましたw
c0360684_21425527.jpg
そして1月5日本日、お馴染み芋こと某丼店から頂いた年賀状のシリアル末尾数字による、景品キャンペーンにつき浜芋へ。末尾数字と景品の相関は店舗により異なるはずですが、幸いにも実用的な「卵かけごはん醤油」をゲット!因みに昨年は「一昨年」の年賀状を持参して景品交換ならずという大失態でした(爆
c0360684_21455181.jpg
というか、本題はこちら!思いっきり処分価格の30%引に加え15%ポイント還元をエサにした、創業祭という名のお抱え在庫品の叩き売りでして(何 まあ大抵はイマイチ琴線に響かないアイテムが・・・となるはずですが、まあそのあたりは個々の嗜好によりけりなのか、昨年末から大晦日までの創業祭第1弾では富のキハ58ハウステンボス(赤いやつ)が売り切ったとか何とか。
c0360684_21490595.jpg
9ミリ(Nゲージ)の旧形国電はキット組みによって成すものであり、完成品ではその仔細な個体差は求められない・・・という、完成品の旧形国電に対する「一定の抵抗」がウチの中には存在しました。しかし、もうそういう時代ではなくなったのです。それを悟ったが故の、創業祭特価とはいえどの今回の入手。あまつさえ、年始の初入線車両がこのところスタンダードのアメリカ型ではないあたり「2019年新たなる物語」封切の予感を匂わせます(意味不明
c0360684_21555447.jpg
鶴見線の増結と南武支線のコンボ、うち南武支線セットに込まれるクモハ11248・・・弊旧ブログでも取り上げ2013年に解体されてしまった、あのハコです。事故車とかではないのですが、印象に残る数列です。カトーのオシ17 2018は北陸トンネル事故の火元、マイクロエースのDD54 2は推進軸破断による「棒高跳び事故」の当該車とか・・・他にもありましたっけ?
c0360684_22030095.jpg
そんなこんなで浜芋での初無駄遣いの後は、お呼ばれしていた会長様の邸宅へ向かいます。時間帯的にハマ線は根岸線直通ですから、フツーは浜芋からでしたら横浜から乗ります。しかし、ハマ線の始発は東神奈川だからねという無駄な拘りをもってしまったがため?意地でも東神奈川からハマ線に乗車するというよくわからない行動に出ますw
c0360684_22051065.jpg
でもって八王子みなみ野着。
c0360684_22071221.jpg
氏ぬまでこの駅に降りることは無いと思っていましたが・・・人生何が起こるかわかりませんw して、会長様よりメールで「西口のロリータにいる」とありましたが・・・
c0360684_22094182.jpg
ロリータがありません!(爆
しかしここで左上にある不自然な嵩上げ空間というか台地というか、東戸塚西口と似たような感覚を見逃すはずも無く、勇んで上がればそこがロリータでしたw
c0360684_22112522.jpg
そしてイキナリ姿を見せたのは京王5000系(二代目)のラッピング?と思しき京王バス!この時点で会長様をほったらかしにしています(爆
c0360684_22121553.jpg
リヤも5000系(二代目)デザインです。
ここで会長様と年始の挨拶を交わし邸宅へ・・・とはならず、何故かオフハウスw
c0360684_22133743.jpg
その後は、お子さんが生まれてから好き勝手に行動というわけにもゆかず、ラーメン店へ行きたいという会長様の欲を満たすべく同伴。その車中からはこれまた異色?の京王バスで、1970年代頃の貸切車塗装と思われます。
c0360684_22152563.jpg
スロープ付き階段をアグレッシヴに駆ける郵便屋さん・・・プロですねw

c0360684_22164095.jpg
ウチの外食がいきおい安普請なので、こういったお店に入る事は稀。本場札幌の西山製麺から直送の麺を用いている「めんや 蔵」です。
c0360684_22215977.jpg
ステレオテイストの味噌ラーメンにありがちな「褐色のしょっぱいスープ」などでは決してなく、ともすればまろやかさを覚えるほどのアッサリ感。中途半端な平太麺とは一線を画した丸麺とスープの親和性も絶妙で、化調慣れしたバカ舌を唸らせます(逆説 ボリウムも十分あり、この一杯で腹一杯になります。
c0360684_22264464.jpg
会長様の邸宅では、昨年生まれたばかりのお子さんに子煩悩を発揮したり(疑惑 色々もてなしていただきました。日も暮れた駅まで送っていただいたこの自動車も新車への置き換えが決定しているとの事で、ウチにとってはこの機を以てお別れです。かつては遠く横浜のチベットである拙宅まで足を運ばれた事もありましたね・・・想い出です。
c0360684_22295662.jpg
そしてその帰途、湘南台駅の売店で何となく目に入ったデニ1300の鉄コレ・・・これの発売が2012年の夏ですから、もう7年間売れ残っているという!そんな割とどうでもイイ事に感動し、買っちゃいました(爆 店先に置いてあり目に留まったのがラストの在庫で、わざわざホコリを雑巾で拭き取ってくれました。湘南台でこれですから、他の駅にもあるかもですね。そんなにデニ1300、売れなかったん?
c0360684_22321252.jpg
まあ実際中古市場でも見ますし、その額面からしても全然レア物ではありません。それどころか、専用動力も今や入手不能なのですから、これを無駄遣いと言わずして何と言おうw 動力は16M級Bに相当するらしいですから、部品の組み合わせ次第ではデッチあげられそう。でもそこまでするつもりは毛頭ありません。
c0360684_22370641.jpg
大野から乗車した各駅停車が、大和で後続の快速急行を待っている画ですが、このフレーミングで思い出したのが・・・
c0360684_22375877.jpg
・大和にて2000年代初頭頃・・・拙撮影

そう、9000系もここで撮っていた!
よく「昔はよかった」と言う表現を「見当違い」とか「美化された過去」などと揶揄する向きもありますが、鉄道趣味に限っては間違いなく言える・・・昔はよかった。

そんなこんな?で、弊ブログを本年もよろしくお願いします。

/
/




by odoriba96 | 2019-01-05 21:52 | お出かけとかオフ会とか | Comments(4)
2018年 12月 21日

最近のあることないこと+総本山参詣納めてんこもり(何

c0360684_16004159.jpg
このところのネタを全部垂れ流しです(何
まずは職場の数名で御徒町界隈へ。あまりネガティブな事も書きたくないのですが、職場の諸変革により空気が前例の無いほど混沌としています。果たして何が正しくて何が間違っているのか・・・。その憂さを晴らすという企図があったかどうかは兎も角、結局4軒ハシゴしましたw でも1軒あたり2杯程度で切り上げていますから適量です???
c0360684_16045059.jpg
ブルーラインの3000系に異変です。
先ずはノーマル画像ですが、行先表示はシンプルなLED表示・・・。
c0360684_16053361.jpg
それが最近このような編成が出てきました。
最新編成の61FよろしくフルカラーLEDの表示器に換装されています。白色LEDのせいか画像では白飛びしていて判読できませんw
c0360684_16065502.jpg
アップにするとこうなります。
現在、40F、41F、43Fで換装が確認されています。廃車対象である初期形(3000A)以外の編成が最終的に換装されるのか興味深いところです。
c0360684_16091768.jpg
表題にもある本年最後の「総本山参詣」に出向いてきました。要は西落合のホビーセンターカトーです。前回は9月に参詣しています。今回は小田急経由、それも久し振り(いつ以来かも不明)にロマンスカーに乗ってみようという次第。目標とするロマンスカーは「さがみ74」の町田→新宿ですが、公式の時刻表上では充当車両がその日により変わる旨あり、何が来るかな?的な楽しみがあるのですが、湘南台の券売機で特急券を求めた際にEXEのピクトグラムが表示され、事実上のネタバレで少しガッカリです(何

湘南台からは各駅停車で島線を北上。乗っているのも、すれ違うのも、角材みたいなビジュアルの電車ばかりとなり、裾絞り車体に張り上げ屋根の「ふくよか」な小田急電車を堪能できた日々は既に過去のものです。背高の架線柱も日頃JR線ばかりにしか乗らない身からすれば新鮮で、それは大なり小なりであっても刺激を給えるわけであり、やはり何かにつけての外出は大事なことと思います。
c0360684_16184021.jpg
東林間を出て単線の築堤を上れば、眼下には大野の車庫が一望ですが・・・ああっ!!!
c0360684_16202266.jpg
c0360684_16193028.jpg
c0360684_16193722.jpg
先頃引退した7000形LSEの哀れな解体場面、全ての鉄道車両が迎えるであろう、約束された最期です。画像の通り部品類を外しドンガラ状態とした上で搬出されるのでしょう。
c0360684_16251986.png
各駅停車は相模大野止まりですのでそこからまた各駅停車に乗り換えて一駅移動で町田着。「さがみ74」は発車案内表示器によれば10両編成でEXE充当が確定ですが、発券された特急券の座席は最後尾の1号車です。「さがみ74」は本厚木始発であり、途中停車駅はここ町田だけですから満席とも思えないのですが、事務的(というか機械的)に発券したので1号車なのでしょうね。
c0360684_16284654.jpg
ホームからはこんな垂れ幕が・・・そりゃまあそうですけど(汗
c0360684_16291893.jpg
「さがみ74」を待避する各駅停車を狙おうとしたら、後背からタタンタタンタタンと呑気な音色を奏でながら、やたら長い救急車が迫ってきた!
c0360684_16303261.jpg
何だか知らないけど並んだああああああああああああ!!!
c0360684_16311030.jpg
そして本命は・・・うわ、ミスった(泣
c0360684_16313445.jpg
今回のロマンスカー乗車は、半世紀を経て完工した小田急の複々線化後の様子を見たかったというのもあります。果たして、かつて黄色いお店を訪れるべく何度も降りた下北沢も地下駅で通過してしまえば呆気なく、地上のゴミゴミした街並みも変貌していくのだろうという感慨を思いめぐらせるに留まったのです。町田→新宿の所要時分は約30分ノンストップで、特急料金¥410は良心的です。
c0360684_16391052.jpg
新宿からは大江戸線で落合南長崎です。
平日午前の総本山、社殿内の参拝客はまばらです。前回の参詣時は土曜日でしたので家族連れで溢れていましたが・・・20年前の総本山とは様相が一変しています。家族連れなんか滅多にというかまず見ませんでした。時代ですね。
c0360684_16482215.jpg
それでは北米型DLの陳列コーナー・・・ですが、画像は9月参詣時のもの。赤枠内に小さく見えるサンタフェのSD40-2が今回のお目当てだったのですが、売れてしまっていました。このSD40-2とP42を組ませたかったのですが・・・



当該のyoutubeがこれです。
標記類が色々と違いますが、ペイントスキームだけで雰囲気充分でしょう。P42の先頭に立つSD40-2、カッコイイですね。
c0360684_17021828.jpg
そしてうって変わり、今回参詣時の同じく北米型DLの陳列コーナーです。定期的?に商品の配置が変わっているのはお約束ですが、前述のサンタフェSD40-2が消えたかと思えば、画像赤枠内に前回参詣時には陳列されていなかったBNSFのSD40-2がっ!!
c0360684_17040822.jpg
BNSFにおけるヘリテージⅠと称されるペイントスキーム、オマハオレンジ/プルマングリーンのSD40-2のまさかのお迎えです。当然、9月参詣時以降にSD40-2再生産の情報はありません。一体総本山の在庫はどうなっているのでしょう(汗
c0360684_17062005.jpg
このヘリテージⅠのSD40-2、何が何だって判り辛いですが、足回り(台車、プロウ、燃料タンク等)もプルマングリーンを纏っていて超オシャレです♪



でもってまさかの、SD40-2ヘリテージⅠとP42牽引スーパーライナーの実例も存在してカ・ン・ゲ・キ♪ 今度編成組んで走らせよっ!
c0360684_17143597.jpg
余談、といっては何ですが「ななつ星」も遂に発売されましたね。芋は分納のようですが、総本山でも大々的に展開してるふうではなかったので、やはり分納なのでしょうか。客車列車ということで気にはなりますが、まあお値段がお値段・・・って、外国型漁っている奴がそんな事言えませんよねw
c0360684_17163498.jpg
総本山で年内最後のお布施を済ませ、落合南長崎駅方向へ戻り新青梅通りに出たところで、関東バスのエアロミディと遭遇!ウチの行動範囲内では目に出来ないので刺激が強いです(何
c0360684_17212311.jpg
総本山からは落合南長崎駅には入らず、徒歩で椎名町を目指していたのですが・・・こんなところに!!既視感のある水色のバスがっ!?
c0360684_17250966.jpg
どう見ても神奈中のリエッセやないかああああああ!!地元でいうと戸塚駅西口~領家中学校・上矢部高校循環や、東戸塚駅~上柏尾町循環でかつて見られた2メートル幅のマイクロバスですが、まさかこんなところで・・・。
c0360684_17273421.jpg
所有主が個人か法人かは不明ですが、ナンバーは有していますので決して廃車体ではなく、それどころか時間貸しパーキングに留まっていたので常駐しているかどうかも疑わしい、何とも不思議なリエッセです。
c0360684_17292015.jpg
・綾瀬営業所にて(許可を得て撮影) 社番:せ202(相模22か5190)

拙撮影の参考記録、神奈中時代のリエッセです。こうして見ますと社名・社番やアヒルのロゴ等が剥がされた他は面影が存分に残っています。今回見かけた現車の社番は綺麗に剥がされており、元の所属営業所等は判読できませんでした。
c0360684_17325955.jpg
バスを見てこんなにコーフンした(←変態)のはいつ以来でしょう・・・。因みにこの場所、伏せておく云々以前にバス通り沿いなので丸見えですw
c0360684_17392267.jpg
そんなこんなで総本山から徒歩で着きたる椎名町、その駅近くに「ぎょうざの満州」はあります。このお店を初めて知ったのは大阪の塚本。だからてっきり関西系かと思い込んでいたのですが、実は埼玉系と知って大いに驚いたのです。「3割うまい」の謎フレーズが気になってたまらず、都心に一番近接しているであろう当店へと出向いたわけです。
c0360684_17421017.jpg
炒飯と焼きそばにそれぞれスープがついてきたので、スープがダブルになってしまいました(爆 味付けが少し濃いめかなとは思いましたが、3割というよりは5割うまい?感じでしたよ(何
c0360684_17454500.jpg
総本山からの徒歩で空腹を確保したはずですが、結構ボリウムがあり満腹でした。いっそ腹ごなしに横浜まで徒歩で還るべきかとも思いましたが、そんな無茶はせず?西武池袋線なる文明の利器で池袋へ出、湘南新宿ラインに乗り換えたのです。意図したわけではないのですが、経路が重複せず周回してきた格好ですね。次回参詣を楽しみとします、あ、ぎょうざの満州もw

/
/


by odoriba96 | 2018-12-21 17:51 | お出かけとかオフ会とか | Comments(0)
2018年 12月 01日

師走、平和島、デハ800・・・

c0360684_21374751.jpg
本日退勤後は、先月半ば以来となる「さかつう」さんに出向いてきました。
「先月」といっても月替わりしたばかりですから実質半月振りで、騒ぐほどのブランクでもないのですが(何 兎にも角にも、マイマミ~東京~国際フォーラム有楽町~品川で移動し、品川の発車案内を見やれば・・・さすがに前回のような4ドアとの遭遇は無いようですw
c0360684_21393115.jpg
姿を見せたのは1000(Ⅱ)における最新のトップモードである「全塗装復活仕様」の6Vです。何というか、アルミからステンレスで自重増加、更に塗膜分増加で如何程シェイプダウンするのでしょうか(爆 まあ無塗装よりはアイデンティティが醸されてはいますが・・・。
c0360684_21481016.jpg
夜の「さかつう」さん・・・画像の使い回しはしませんw
ところで今回の「さかつう」さんでは、大変驚くべき事が起きました。それはありがちな「知り合いと鉢合わせた」というレベルのものではありません。本当に驚くべき事でした(謎
c0360684_21511177.jpg
その「さかつう」さんで求めたものです。
これについては後日にでも改めて触れたいと思います。
c0360684_21523269.jpg
そして戻りし平和島の駅、直ぐの下り普通車は蒲田行でスルー。その数分後に姿を見せた普通車は・・・オデコに灯る温かみのあるシングルの前照灯!これはもう、何が何だって!全宇宙に現役3編成しかないアレでしょう!アレ!勤務先の不健康診断でも明確化されているウチの視力は左右とも裸眼1.5で見誤ろうはずもありません!
c0360684_21550315.jpg
まじかあああああああああ(ピンボケ
c0360684_21553164.jpg
ええええええええええええ!!!!!
c0360684_21571177.jpg
きたああああああああああ!!!!!

800(Ⅱ)だけでも凄いのに!凄いのに!
まさかの8231、リバイバル太帯編成の降臨です!ウチにとっては初お目見えですが、京急ヲタの端くれにも関わらず何故此度まで会い見えなかったのかったかと申しますと、一言でいえば「馴染みが無い」からでした。ウチにとっての800(Ⅱ)の記憶は白細帯で、どう遡っても大師線の700(Ⅱ)の高運転台非冷房車が限界なのです(何
c0360684_22010415.jpg
とはいえども・・・イイじゃないですか、このビジュアルも。
恐らく、ウチにとっては8231のリバイバル仕様との最初で最後の逢瀬のように思えてなりませんが、それより何より凄まじいのは「さかつう」さん詣の度に、まったく企図せずして800(Ⅱ)に乗り合わせる偶然。いや、もはやこれは偶然ではないのかもしれませんですが(錯乱
c0360684_22054385.jpg
8231に乗り合わせ、それこそヲタ的には横浜どころか上大岡まで乗り通してて・・・でしょうが、京急の「緩急結合ダイヤによる高速度・高頻度運転」の陰には普通車の犠牲もあるわけで、更には色々なハコに乗りたい・・・という尤もらしい?理由から、川崎で後続の快特に乗り換えました(爆

その快特は画像の8Eですが、今は座席番号が窓上にステッカーで掲示されているのですね。確かに「ウイング号」等が指定席化されたとは聞いていますが・・・。かつてのように8連の前後4両ずつで自由席とはならず、品川から最前部のヲタ席めがけてというのは過去のものです。それよりも、何と補助席にまで席番が振られていた事に度肝を抜かれましたがw

/
/


by odoriba96 | 2018-12-01 22:13 | お出かけとかオフ会とか | Comments(0)
2018年 11月 19日

アフターシックス?

c0360684_10454305.jpg
貸しレといいますと、先月末の安中遠征がありましたが、外国型というよりは最近増車したマイクロトレインズ製貨車の感触を確かめたく、9月のオープン間もない頃以来となる池袋のレンタルレイアウト「西イケ」に寄ってきました。時に日曜のマイアミ退勤後ですから、さしずめアフターシックス?それなりの荷物の携行も伴いますから、通勤ラッシュとは無縁の日曜出勤ならではの役得でしょうか。
c0360684_10474596.jpg
オープンから2か月半、既に供用されている一期線レイアウトとは別に、二期線レイアウトの製作も粛々と進んでいるようで、その様子が垣間見えます。全面開業の暁には相当の規模となるのは間違いないでしょう。
c0360684_10553969.jpg
供用されている一期線レイアウトでも完全に出来上がっているわけではなく、未成と思しき箇所もありました。9月のオープン直後と現在とを比べてみました。まずは9月の路面電車線終端付近ですが、ここはもともと二期線の予定地が占めている部分です。
c0360684_10574661.jpg
現在はこうなっています。地形が出来上がっているうえ線路敷設まで進んでいます。一期線とも接続しそうな感じです。
c0360684_11003425.jpg
9月の路面電車線周回部分です。真ん中に関西私鉄線のターミナル駅が構えていますが、見ての通りホームだけで駅舎はまだありません。
c0360684_11023489.jpg
それが現在は・・・地面も整っていますし、センターポールの架線柱も建植さえれています。そして何より、ターミナルの駅ビルと思しきが見えます。
c0360684_11044335.jpg
そのターミナル駅の終端部側、9月はこのとおりでマステによる養生?ばかりが目立っていました。
c0360684_11055381.jpg
それが現在、立派な駅ビルが建っています。一期線も日々進化しているようで、訪問を重ねるごとの楽しみがありそうです。
c0360684_11092508.jpg
路面電車線の車庫のトラバーサも出来上がっていました。さすがに電動ではないようですが、見どころですね。この路面電車線7・8番線の車庫は共用なので、譲り合って使ってほしいとのことです(店舗サイトによる)。
c0360684_11125801.jpg
それでは本題です。先ずはRS-2(ATSF)牽引のマイクロトレインズ製貨車12両ですが、勾配区間で立ち往生(泣 なので一旦後退させF7Aを前部補機に付けて生還しました(爆 前から2両目のボックスカーの一軸が金属製であるほかは全てプラ車輪なので、その摩擦抵抗が原因なのは瞭然ですが、他方、スタッフさんによればトミックスの初期新集電でも試運転の際同様の事態に陥ったとのことですから、転がりの悪い車両の心当たり?がある向きには注意が必要かも知れません。
c0360684_11190052.jpg
ペン・センのE8牽引の動態保存編成的7両ですが、E8がカーブの特定部で浮くようにして脱線します。そういえば以前にホビセンで運転させた時もカーブの段差にスカートが触れて脱線なんてことがありました。なので逆方向で走行させてみますが・・・
c0360684_11301451.jpg
それでも特定箇所で脱線(画像はイメージですw)。全部が全部脱線するのなら兎も角、そうでないのであれば車両個々の仕様と割り切るほかありません。結局この調子のすこぶる良くないペン・センE8、どう格好をつけたかというと・・・
c0360684_11322939.jpg
RS-2の次位機ですw しかもスカートが怖いので逆向き連結。色合いが合っているのでこれはこれでアリかも?E8の脱線は3軸であるのが原因かとも思いましたが、同じ3軸のPAは真逆にすこぶる調子が良かったのでそれは当てはまらないでしょう。今回お借りした3番線において「正向き」でまともに周回しなかったのがこのE8だけですから、如何ともし難いところです。
c0360684_11394026.jpg
F40PHとP42によるフェーズⅢのアムフリートです。F40PHとP42の連結位置を前後変えても問題無くスムースに走行し、アムフリートの転がりが鬼であるのが信じられない程です。
c0360684_11415284.jpg
美しきかなPAも、ATSF客車14両の先頭で華麗な走りを見せてくれました。ウォーボンネットのPAは来年4月以降の再生産がアナウンスされましたが、ロードナンバー違いに加え、広告列車の牽引機として存在した「ゴールドボンネット」バージョンもラインナップされ驚かされました。悩んだのですがキワモノの「ゴールドボンネット」はスルーし、PBのみと同時再生産の「エル・キャピタン」を予約するに留めました。12月のフレイト・トレインセット(ATSF)、2月の「スーパー・チーフ」とF7Bも予約済みで大物が続くからです(汗
c0360684_11495106.jpg
今回の持ち込み編成です。運搬のキャパはスポーツバッグ程度の大きさでしたが、アムフリートをブックケース収納としたのが奏功していると思われます。
c0360684_11520017.jpg
これは別角度で、且つ牽引機が入れ替わっていますが、F7に続くダブルルーフ客車はマイクロトレインズ製で、実車は競走馬の輸送用として製造され、後年は荷物車や保線車として使われたそうです。そういえば今回、F7牽引時の静止画がありません(汗



なので動画でお茶を濁します。
ダブルルーフ客車に続くコルゲートカーですが、このうちドームカーが特定箇所の段差で分離するのでカプラー交換の要有りと感じています。カプラー自体がスプリング無しのナックル?で、且つヘタっているので。「かもめナックル」あたりが使えるかどうか?まあフツーのカトカプでも良いですが・・・。
c0360684_11575679.jpg
早朝出勤の勤務からのアフターシックスに疲れが全く無いかと言えばウソになりますが、イイ気分転換にはなったようです。

/
/




by odoriba96 | 2018-11-19 10:47 | お出かけとかオフ会とか | Comments(4)
2018年 11月 12日

銀座、平和島、デハ800・・・

c0360684_14111185.jpg
先ずは先週の金曜日のハナシ。銀座の某店に逝ってきました。画像右端がそれですが・・・
c0360684_14120151.jpg
鉄道模型メーカーとしても老舗の天賞堂です。目当てはここの4階の中古品売場、通称「天4」。訪れるのは物凄い久し振りです。いつだったかの松屋の模型ショウ訪問の前座で来たのが最後だったか。それにしても界隈の外国人観光客の多い事!ここ天賞堂へも何も知らない?外国人のアベックというかカップルというか夫婦というか、それもアジア系ではなく欧州系の外国人が鉄道模型フロア(2~4階)吸い込まれて行きます。でも多分、何も買わないんだろうなぁw
c0360684_14160643.jpg
訴訟沙汰になったマ〇オカートは判決が出ても絶賛爆走中(爆
もちろん運転者はオール外国人ですが、こういったものをアテこまなければ経済が潤わないなんて、どうにもならなくなったものです。
c0360684_14180028.jpg
「天4」ではウチよりも年長の層が、纏まって入ってきたのか16番キットの品定めで店員さんは大わらわ。プラ完などをひっくるめて物凄い量を買う客も居て、いまやスッカリ色々と興味が冷めたウチとは対照的です(何 そんなウチは外国型9ミリの在庫を品定めするも、動力車はどれもDCCばかり・・・なので、貨車を少々入手。マイクロトレインズ製で1両あたり¥1.2k程度で値ごろ感がありました。これは後に触れます。銀座からは画像のアキバへ移動・・・やっぱこっちのほうが落ち着きますw
c0360684_14255402.jpg
アキバでは某P店や犬屋を冷やかすも、何も買わずに移動しますが、次なる目的地は職場の上司が日本一だか世界一だかと絶賛するカレー店です。そのカレー店、前調査ではweb上の評判は界隈でナンバーワンに等しいもの。という事は間違いなくウマいんだろうけれでも、こぞってウマいウマい言われると何だかシラケる・・・というのがウチの捻くれ加減ですw そのお店は小川町なので、腹を減らす事も兼ねて小雨のなか徒歩で移動、画像のような右書き屋号の激シブな歯科を目にしたりして道中を楽しみます。
c0360684_14300316.jpg
地下鉄駅の入口ですが、表示は連名・・・。駅名って利用者本位よりも事業者本位ですよね。今は阪堺電車が改名しましたが、大阪で言うとJRが新今宮、地下鉄が動物園前、阪堺電車が南霞町と、同じ所在の駅名でバラバラな例を見れば言わずもがなでしょう。
c0360684_14334044.jpg
そして到着・・・欧風カレーの「ボンディ」小川町店です。上司曰く、幾店かある「ボンディ」のなかでもここが一番なのだとか。扉を開けると階段があり2階へとアプローチしています。
c0360684_14354478.jpg
メニューその他は各自検索いただくとして(何 ビーフカレー(中辛を選択)をオーダーして直ぐ出てきたのは茹でたジャガイモとバターの小皿。突出し的な意味もあるようですが、これをカレーに載せるのもアリだそうです。
c0360684_14370698.jpg
小皿に続いてビーフカレーも大して待たずに配膳されました。訪れたのが13:00頃でピークを過ぎているとはいえ、ランチタイムなのでスピーディーなルーティーンなのでしょうか。ではその日本一だか世界一のお味のほどは・・・うん、確かに口にしたことの無い味!ウマい、ウマいのは確かです。でもルーが少な目というか物足りず、それに¥1480という価格からしてもこれは「贅沢」な一品ですね。こういったカレーもあるのだなと、自身の意思では絶対に知り得ないコンテンツに触れる事ができたのです(何
c0360684_14430036.jpg
オチではありませんが、その「ボンディ」の対面には「更級」のお蕎麦屋さんが・・・。web上によると有名どころの老舗だそうで、ウチ的にはカレーよりもこちらのほうが気になりました(爆 今度来てみるか・・・。
c0360684_14450491.jpg
今度は日付変わって日曜日の退勤後、9月末に訪れた平和島の「さかつう」さんを再訪すべく品川から京急に乗り換えます。駅頭の案内表示器類も羽田空港絡みで多様化していますが、発車案内を見ると普通車と快特のサイクルで特急は来ない模様。やむなく普通車乗車となりますが、直近の普通車の「6両 4ドア」表示を見て絶句、マジかよ・・・
c0360684_14482051.jpg
ホームを埋める整列乗車の人波の向こうに入線してきたのは、見誤ろうはずもない800(Ⅱ)形の普通車!そう、デハ800こと800(Ⅱ)形は既に引退秒読みの存在であり、全宇宙でも現役がラスト3編成であるとか。となると内1本はリバイバルの太帯であり、ノーマルは2本。その内の1本が何のお膳立ても無く眼前に降臨したのです。こういった「偶然の極み」で、ウチの実車鉄道趣味は塗り固められてきました。懐かしい思い出が沢山ありますが、これからはそういった「偶然の極み」をありがたがる機会もそう無いでしょう。
c0360684_15000546.jpg
扇風機を装備した電車が珍しいのだといいます。確かにそうでしょう。それほど、首都圏界隈の電車は世代更新による在来型の淘汰が急速に進んだという事です。車体外板のロゴが全て「KEIKYU」となった今、ここには人知れず「KHK」が生きています。それが見られるのもあとわずか。
c0360684_15023516.jpg
品川から普通車に乗るなぞいつ以来でしょうか。一駅ごとに乗降を繰り返し、スピーディに着発し進路を辿り、然るべき待避駅では後続の優等車を先行させるべくジッと待つ・・・。800(Ⅱ)形は趣味的見地では形態差が大して無く、ぶっちゃけ面白みに欠けた形式ですが、この「普通車」のルーティーンが800(Ⅱ)形以外にハマるものは無いと感じるほどの存在感があります。
c0360684_15060426.jpg
車齢三十数年はそこそこ走ったという感もありますが、関西あたりでは半世紀選手或いはそれに準ずる経年の車両が大手民鉄でもまだ頑張っていて、正直複雑です。正解なんて無いのかも知れませんが、このサイクルに対しては人それぞれ感じ方がある事でしょう。
c0360684_15124698.jpg
平和島に着きました。「ダルマ」と称される所以の白色額縁スタイルの表情、京急に乗ればいつどこでも普通車で目にする存在でした。羽田空港駅(現・羽田空港国内線ターミナル駅)開業直後は特急や快特といったまさかの大抜擢(部分運用ですが)もありましたが、その羽田空港駅開業から今年で20年経つ事も改めて思い出させられ、隔世の感ひとしおです。



前述の通り、趣味的見地での面白みはありませんが、他方、京急(客車)最後のシングルの前照灯、片開き扉、4ドア車、片手ワンハンドル車であるという、京急の時代時代における車両のシステマチックな部分のアンカーとなり、その地味な履歴の最後を飾る事となったのは実に印象的なものです。ウチがそれに接するのもこれが最後か、先の事は判りませんが思うところあったのでしょう。その姿が消えるまで平和島のホームを離れられなかったのです。
c0360684_15223982.jpg
思わぬ道中で本来の目的を見失いそうですが(何 着きたるは夜の「さかつう」さんです。此処では目的に適ったモノをマスターにみつくろっていただき、無事入手できました。これについても後に触れます。
c0360684_15242385.jpg
帰路、平和島のホームに佇んでもやってくるのは1000(Ⅱ)ばかり。川崎までの普通車も、横浜までの快特も、それはそれは快適な乗り心地でしたが時代の移ろいに身を打ちひしがれる思いもしたのです。2010年6月28日に、その愛して止まなかった1000(Ⅰ)が現役を退いて既に8年、ウチの知っている「京急」は日に日に遠くなっていくのです。

/
/




by odoriba96 | 2018-11-12 15:28 | お出かけとかオフ会とか | Comments(0)
2018年 10月 30日

運転会に逝ってきました(エムズ・クラフト(模型工房パーミル)さん)「後編」

c0360684_09272744.jpg
「前編」はこちら。
高崎では参加の面々と合流しますが、その前に昼食を調達・・・と駅弁屋を覗いてみます。高崎は御存じ「たかべん」の縄張りで、その代名詞的存在なのが「だるま弁当」ですが、私的には「鶏めし」が美味しく一押しも二押し?もしたいところ。店頭には両者とも並んでいたのですが、驚いたのは「だるま弁当」のほうが高額(¥1000)であった事。正直、貯金箱になる容器以外の特色を知らないのですが、ここは当地ゆえの「だるま価格」として納得しましょう(何



続きを読む・・・・・・・・・

by odoriba96 | 2018-10-30 09:39 | お出かけとかオフ会とか | Comments(4)
2018年 10月 29日

運転会に逝ってきました(エムズ・クラフト(模型工房パーミル)さん)「前編」

c0360684_21224623.jpg
表題の通りですが、去る10月27日(土)に日帰りで運転会に参加してきました。会場は群馬県は安中に在する、建築模型製作メーカー「エムズ・クラフト」の鉄道模型ブランドである「模型工房パーミル」さんのレンタルレイアウトで、同好の某氏より2週間ほど前にお誘いを頂いた次第。ウチとしてはシフトが半ば決まりかけていたのですが、スケジューラーに無理を割いていただき参加と相成ったのです。そうまでしたのは、またとない運転会参加の機会に加え「パーミル」さんのレンタルレイアウトが巷間の情報の限りでも非常に魅力的に感じていたからです。

それは兎も角、まずは乗車券・・・ですが、全区間在来線という選択肢も肉体的にはアリですが、E231やE233は平時の通勤で氏ぬほど乗っていますから、オフの日に片道2時間半も缶詰される拷問に好んで勤しもうとは思いません(何 なので自動的に新幹線利用となり、その分寝坊も出来ます。山手線内までは定期券で、以遠の往復乗車券と東京→高崎の新幹線自由席特急券で¥6000オーバーは、およそレンタルレイアウトへの交通費とは思えません(爆 しかし、それが見合うものという認識を後に抱くことになるのです・・・。
c0360684_21262827.jpg
東京までは平時通りの在来線で出ますが、その東京のホームに着くと185系に人だかりが・・・トレインマークが「踊り子」でないのは明らかで、何事かと接近してみます。
c0360684_21280890.jpg
「伊勢海老列車」とはこれまた景気がイイw
ホームのアナウンスによれば「びゅう」の貸切による団体ツアー列車のようで、多客臨ではないのにご覧の通り特製のヘッドマーク(ステッカー)が用意されるチカラの入れようです。
c0360684_21302932.jpg
この「伊勢海老列車」、行先地の南伊豆町が観光協会を通じて参加費用を一部負担して成されるお得なツアーとのことで、乗客一人当たり二尾の伊勢海老が付くのだとか。それより何より私的にはいよいよ去就が注目される185系によるツアー列車ということで、花より団子ならぬ「伊勢海老より電車」といったところでしょうか(何
c0360684_21342786.jpg
想定外の脱線?がありましたが、ウチの行先は伊豆ではなく群馬ですw
東京からは幾つかの候補列車を描いていましたが、結局9:56発の臨時「あさま665」、なんと9月の佐久往還と同じ列車に乗り合せる事となったのですが、前回と異なるのは今回は自由席という事・・・。

車掌のアナウンスによれば指定席は「ほぼ発売済み」との事ですから、昨今は指定席が好まれるのでしょうか。画像は2号車で大型携行品置場が手前にあり目立ちますが、結局このガラガラ感が大宮、高崎でも解消される事は無かったのです。E2系の3両からE7/W7系の5両へと自由席のキャパが拡がった事、更には臨時列車というのも作用したのかもしれません。
c0360684_21440613.jpg
兎にも角にも、動き出した臨時「あさま665」は、何と車内チャイムが「北陸ロマン」で西日本車!(W7系)前回は同じ列車でも車内チャイムから東日本車(E7系)と判断できましたから、臨時列車における車両の分担が運転日によって東日本と西日本とで振り分けられているのでしょう。そしてお約束の高崎チェックの上信107系ですが、この日の翌日である10月28日、即ち群馬県民の日の開催された上信電鉄の感謝フェアに於いて上信電鉄仕様に改造された107系が公開されたのです。ウチの知らないところで、ちゃんとコトは進んでいたのです(汗
c0360684_21485506.jpg
そして高崎では臨時「あさま665」は8分停車。後続のこれまた臨時の「かがやき523」に道を譲ります。
c0360684_21500010.jpg
臨時「かがやき523」と対向するのは「Maxたにがわ408」!
前回このタイミングでは被らなかったのですが、今回はどちらかが遅れているようです(もしくは前回がそれか)。
c0360684_21524288.jpg
スライド!
ゆっくりホームに入線する「Maxたにがわ408」と、通過線をフルスピードで疾駆する「かがやき523」との対照の妙です。
c0360684_21535707.jpg
「Maxたにがわ408」のE4系、すなわちオール2階建て新幹線も将来の引退が公言されていますからお名残りです。既に先輩のオール2階建て新幹線E1系の姿はありません。
c0360684_21554239.jpg
そこに迫るのは「はくたか556」でしょうか。時刻表に拠れば「はくたか556」の軽井沢→大宮間の所要時分は38分、これは戸塚→東京間の東海道本線(上野東京ライン)のデータイムにおける所要時分と比肩するもの・・・それほど新幹線はハイスピードトレインなのです。
c0360684_22005608.jpg
あっという間に「はくたか556」は「Maxたにがわ408」をかすめ、過ぎ去って行きました。思わぬ「スーパー新幹線タイム」に満足感を覚えます。これが根っからの鉄道好きの証なのかも知れません(何
c0360684_22043414.jpg
しかし、これでは終わらないのが「スーパー新幹線タイム」の恐ろしいところ?で、反対側のホームに移動し「Maxとき315」「Maxたにがわ315」の迎撃です。この列車は見ての通りE4系重連による16両編成での大迫力!ですが、それより何より私的に興味深いのは「Maxとき」「Maxたにがわ」という多層建て列車である事です。

実際はシンプルに後部8両の「Maxたにがわ」が越後湯沢で切り離されるだけなのですが、それは今時期のハナシであり、冬季はこれがガーラ湯沢まで延長運転されるので別列車とする必要があるのでしょう。そうでなくとも「Maxとき」「Maxたにがわ」の編成個々でグリーン車や普通車自由席/指定席のあること、編成相互間の往来が出来ない事など、別列車仕立ての理由はありそうですが、他方、その昔は急行「きのくに」の基本編成と白浜回転編成とで個別にグリーン車を有しながらも同一列車で処理していた事例もありますから、結局一概には言えません(何
c0360684_22182528.jpg
この「Maxとき315」ですが、某アイドルグループの曲目としても名を馳せているようで、E4系引退により自動的に「Max~」の列車名が消える事と併せて注目を浴びています。オール2階建てによる16両編成・・・確かに、そんな列車はもう現出する事は無いのかも知れませんね。


折角なので当該公式動画を置いておきます。
c0360684_22234047.jpg
高崎からは在来線というか、21年前までは直江津まで通じていた信越本線に乗り換え、安中まで乗車します。車両は都心からは姿を消した211系で、なつかしさを覚えてしまうのは歳月の成せる業か。レンタルレイアウトへ訪れるのにここまで前編とか、まさかのスケールですが後編に続きます。

つづく

/
/




by odoriba96 | 2018-10-29 22:25 | お出かけとかオフ会とか | Comments(2)
2018年 09月 26日

久し振りの京急・・・

c0360684_20413254.jpg
悪友から画像の乗車券を貰って半年以上を経、漸く有効活用の機会に恵まれました。といっても、横浜~平和島の往復ですがw 横浜では快特が出た直後でしたのでエア急で蒲田まで・・・そこから普通車です。
c0360684_20451025.jpg
その後の快特でも蒲田での接続は変わらなかったのですが、乗り位置を誤るとこの距離での乗り換えは至難を極めますw
c0360684_20542318.jpg
蒲田からの普通車で平和島着。
ここで対向に姿を見せたのは6081。8Fの最終編成で、6011~6071の6M2Tとは異なる4M4T(要は8Eの先鞭みたいなもの)にしてシングルアームパンタという個性派編成です。
c0360684_20463231.jpg
平和島は親戚関係のあった頃には下車している筈ですが、少なくとも平成に入ってからは初、30年振り以上の下車となります。駅改札口を出た界隈には庶民的な街並みがありますが、ダイレクトに鼻をつく唾液みたいな臭いには思わず閉口しますw
c0360684_20492315.jpg
そんなこんなで訪れた目的地、アメリカ型(北米型)鉄道模型専門店の「さかつう」さんです。初の訪問でしたが、マスターから沢山の貴重な情報や面白いお話を頂き、私的には考えられないほど長居してしまいました。ここでの入手物についてはいずれにでも。
c0360684_20513327.jpg
帰りの平和島、下り副本線に入ってきた4Fの屋上に不思議なブツが!これが無い編成もあるので、何かのモニタリング装置でしょうか。この時に限らず、当日は600(Ⅲ)形を多数目にし、さながら600(Ⅲ)形祭でした。
c0360684_20582434.jpg
見慣れないというか、馴染みの感じられないスタイルのお電車が猛スピードで通過しますが・・・これも京成車でしたっけ(車番的に)。
c0360684_20592600.jpg
※点字ブロックより内側に相当離れ、安全に配慮して撮影しています

そしてこちらも・・・我らが600(Ⅲ)形の6051も猛スピードで通過します。運客仕切りの向こうに居並ぶ沢山の旅客の顔に、京急の前面展望への関心の高さが窺い知れようというものです。
c0360684_21060833.jpg
平和島からは浦賀行普通車で川崎まで。ここから快特で横浜までワープですが、これも600(Ⅲ)形でした。そしてその途上の川崎で目にした800(Ⅱ)形、既に残り何と5本30両にまで減少しているそうで、かつての「掃いて捨てるほど」目にした時代は過去のものとなり、全廃まで秒読みです。

/
/


by odoriba96 | 2018-09-26 21:08 | お出かけとかオフ会とか | Comments(2)